最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 緑濃い渓谷で /奥多摩を歩きます | トップページ | 雲多い奥日光で »

2019年7月31日 (水)

真夏の稱名寺で

夏らしくなったなった7/30の午後、久しぶりに金沢文庫の稱名寺を訪ねてみました。
稱名寺は北条氏の総菩提寺、隣接して古書籍を保管する金沢文庫が有名です。
境内はこの時期咲く花も少なく、緑一色。
暑さを避けてか池の水鳥も姿がありませんでした。

稱名寺へ至る道で見た真夏の花ともども、緑一色の稱名寺の光景を、いつものデジブックで以下からご覧ください。

http://www.digibook.net/d/0d15add7b1ce96447d01f1237dcd06df/?viewerMode=fullWindow

Ro5a9965dd

この時期な花、百日紅

Ro5a9996dd

赤い反り橋の向こうの金堂

Ro5a0002dd

反り橋、平橋そして金堂

Ro5a0007dd_20190731121601

金堂を見上げて

Ro5a0010dd_20190731121601

北条氏の家紋を頂く釈迦堂

« 緑濃い渓谷で /奥多摩を歩きます | トップページ | 雲多い奥日光で »

コメント

称名寺、名前も知らず、興味を持ちました!次回の鎌倉訪問のきっかけになりそうです!

花は少なくても、自然の様にはホッとしますね、この茹だるあつさでは!

ありがとうございました!

百日紅は猛暑にもめげずけなけな気なげに約3カ月も我々を和ませてくれると思います。
緑の中に朱色の橋は冥土へ迷わないようにとの配慮からでしょうか?
釈迦堂は歴史の重みを感じさせてくれる光景を捉えられ、この暑さにも拘らず威風堂々としているように思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑濃い渓谷で /奥多摩を歩きます | トップページ | 雲多い奥日光で »