最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 正月明けの鎌倉で/八幡宮と冬牡丹 | トップページ | 寒中の東伊豆で »

2019年1月26日 (土)

寒中に春を探して

今年の冬はひとしお寒いようです。
鎌倉の浄妙寺、荏柄天神と海蔵寺の庭に春の兆しを探して見ましたが、蝋梅は元気良く咲いていたものの、福寿草や梅の開花は例年より遅れ気味のようでした。

当地の今年は良く晴れた日が多く、日照時間も長いのですが、寒さのきつさが影響しているようで、やはり節分、立春が待ち望まれるところです。

いつものようにデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧ください。http://www.digibook.net/d/f595af53800e9401f84ee39337d606cd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a7367ddd

浄妙寺の白梅が本堂を背に開きますが、数えるほど

Ro5a7391ddd

開いた花を探せば

Ro5a7377ddd

蝋梅は元気よく

Ro5a7409ddd

荏柄天神の寒紅梅

Ro5a7416ddd

筆供養、梅鉢の中で

Ro5a7428ddd

海蔵寺の福寿草はこれくらいの咲き具合

Ro5a7438ddd

水仙は今を盛りと

« 正月明けの鎌倉で/八幡宮と冬牡丹 | トップページ | 寒中の東伊豆で »

コメント

鎌倉では梅や蝋梅が咲き始めているようで羨ましいです。寒真最中ですので寒梅というべきでしょうか?(鎌倉はもうすぐ春がちかいと思います。)
八重の寒紅梅の写真はその美しさを誇っているように感じました。
   観梅や空の青さにすきとほり  星野立子
蝋梅の黄色い色の美しさをじっくり見つめたことがありませんが、この写真で認識を新たにしました。
福寿草はその幸せを密やかに思っている花のような気がします。
水仙は凛とした花と思っていますが、その凛々しさをキャッチされているように思いました。
筆供養が行われていることを始めて知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒中に春を探して:

« 正月明けの鎌倉で/八幡宮と冬牡丹 | トップページ | 寒中の東伊豆で »