最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月22日 (土)

白川郷と白山ホワイトロード

奥三河を訪ねた翌日10/19、犬山を後に白川郷へ向かいました。

各務原ICから東海北陸道を走って、白川郷ICを下りたのは9時過ぎ。広い駐車場や観光案内所も整備され、さすがは世界遺産です。
人々に交じって合掌造りの荻町を歩けば、カナダのモントリオールから来たという人たちの英語も飛び交ってにぎやかな観光地、白川郷でした。
秋の風情を求めてみましたが、案山子やカキの実、ススキなどにも事欠かず、楽しむことができました。
白川郷を歩いた後、石川県に抜ける白山白川郷ホワイトロード(旧称白山スーパー林道)と長い名前の道を走って紅葉を求めます。
白川郷のあたりは標高500メートルぐらいですが、この道は1000~1500メートルぐらいを走りますので紅葉は真っ盛り。三方岩あたりは赤、黄色が混じって岩肌を飾り、素晴らしい景色でした。
ふくべ大滝まで行って滝を見上げた後、道を引き返して白川郷ICから再び東海北陸道を走って高山に至り、松本に抜ける途中、乗鞍高原にも立ち寄ってみました。
乗鞍高原の一本楓は昨年この時期ほとんど葉を散らしていたのですが、今年は遅れ気味でまだ少し青い葉を残しておりました。まいめ池にも寄ってみましたが、さすがに夕暮れ時に近く、ちょっと色の鮮明さはなくなっておりました。
いつものごとくデジブックのアルバムに仕上げておりますが、白川郷と白山白川郷ホワイトロードを分けて2本立てとしております。
「秋の日に白川郷を歩く」
「白山ロードの紅葉」

Ro5a1720
展望台から見下ろす白川郷
Ro5a1678
賑わう白川郷
Ro5a1684
案山子の向こうに
Ro5a1643
紅葉の向こうに
Ro5a1705
ススキの向こうに
Ro5a1640
お寺の山門
Ro5a1730
三方岩を見上げて
Ro5a1814
Ro5a1749a
Ro5a1784ro5a1784ajpg

Ro5a1756
Ro5a1762
ふくべ大滝
Ro5a1826
乗鞍高原の一本楓
Ro5a1841
まいめ池で

2016年10月21日 (金)

奥三河に遊べば

新東名高速道路が今年の2月に、浜松いなさJCTから豊田東JCTまで延長されて、新城ICや長篠・設楽原PAができました。

今年の夏に新東名を走る機会があって、武田と織田・徳川連合軍がぶつかって、武田が滅びるきっかけとなり、近世への糸口となった古戦場であることを思い出して、機会があれば訪ねてみたいと思っておりましところ、10/18、犬山である同窓会が開かれ出席する機会があったので、その往路にこの古戦場のほか、奥三河の風景も楽しみたいと途中下車してみました。
この地は奥平、菅沼など徳川家の譜代が蟠踞した地でもあって、地図を見るとそんな地名をあちこちに見ることができます。

今回訪れたのは、阿寺の七滝、鳳来山寺、長篠城址、設楽が原。
このうち阿寺の七滝は赤目四十八滝などとは違って、滝が七段になっていることから名付けらたもので、ちょっと珍しいものです。
鳳来山寺は1400段余の石段の上に薬師如来を祀りますが、家康の父広忠と母お大が参篭して、家康を授かったと伝えられていて、それゆえに家光がこの地にも東照宮を造営しています。
東照宮といえばどこでも金ピカですが、ここの東照宮は創建以来一度も修理されていないとかで、屋根などには大分傷みが目立つものの、社殿の朱はいまだに保たれておりました。
いつものようにデジブックのアルバムに仕上げてみました。
以下からご覧ください。

阿寺の七滝
Ro5a1384
鳳来山にも秋が
Ro5a1388_2
崖下にたつ鳳来山寺のお堂
Ro5a1408
鳳来山寺本堂
Ro5a1410
本堂前から見上げる鳳来山
Ro5a1395
東照宮の拝殿と本殿
Ro5a1428
見下ろす鳳来山寺の門前町
Ro5a1482
鳳来山寺への1400階段登り口
Ro5a1495
長篠城址
Ro5a1515
設楽が原歴史資料館の数多い火縄銃
Ro5a1517
設楽が原歴史資料館の屋上から見る青空
Ro5a1535_2
設楽が原に復元された馬防柵

2016年10月 7日 (金)

秋バラとコスモス

昨日は台風が過ぎ去った後に吹き込んだ南風のせいで、10月だというのに30℃を超える暑さとなりましたが、空に秋を思わせる高い雲がなびくなかで、地元の写真クラブの撮影会に参加し、久里浜花の国のコスモスを訪ねました。
今年の8月、9月が天候不順であったせいか、この時期なのにまだコスモスは五分咲。
青空がのぞく下できれいな花の色を見せてくれるものもありましたが、何となく寂しい感じがありました。
その前日に秋バラのご機嫌を窺いに訪れたヴェルニー公園では、バラはほんの咲始めでしたが、その向こうに南極観測船「しらせ」の勇姿を見ることができました。
昨年は11月に出港し、今年4月に帰港したはずで、横須賀が基地となっていますからその後はいつも姿を見せてくれるはずが、先日の「軍港巡り」の折も姿を見ることができませんでした。
今年の出港に備えて、これまでどこかのドックのお世話になっていて、やっと本復したということでしょうか。
久しぶりの「しらせ」の勇姿とともに、久里浜花の国のコスモス様々をいつものデジブックにしております。
以下からご覧ください。

Ro5a1109
ヴェルニー公園の向こうの「しらせ」
Ro5a1145
咲き始める秋バラ
Ro5a1227
秋空の下のコスモス
Ro5a1222
Ro5a1248
柔らかく
Ro5a1271
黄コスモスに遊ぶセセリチョウ
Ro5a1322
とりどりに

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »