最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

荒崎の夕日

寒さが続くなか風もなく良く晴れた1/27、横須賀市の荒崎で、相模湾とその向こうの伊豆に沈む夕日を望んでみました。

この時期はまだ太陽が富士山の左にかなり離れていて、夕日と富士山を交互に見ながらの忙しい撮影になりました。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。
http://www.digibook.net/d/5c55a5d3b089bedd7127eb37edc74799/?viewerMode=fullWindow

Ro5a2337dd

午後4時過ぎ、陽を受けて潮だまりが光ります

Ro5a2344ddd

横を見れば荒磯が夕日を浴びて

Ro5a2346ddd

崖の上には同好の士がカメラを構えます

Ro5a2348ddd

海に光の道が

Ro5a2367ddd

日の入間近になって

Ro5a2369dd

富士山も赤く染まり始めます

Ro5a2377ddd

海も染まって

Ro5a2387ddd

日の入です

Ro5a2394dd

日没直後

Ro5a2410ddd

当日の富士山はこれくらいの染まり方でした

2018年1月 5日 (金)

鎌倉八幡宮初詣

明けましておめでとうございます。

地元の写真クラブの新年撮影会は、毎年恒例で鎌倉八幡宮へ。
正月三ヶ日は明けましたが、なお正月休みらしい若い人も交えて、まだまだ参拝の人の列は絶えません。

若宮大路の段葛は修復を終えてしっかりしましたが、両側の桜並木は若木になり、石灯籠も新調されて白っぽい石の色に変わってしまい、ちょっと風情には欠けるかように思うのは私だけでしょうか。

本殿への階段脇にあった大銀杏は、H22年の台風で倒れ、その後復活が試みられていますが、元の根元からは生え出た若木が大分背が高くなりました。3メートル近くにもなったでしょうか。
ただ生え育っている位置が随分階段に近いことがちょっと気になります。
この先、階段を持ち上げるのではと心配するのは杞憂でしょうか。

境内の神苑牡丹園ではこの時期、冬ボタンが植栽され、春に劣らぬ見事な花を咲かせてくれますが、今年は例年になく寒さがきついせいか、開いた花ビラに何となく元気がありませんでした。

そういえば、源平池傍の休憩所前にある梅の木は例年早咲きで、この時期には三分咲きぐらいの花を見せてくれるのですが、今年は何と一輪しか開花がありませんでした。
やはり植物にもこたえる今年の冬の寒さのようです。

例年と変わり映えしない写真ばかりですが、当日の様子をデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。
18/1/4
http://www.digibook.net/d/eed585b3810cbedce925699593c6068f/?viewerMode=fullWindow

Ro5a2128ddd

二の鳥居から修理の終わった段葛を望みます

Ro5a2131ddd

お菓子屋さんの正月飾り

Ro5a2329ddd

太鼓橋の向こうの八幡宮本殿

Ro5a2150ddd

舞殿脇から本殿を望みます
階段脇に銀杏の若木が

Ro5a2158ddd

逆光の中の結わえられたおみくじ

Ro5a2176ddd
きらめく源平池で遊ぶ鴨とユリカモメ

Ro5a2224ddd

冬ボタンが開きます

Ro5a2260ddd

Ro5a2319ddd

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »