最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 水仙咲く城ヶ島で | トップページ | 早春の鎌倉で »

2020年3月 6日 (金)

天気晴朗なれど波高し

晴れてはいるものの西風の強い3/5、西伊豆を訪ねてみました。

駿河湾の向こうのまだ雪多い富士山を楽しみにしますが、その日は未明までの雨は止み青空が広がるものの、富士山の上の雲は流れてはいても消えることはありませんでした。

海は西風にあおられた波が逆巻き、西伊豆の荒々しい岩に絶えず砕けます。これも西伊豆ならではの光景です。
帰り道、箱根の大観山で夕日を待ちましたが、その頃はすっかり晴れ上がって雲が少なく、富士山の染まり方はいまいちでした。

いつものデジブックは、3月末でサービスを停止するとのこと。その後ZUISOなる新たなサービスを開始するとアナウンスされていますが、どんなものになるかまだ様子がわかりません。
本篇が多分デジブックの最終編となるかと思います。長い間のお付き合いをありがとうございました。
本篇は以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/2515e77f914dbe1cf8af7bb50bd70699/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3054d

西伊豆恋人岬から見る雲多い富士山

Ro5a3140d

浮島(ふとう)海岸 に打ち付ける荒波

Ro5a3232d

堂ヶ島の高台から見下ろす荒波

Ro5a3303d

戸田港は内海になっていて波は静かに

Ro5a3335d

内浦の向こうの富士山と停泊するヨット

Ro5a3368d

箱根大観山の日没

« 水仙咲く城ヶ島で | トップページ | 早春の鎌倉で »

コメント

富士山の写真表情は何時も泰然として安心感があります。雲上に冠雪の富士は下界の騒ぎを素知らぬ顔で見守ってくれていると感じました。静かな戸田港からの富士は穏やかに営む漁師を見詰めているようです。大観山の夕暮れ時の富士は明日も平穏無事でありますようにと祈りたくなります。
浮島海岸に打ちつける荒波はその一瞬を見事にキャッチして荒波の表情を感じました。堂ヶ島から眺める荒波は海面に春の陽射しが注いでいて温かく感じました。

コロナ騒ぎで鬱々とした気分の中、青空の下、様様な場面での雪を抱いた富士山を見せていただくと気も和らぎます。
で、昨今は何回か見せていただくことに・・・。
怖いような崖下の荒波の表情は飽くことなく変換して、立ち去りがたいのではないでしょうか・・・。

次回のお写真も見せていただけるよう祈りつつ・・・、今回も有難う!
                                     

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水仙咲く城ヶ島で | トップページ | 早春の鎌倉で »