最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

真夏の稱名寺で

夏らしくなったなった7/30の午後、久しぶりに金沢文庫の稱名寺を訪ねてみました。
稱名寺は北条氏の総菩提寺、隣接して古書籍を保管する金沢文庫が有名です。
境内はこの時期咲く花も少なく、緑一色。
暑さを避けてか池の水鳥も姿がありませんでした。

稱名寺へ至る道で見た真夏の花ともども、緑一色の稱名寺の光景を、いつものデジブックで以下からご覧ください。

http://www.digibook.net/d/0d15add7b1ce96447d01f1237dcd06df/?viewerMode=fullWindow

Ro5a9965dd

この時期な花、百日紅

Ro5a9996dd

赤い反り橋の向こうの金堂

Ro5a0002dd

反り橋、平橋そして金堂

Ro5a0007dd_20190731121601

金堂を見上げて

Ro5a0010dd_20190731121601

北条氏の家紋を頂く釈迦堂

2019年7月12日 (金)

緑濃い渓谷で /奥多摩を歩きます

今年の梅雨は梅雨らしく、雨の多い日が続きます。
梅雨がまだ明けぬ中わづかな晴れ間をぬって7/11、豊富な水を期待して奥多摩の渓流を楽しんできました。
広い河原を持つ御岳渓谷、両岸が切り立った鳩ノ巣渓谷と、日原川が合流する氷川渓谷、それぞれが特徴を持つ三つの渓谷です。

梅雨の中とはいえ、いずれの川も上流にダムを持つため、それほど水量は増えていませんでいたが、多摩川の清流が様々な表情を見せてくれました。

いつものようにデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/23d5a393a04d9c4c61c6fb91dfc6c7cf/?viewerMode=fullWindow

Ro5a9815dd
御岳渓谷でカヌーが激流の中を

Ro5a9854dd
崖裾を流れが洗います

Ro5a9858dd
橋下に見る渦巻く流れ

Ro5a9887dd
鳩ノ巣渓谷の流れは速く

Ro5a9901dd
崖を彩る様々なシダ

Ro5a9921dd

赤いさざ波、氷川渓谷の昭和橋を映します

Ro5a9928dd
氷川渓谷の登計橋を見上げます

Ro5a9949dd
日原川が多摩川に合流します

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »