最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 安曇野の枝垂れ桜は | トップページ | 鎌倉の新緑は »

2018年4月17日 (火)

今年のボタンの花は

今年の桜は例年より早く、もう八重桜さえ散り始めています。
この分ならボタンの開花も早いのではないかと、昨日、毎年訪れる横浜市金沢の龍華寺に電話してみたところ、「もう咲き乱れていますよ」とのこと。

今日は夕方には雨になるという曇り空の下でしたが、雨に打たれて花びらが痛む前にと、カメラを持って駆けつけてみました。

なるほど、花びらはほとんど痛みもなく花は見事に咲き揃っておりました。

この分なら鎌倉の鶴ケ丘八幡宮ののボタン苑もちょうど良い頃かと足を延ばしてみれば、例年なら八重桜とともに楽しめるボタンの花が、見すぼらしくなった八重桜の下で、ひときわ色鮮やかな花弁を思い切り伸ばしていました。

存分に楽しんだ今年のボタンの花を、いつものようにデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/82d4ef33b0cc9641eee3f90541c6c6d9/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3683dc

咲き乱れる龍華寺のボタンの花

Ro5a3692dc

寄り添って

Ro5a3693dc

葉陰に

Ro5a3698dc

花弁に切り込みのあるボタン

Ro5a3727dc

咲き揃う鶴ケ丘八幡宮のボタンの花

Ro5a3762dc

Ro5a3743dc

恥ずかし気に

Ro5a3760dc

白いボタンの陰に


« 安曇野の枝垂れ桜は | トップページ | 鎌倉の新緑は »

コメント

またまた、素晴らしい季節の花の写真を見せて頂き、ありがとうございます!恥ずかしながら牡丹が花の王様とは知りませんでした。並び称され芍薬の花の称号は何でしょうか?それにしても、敏捷な行動力ですね!とても大昔、同級生だったとは、思えません。

まだ続くのでしょうね。楽しみです。

余談ですが、17日からの3日間、飛騨高山の友人宅で、学生時代のワンゲル仲間5人が集まり、春の高山祭を楽しみ、郊外の雪山低山を散歩して槍ヶ岳、黒部五郎、乗鞍岳などの北アルプスを展望しました。少し、曇り気味でしたが、なんとか見えました。高山市内は、さくらが満開で、人人で満ち溢れていました。高度も緯度も高くて寒いところだときづかされました。

色々な牡丹を鑑賞せせていただきました。
牡丹の花弁は大きいのになぜ?倒れないのか?と考えたことがあります。私なりの解釈ですが、
花弁の大きさも枚数も多いですが、一枚一枚の薄さが非常に薄いためと納得しています。
その薄い花弁に非常に微妙な色合いを醸し出す由縁ではと推察しています。写真はその見事な色合いを捉えられていると思います。
しらんやスズランの花も清楚に感じました。

    白牡丹といふといえども 紅ほのか  高浜虚子

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549725/66622079

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のボタンの花は :

« 安曇野の枝垂れ桜は | トップページ | 鎌倉の新緑は »