最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月26日 (水)

色とりどりの彼岸花

9/23、元気な孫達の運動会を参観した後、横浜の西方寺に彼岸花を訪ねてみました。

西方寺は鎌倉で創建された後、約500年前に横浜の新羽に移ってきたという由緒ある真言宗のお寺ですが、数年前に参道の両側に彼岸花が植栽され、季節には色とりどりの花が咲くことで有名になっています。

当日は天気も良かったせいか、たくさんの参拝客に交じって、カメラを構えたカメラマンも多く、随分賑わっておりました。

その2日後、雨の中ながらまたまた同寺を訪れる機会があり、今度は雨に濡れた彼岸花を撮影することができました。
雨脚が強いため光が不足し、手持ちのカメラではブレを抑えることが難しく苦労しましたが、何とかものにすることができました。

そんな晴れの日と雨の日の彼岸花たちの表情をご覧ください。
いつものごとくデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/1b85cbbfa00cb6057784790715c7c6cd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a5375ddc

賑わう西方寺参道

Ro5a5374ddc

参道手前に咲く赤い彼岸花

Ro5a5385ddc

参道左奥の白い彼岸花

Ro5a5408ddc

Ro5a5386ddc_2

右側は黄色を主体に

Ro5a5407ddc

境内に咲くピンクの花

Ro5a5396ddc

鐘楼を背に萩も開きます

Ro5a5446dc

雨の日の参道

Ro5a5430dc

門下の雨だれの向こうの本堂

Ro5a5426dc_2

雨に濡れた黄色の彼岸花

Ro5a5427dc

白も濡れます

Ro5a5468dc

萩も濡れて


2018年9月15日 (土)

晩夏と初秋の花達は

9/13、日向薬師の稲穂と彼岸花を楽しんだ後、平塚市にある神奈川県立花菜ガーデンに回り、晩夏と初秋に渡って開く、様々な花楽しみました。

当園では広い芝生広場を中心にして、その周囲にバラ園やムクゲ、百日紅などの花木のほか、畑や田んぼなどが配置され、四季折々の花や実りを楽しむようになっています。

この時期ですからバラ園は端境期でほとんど花を見ることができませんでしたが、ムクゲや百日紅、百日草などがまだ夏の花を残し、彼岸花の園芸種、リコルスが赤、黄色、ピンクなど様々な花を付け、萩やコスモスなど秋の花が咲き始めておりました。

そんな花々をデジブックのアルバムにしてみました。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/cc04a39f808b9c09f747f10547ce078f/?viewerMode=fullWindow

Ro5a5205dcc

花ビラの幅が彼岸花よりちょっと広いリコルス

Ro5a5196dcc

これもリコルス、サツキのように

Ro5a5209dcc

青のサルビアが風に揺れます

Ro5a5215dcc

咲き残るムクゲを見上げれば

Ro5a5219dcc

八重のムクゲ

Ro5a5231dcc

大きな花を付けるタイタンビカス

Ro5a5239dcc

池には睡蓮が開きます

Ro5a5242dcc

白い萩も開き始めて

Ro5a5246dcc

まだ緑のままのコキア

Ro5a5255dcc

咲き残る百日草

Ro5a5264dcc

開き始めたコスモス

Ro5a5260dcc

栗の実はまだはじけません

2018年9月14日 (金)

稲穂と彼岸花

9/13、写真仲間と伊勢原市の日向薬師に、棚田を彩る彼岸花を訪ねてみました。

毎年訪れている日向薬師ですが、今年はちょっと早過ぎたようで、花はまだ咲き揃っておらず寂しい彼岸花でした。
その分、花はしっかりとしているように見受けました。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/ee04c31fa14abe4dfbc379054fdc878b/?viewerMode=fullWindow

Ro5a5176dc_2
棚田の畔に点々と彼岸花が開きます

Ro5a5160dc

畔を彩って

Ro5a5157dc

段のある畔では

Ro5a5163dc

木陰で開きはじめた彼岸花

Ro5a5173dc

しっかりと開いて

Ro5a5178dc

白い彼岸花も

2018年9月 7日 (金)

秋を探して

梅雨末期に中国四国地方の各地に豪雨被害があったかと思うと、先日の台風21号では関空が機能停止になるような高潮の大被害、その上昨日は北海道の道南で大地震が発生して、北海道全域の大停電があり、千歳空港が閉鎖されたとか。
今年は天変地異が頻発するようです。

そんな台風21号が足早やに過ぎた翌日、台風一過の晴天を期待して箱根に足を運んでみました。
麓の小田原では晴れていた空は、箱根山を登るにつれ霧が流れ始め、大観山に至った時は10メートル先も見えないほどの霧の中。

あきらめて芦ノ湖に降りてみれば、台風の余波で湖面は波立つものの霧はなく、箱根神社にお参りすることができました。

その後湖尻から仙石原を通れば、ススキの穂が出始めていて秋近しを思わせてくれます。
さらに御殿場の秩父宮記念公園まで足を延ばして、その庭に咲くシュウメイギクやヒガンバナなどの秋の花などを楽しみました。

秩父宮記念公園は故秩父宮の別荘でしたが、御殿場市に寄贈され公開されているもので、茅葺の母屋と秩父宮がなくなった後の平成3年に建て増された新館からなっていて、新館は現在記念館として使われ、ご夫妻の遺品などが陳列されています。

妃殿下は、戊辰戦争で賊軍とされた会津藩松平容保の孫娘に当たられるそうで、未だに会津と薩摩、長州の人々の心の中にはその折のしこりがに残っていると聞く中で、皇室ではいち早く妃殿下を入れられたのは興味あるところです。

いつものごとく、当日の写真をデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/ca94a17b918e9648ff257391a5c606c9/?viewerMode=fullWindow

Ro5a5103dc_2

出始めたススキの穂の向こうの芦ノ湖、湖尻にて

Ro5a5109dc

芦ノ湖の湖面をつむじ風が渡ります

Ro5a5147dc

秩父宮記念公園を飾るシュウカイドウ

Ro5a5130dc

シュウメイギク

Ro5a5131dc

黄色の彼岸花

Ro5a5124dc

白いクレオメ

Ro5a5135dc

富士山を見つめる秩父宮像

Ro5a5140dc

秩父宮妃の手鏡には実家、会津松平家の葵紋が

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »