最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 奥秩父中津峡の紅葉は | トップページ | 上野の杜の秋を歩けば »

2020年11月15日 (日)

秋の木洩れ陽の中で

小春日和の今日、思い立って、住まいする住宅地の裏山から、三浦半島の二子山へ向かう山道を辿り、途中から分かれる森戸川の源流を下ってみました。

カエデの紅葉が毎年12月になってからとなる当地ですから、秋の色付きはまだまだとは知りながら、気の早い紅葉を見上げながら歩みます。
いつもならほとんど出会う人もない山道なのですが、今日は小春日和でさらに日曜日。引きも切らないは大げさかもしれませんが、行き交う人の多いことには驚きました。

二子山までの山道は、飼い犬と何度も歩いた道ですが、そこから森戸川の源流を下る道は、犬には無理かと考えて歩いておりませんので、犬の年齢17年以上の昔に歩いた山道です。下るほどにあちこちに巨木が倒れ、それを避ける道はぬかるみ悪路そのものでした。以前に比べてひどく道の荒れていることに驚きました。
途中スマホを落とすハプニングも。気付いて戻り始めたら、登る人たちが見つけてくれたのは幸いでした。

そんな山道で撮った写真をYouTubeにしております。飽きずにご覧ください。
https://youtu.be/LFDaIc3Qr9U

Ro5a5963ddddd
木洩れ日差す山道

Ro5a5970ddddd

水少ない森戸川

Ro5a6000ddddd

木洩れ陽を受けるハゼの木



« 奥秩父中津峡の紅葉は | トップページ | 上野の杜の秋を歩けば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥秩父中津峡の紅葉は | トップページ | 上野の杜の秋を歩けば »