最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 秋を探して | トップページ | 晩夏と初秋の花達は »

2018年9月14日 (金)

稲穂と彼岸花

9/13、写真仲間と伊勢原市の日向薬師に、棚田を彩る彼岸花を訪ねてみました。

毎年訪れている日向薬師ですが、今年はちょっと早過ぎたようで、花はまだ咲き揃っておらず寂しい彼岸花でした。
その分、花はしっかりとしているように見受けました。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/ee04c31fa14abe4dfbc379054fdc878b/?viewerMode=fullWindow

Ro5a5176dc_2
棚田の畔に点々と彼岸花が開きます

Ro5a5160dc

畔を彩って

Ro5a5157dc

段のある畔では

Ro5a5163dc

木陰で開きはじめた彼岸花

Ro5a5173dc

しっかりと開いて

Ro5a5178dc

白い彼岸花も

« 秋を探して | トップページ | 晩夏と初秋の花達は »

コメント

彼岸花に白いのがあるのを初めて知りました。私のとことから近いところで埼玉県の巾着田というのがあります。務めていたときから、毎年、行きたいと思いながら、もう35年間が過ぎてしまいました。

76になった先週、もうそろそろ言っておかないと公開することになるかもね〜と思って今年はどうしても行くつもりです。ここ、2週間が見時でしょう!新賀さんの写真はちょうど良い予習になりました。

棚田ほどではない段差のある畔に真紅の彼岸。→日本の農村元風景に登録して欲しいです。
黄金の稲穂に咲く彼岸花は豊年の象徴と思えます。
この風景が永久に続きますように祈りたいです。
(日本人が何世代もかけて作り上げた田園風景の証と思っています)
彼岸花は不思議な花と思います。何故なら、葉緑素をどこから吸収するのか?
雄蕊まで明確に撮影されているので、花の特徴をじっくり味わえることができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549725/67166916

この記事へのトラックバック一覧です: 稲穂と彼岸花:

« 秋を探して | トップページ | 晩夏と初秋の花達は »