最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月22日 (水)

春二番が吹いた後の三浦で

今年は梅の開花が早かったのですが、河津桜の開花も早かったようです。

昨年はこの時期満開であった三浦市の河津桜は、一昨日の春二番に花びらが飛ばされ痛めつけられて、ほとんどの木がいかにもみすぼらしくなっておりました。

あまり期待しないで歩いたところ、小松が池へ向かう小道の上を高架で走る京急線路わきの木は、日当たりが悪いせいかきれいに咲き残っていてくれました。
日陰で見上げる桜ですので、河津桜らしい色濃い写真にはならず、ハイキーに淡い色に仕上がりましたが、これも一興かとご覧ください。

小松が池の水鳥などを楽しんだ後、口直しではありませんが毘沙門に、波が高い磯を期待して回ってみました。
着いてみると、それほど強い風が吹いているわけでもないのですが、期待の通り白く砕ける波が絶えず岩を打っています。
いつもならテラス上になった磯を通って、盗人狩と呼ばれる断崖を見上げることができるのですが、当日はそのテラスが波に洗われているため、途中で引返すことにいなりました。

そんな三浦の河津桜と砕ける波を、2編に分けてデジブックのアルバムにしております。
お暇な折にご覧ください。

「春二番の後の河津桜」
   http://www.digibook.net/d/a594a357a10d94d16b09f125e1ce478b/?viewerMode=fullWindow

「春二番後の毘沙門の海」
   http://www.digibook.net/d/75d4a1ffb14fb6d5730c7b35c3c6869f/?viewerMode=fullWindow

Ro5a4986a

河津桜は花びらのない枝も

Ro5a5061a

日陰の河津桜

Ro5a5069a

葉も開きます

Ro5a5052a

青空を背に菜の花が

Ro5a5048a

ホトケノザも開きます

Ro5a5000a

小松が池で仲良く泳ぐカモ達

Ro5a5010a

カイツブリは忙し気に

Ro5a5127a

毘沙門の海に波が砕けます

Ro5a5104a


Ro5a5177a

テラスを洗う波

2017年2月 3日 (金)

早春の北鎌倉で

立春近い北鎌倉に、写真仲間と共に春の花を探してみました。

訪ねたのは円覚寺と明月院。
円覚寺はこの時期梅の花が多く、明月院は蝋梅が目立ちます。
そのほかにもマンサク、ボケ、などが、春よ来い!とばかりに咲いておりました。

いつものごとくデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/669485bba04894946601e9370fd686cd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a4676a

円覚寺仏殿前の白梅

Ro5a4785a

Ro5a4692a

仏殿横の日陰では

Ro5a4711a

方丈の庭では紅梅が

Ro5a4738a

黄梅院に庭に咲くボケ

Ro5a4913a

明月院では蝋梅が目立ちます。素芯蝋梅

Ro5a4905a

赤心蝋梅

Ro5a4892a

そのわきにはマンサクも

Ro5a4855a

本堂の丸窓

2017年2月 2日 (木)

梅咲く頃の三渓園

先のブログに記した横浜三塔巡りの途中、中抜けをして本牧の三渓園に回り、咲き始めた梅の様子を見てみました。

今年の梅の開花は例年より早いようで、1月末ごろからあちこちで梅の香が漂います。蝋梅もそれに先駆けて近所で咲いておりました。

三渓園の梅は木の数こそ多いのですが、手入れが今一のようで、花咲く木の姿がまとまっているものはほとんどなく、姿の良い枝を見つけて写真にするしかなかったのですが、花の少ないこの時期の梅の花はやはり貴重です。

開きかけたサンシュユを見つけて、今年の春も近いなとひとりにんまりしたことでした。

いつものごとくデジブックのアルバムにしてみました。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/3394e51bb18cbc9d6a26e9a76dddc69d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a4516a

大池の左側に梅は咲きますが

Ro5a4498a_2

ショウブ田は冬姿のまま

Ro5a4349a

大池にキンクロハジロが泳ぎます

Ro5a4383a

開き始めた梅を探して

Ro5a4388a

Ro5a4413a

Ro5a4422a

Ro5a4435a

Ro5a4455a


Ro5a4494a

サンシュユはわずかにほころびます

2017年2月 1日 (水)

横浜三塔巡り

横浜に尖塔が三つあって、横浜三塔と呼ばれています。
神奈川県庁の塔がキングで、横浜税関、開港記念会館の塔がそれぞれ、クィーン、ジャックとも愛称されます。

いずれもみなとみらい線の日本大通り駅に近く、それらの間は100メートル以内で近接して立っており、最も高いのはクィーンで51メートル、次はキングで49メートル、ジャックは39メートルだとか。

横浜税関の塔が最も高いのは、創建当時の税関長が「国の出先である税関の塔が地方の建物より低いとは何事か!」との一声で設計変更されて、最も高くなったといわれています。

いずれも明治時代に建設されたもので、関東大震災の被害を受けていますが、いずれも修復されて現在に至っていて、毎年3月10日は語呂合わせで「三塔の日」としてイベントが行われます。

良く晴れた冬の日差し日、ある機会があったので三塔を巡ってみました。
いつものようにデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/4c558373808cb4dd7663e9a7d9cd068d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a4178a

横浜開港記念会館、ジャックの塔

Ro5a4199a

近くで見上げれば

Ro5a4225a

尖塔を従えて

Ro5a4231a

神奈川県庁、キングの塔

Ro5a4254a

横浜税関、クィーンの塔

Ro5a4261a

海側から

Ro5a4286a

象の鼻突堤の向こうの赤レンガ倉庫

Ro5a4312a

赤レンガ倉庫の向こうの富士山

Ro5a4331a

ベイブリッジと大黒ふ頭に停泊する車輸送船

Ro5a4524a_2

午後の日差しの中のみなとみらい地区

Ro5a4593a

沖を見つめるユリカモメ

Ro5a4636a

赤レンガピアに接岸するシーバス

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »