最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 寒中の東伊豆で | トップページ | 早春の北鎌倉で/円覚寺、明月院と浄智寺を訪ねます »

2019年1月31日 (木)

寒中の南と西伊豆で

東伊豆を楽しんだ後、南伊豆から西伊豆へ回りました。

良く晴れた空の下で真っ青な海を背に、あちこちで奇岩が立ち並び、その裾を白い波が洗って、まだ冬の低い陽の下では、海面が輝きまぶしいばかりに煌めきます。

車を走らす道のあちこちで、まだ開かぬ河津桜より先に、河津桜より色の淡い桜が開花しています。土肥桜だとか。

本場の土肥にも立ち寄って原木の濃い桜の色を見てきました。
土肥市内のあちこちにその子供が植栽され、今花開いているようですが、河津桜が見られる河津市内や南伊豆とは異なって、群生している桜並木などはないようで、ちょっと物足りなさを覚えました。

黄金崎で夕日を期待したのですが、着いた時間にはまだ陽は高く、水平線上に雲の一片もないことを理由に夕日の撮影はあきらめました。カメラの電池残量が少なくなっていたことも言い訳の一つです。

いつものようにデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/2285e757a18fbc0170ae6ba59fc54789/?viewerMode=fullWindow

Ro5a7633dd

奥石廊崎とも呼ばれるあいあい岬を見下ろせば

Ro5a7646dd

青い海と白い波

Ro5a7675dd

白い岩の堂ヶ島で

Ro5a7684dd

白い岩の下の洞門

Ro5a7677dd

煌めく海ははるかに

Ro5a7711dd

奇岩が並ぶ浮島海岸

Ro5a7720dd

馬に似た黄金崎の奇岩

Ro5a7730dd

馬の口のあたりを波が洗います

Ro5a7733dd

夕日の沈む方角を見ればこんな具合

Ro5a7764dd

土肥桜、土肥市内で

Ro5a7751dd


Ro5a7789dd

大瀬崎の向こうの富士山





« 寒中の東伊豆で | トップページ | 早春の北鎌倉で/円覚寺、明月院と浄智寺を訪ねます »

コメント

南伊豆及び西伊豆の海岸の様々な表情を楽しませていただきました。
海の色が異なっているのは深さ由なのか?或いは日輪の影響なのか?または、海水プランクトンの影響なのか?分かりませんが、その色を捉えておられると思います。
堂ヶ島の景色は岩の色と海の色が対照的で素晴らしいと思います。
土肥桜の花は初めて知りました。ピンクに染めた花弁はこの寒い季節の中に在って見事な色調と感じました。

活動的ですね!
南伊豆はまだ行ったことがないので、変化に富んだ海岸線の景色をじっくりと見せていただきました。
大分前に、河津桜を見に行きましたが、花の色が淡くて少しガッカリしましたが、土肥桜は色もしっかりしていて、良いですね!

ありがとうございました、堪能しました?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒中の南と西伊豆で:

« 寒中の東伊豆で | トップページ | 早春の北鎌倉で/円覚寺、明月院と浄智寺を訪ねます »