最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

台風一過の阿寺渓谷で

離れているゆえに今まで出たことがなかった高校の同窓会に、後期高齢者入りをした年代ともなれば、今後もう開かれる機会も少ないだろうと思って、初めて参加してみました。

若かった頃の顔ではなく、お互いジジババになった後の顔ですから、最初は戸惑うことばかりでしたが、アルコールも入り話すうちに、当時の顔を思い浮かべ、当時のことを思い出して打ち解けあうのは、やはり同窓会ゆえでしょうか。

そんな楽しい同窓会翌日の帰路、思い立って木曽路を訪ねてみました。
まず行ったのは、この春に岩ツツジを求めた阿寺渓谷。その後さらに王滝村の自然湖と開田高原に回ってみました。

先日台風22号が日本の南海上を通過したので、当日は台風一過の晴天と期待したのですが、いち早く西高東低の気圧配置になったとかで、青空ながら雲が行き来する空で冷たい風が吹き、気温は4~5℃ぐらいとなって、自然湖と開田高原では雪さえちらつくような変化の大きい天気でした。

それでも阿寺渓谷では期待した紅葉が始まっており、台風のせいで増えた水の量と相まって、きれいな秋の景色を見せてくれました。

いつものごとくデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/f0d4eb5ba10fb4dc71efe195bdd787cd/?viewerMode=fullWindow

自然湖と開田高原は続編と致します。

Ro5a1181dd

水量多い阿寺渓谷の紅葉

Ro5a1199dd

逆光を浴びて輝く黄葉

Ro5a1230dd

緑を従えて

Ro5a1243dd

紅葉の間を流れます

Ro5a1252dd

遠くの山肌にも

Ro5a1268dd

陽が陰った後に

2017年10月22日 (日)

久し振りの富士山巡り

アップが前後してしまいましたが、秋の長雨が続くなかで久し振りに青空の見えた10/18、富士宮から富士五湖を目指してみました。

白糸の滝では、まだ朝日が低い位置にあって滝を照らしておりましたので、滝の水しぶきよる虹をきれいに見ることができました。

田貫湖では逆さ富士が湖面に映ることを期待したのですが、強くもないながら湖面を風が渡ってさざ波が立ち、期待に沿ってくれませんでした。

本栖湖でも状況は同じで、富士山は良く見えるものの、湖面に映る富士山はどこを探してもありません。展望台下の木々も年々背が高くなって、千円札裏の光景とはだいぶ異なってきたようです。

河口湖の大石公園にに着いてみると、富士山に雲がかかり始めて、頂部だけが覗くようになり、以降姿を現すことはありませんでした。

中途半端な富士山巡りで短編になりましたが、いつものようにデジブックにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/b315c793804ab694fd4d7bb3e7cc46cf/?viewerMode=fullWindow

Ro5a0959dd

朝日に輝く木と日陰の滝、白糸の滝滝上展望台から

Ro5a0966dd

湧水が滝となって、滝上展望台から

Ro5a0972dd

虹がかかります

Ro5a0986dd

田貫湖の向こうの富士山

Ro5a0994dd

紅葉はまだこれから

Ro5a0999dd

色付き始めた木々の向こうに、本栖湖で

Ro5a1001dd

赤いコキアの向こうの富士山、河口湖で

2017年10月21日 (土)

奥利根の紅葉

今年は妙に雨の日の多い10月です。
10/20は珍しく、群馬県と新潟県の県境は昼前から曇り空から晴れになるとの予報がありました。

そんな日に、奥利根の奈良俣ダム、照葉峡と峠を越して沼田に近いに吹割の滝に、今年の紅葉を訪ねてみました。

奈良俣ダムのあるあたりは標高が900mぐらいですので、まだ色付き始めですが、照葉峡に沿う奥利根ゆけむり街道を辿って坤六峠に登れば1600mを越えますので、上はもう枯葉や裸木となり、大きく変化します。

照葉峡の下流の辺りで時間を費やしすぎて、その上流の紅葉真っ盛りの辺りは横目で見ながら、峠の向こうの吹割の滝に向かうことになりましたが、吹割の滝は雨の多い今年ならではの豪快な流れを見せてくれました。

いつものごとくデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/9685ebb3a10fbcd0f5ca79a571c686db/?viewerMode=fullWindow

Ro5a1016dd

奈良俣ダムサイトのわずかな紅葉

Ro5a1023dd

ダムサイト脇で見つけたニシキギの真っ赤な紅葉

Ro5a1065dd_2

照葉峡の流れと紅葉

Ro5a1068dd

支流の小さな滝

Ro5a1071dd

深い谷を流れます

Ro5a1086dd

小さな橋の上から

Ro5a1110dd

溢れ零れて

Ro5a1138dd

吹割の滝下流の岸壁

Ro5a1147dd

水量豊かな吹割の滝

Ro5a1168dd

滝上の岩棚を洗って




2017年10月 6日 (金)

浜離宮に秋を探して

10/5、東京は汐留の浜離宮恩賜公園で、秋を探いてみました。

ここは訪日客のバスツアーのコースになっているらしくて、いつ行っても外人の姿が目立ちます。この日は白人の団体のほか、東南アジア系の高校生らしい団体も混ざっておりました。

入口近くの内堀広場にあるお花畑には、この時期コスモスが咲きますが、キバナコスモスは既に盛りを過ぎて咲き乱れ、色とりどりのコスモスはまだ開花がまばらで、ちょっと寂しい感じがありました。

木々の色付きはまだほんの僅か、はぜが部分的に赤くなっている程度、ススキも穂を延ばしますが、白くはなっておりませんでした。

出口近くの三百年松の近くで、お茶会に臨むらしい和服姿の婦人たちが色を添えておりました。http://www.digibook.net/d/8104a9f380889498e9ad799157c70789/?viewerMode=fullWindow

Ro5a0802d

コスモスはまだまばら

Ro5a0810d

キバナコスモス

Ro5a0868d

萩の花が咲き残ります

Ro5a0844d_2
ススキが穂を出し始めて

Ro5a0856d

鴨は石の上で昼寝です

Ro5a0862d

コサギは何を見つけたのか?

Ro5a0877d

色付き始めたハゼ

Ro5a0881d

お茶室でしょうか?


« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »