最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

稲村ケ崎と鎌倉の今時の花

9/27、稲村ケ崎を訪ねる機会がありました。

その日は台風17号が、はるか南海上で台湾方向に向かっているせいか蒸し暑い日で、遠くの富士山が見えないのはもちろんながら、そこに見える江ノ島さえおぼろになるような靄の濃い日でした。
そんな日でも高い波を目指すサーファーは、稲村ケ崎の沖にまるでオットセイのように浮かび、高い波が来るたびに様々な格好で楽しんでおりました。
その後は鎌倉の街に戻って、萩、彼岸花などこの時期の花を求めて、海蔵寺、浄光明寺、宝戒寺や浄妙寺などを巡ってみました。
萩、彼岸花はどちらでも盛りを過ぎたといった感じでしたが、ホトトギスが咲き始め芙蓉はまだその美しさを保っており、浄妙寺門前で見た一叢のシュウカイドウは新鮮な感じがりました。
いつものデジブックは、稲村ケ崎と七里ガ浜からの海の風景と、市内の花づくしに分けて2編としてみました。以下からご覧ください。
なお、「稲村ケ崎と七里ガ浜」は短編です。

Ro5a0651
稲村ケ崎の沖に
Ro5a0729
サーファーが遊びます
Ro5a0828
波は砕けます
Ro5a0997a
寿福寺山門の萩の花
Ro5a1031
芙蓉の向こうの海蔵寺本堂
Ro5a1036
ホトトギスが開きます、海蔵寺にて
Ro5a1046_2
庭石に寄り添って、海蔵寺にて
Ro5a1057
日陰の芙蓉
Ro5a1079
シュウカイドウが開きます、浄妙寺にて
Ro5a1075
今時の花カクトラノオ、宝戒寺にて
Ro5a1084
お茶の花のミツバチが、浄妙寺にて

2016年9月23日 (金)

今年の小出川の彼岸花

9/21、伊勢原市の日向薬師の彼岸花を楽しんだ帰り道、藤沢市から茅ヶ崎市を流れる小出川に彼岸花を訪ねてみました。

小出川は幅3メートル足らずの農業用水ですが、その両岸にたくさんの彼岸花が咲くことで知られ、藤沢市と茅ヶ崎市がそれぞれ、例年「彼岸花祭り」を開催していて、今年も翌日から予定されています。
お祭りで花が踏みしだかれる前にと思って前日を選んで訪れたのですが、もう祭りのためののぼりもあちこちに立ち、人も結構出ておりました。
そのせいか、足元を見れば踏まれて倒れ、折れている開花前の彼岸花も目立ったのは残念です。

雨は降らないものの曇り空のため、小出川の下流の方に見えるはずの富士山もその日は雲の中。ちょっと物足りなかったものの、まだ刈り取られず頭を垂れた稲穂を囲む彼岸花は、日向薬師とはまた違った風情を見せてくれました。
いつものデジブックのアルバムは以下からご覧ください。


Ro5a9751d
小出川の両岸に咲く彼岸花
Ro5a9679d
前日の台風のせいか斜めのものが目立ちます
Ro5a9763d
彼岸花と刈り取るばかりの稲田
Img_6851d
白い色も混ざります
Ro5a9626d
Img_6881d
密には毒がないのかな?
Ro5a9637d

2016年9月22日 (木)

彼岸花、日向薬師で

昨日9/21、今年初めての彼岸花を、伊勢原市の日向薬師に訪ねました。
前日は台風16号が通過したせいで、終日雨。どうなることかと思ったのですが、明けて見れば青空こそ見えないものの、雨は降りやんでいたので写友達と出かけることにしました。

日向薬師では、丹沢の麓に広がる棚田の畔に、稲刈り頃に赤い彼岸花が開きます。
着いてみると、道路際に昨年はなかったイノシシ除けの通電柵が背高く立ち並び、興覚め意外の何者でもなかったのですが、道路から田んぼに通じる道に入ってみれば、通電柵はなく、例年と同じ景色を見ることができました。

まだ蕾も残る彼岸花は、台風のせいで斜めになったものもありましたが、それほど気になることもないくらい元気に開いており、沢山の観光客を楽しませておりました。
いつものごとくデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。


Ro5a9496
彼岸花の向こうの棚田
Ro5a9556d
稲刈りの終わった棚田
Img_6799
石垣に寄り添って
Ro5a9502
密集します
Ro5a9535
わずかに雨滴が残って
Ro5a9601
巴になって
Ro5a9588
見上げる彼岸花
Img_6829
クロアゲハがサルビアに

2016年9月11日 (日)

横須賀軍港巡り

まだ暑さも残りますが良く晴れた昨日9/10、秋空の下で久しぶりに横須賀の軍港巡りを楽しみました。
いつもは目にすることのできる自衛隊と米軍のイージス艦は、北朝鮮のミサイルと原発実験のせいか出払っていて、残っているのは米軍の修理中のものだけ。
原子力空母「ロナルドレーガン」も先日出港したとかで、ちょっと寂しい軍港でした。

その代わりというわけでもないでしょうが、いつもは見ることのできない、佐世保や舞鶴に所属する「ましゅう」や「あけぼの」などの艦艇がいくつか総監部前に接岸していて、いつもはそこに接岸しているヘリコプター空母の「いずも」が、沖合に追いやられて停泊していていて、カッターが岸壁からそこへ通っている珍しい姿を見ることができました。
いつものようにデジブックのアルバムにも仕上げております。以下からご覧ください。

Ro5a9092ad
自衛艦を眺める人達   
Ro5a9128ad
海軍時代の逸見衛門跡
Ro5a9137ad    
ヴェルニー公園の向こうの自衛艦
Ro5a9142ad
ススキの向こうの軍港巡り船
Ro5a9181ad    
軍港巡りの船が行きます
Ro5a9254ad
軍港巡りの船を追い越す「いずも」のカッター
Ro5a9287ad    
沖合に停泊する「いずも」へ
Ro5a9341ad
長浦湾司令部前の護衛艦「さわゆき」
Ro5a9380ad
長浦港と本港をつなぐ運河
Ro5a9431ad    
補給艦「ましゅう」の前を通って
Ro5a9469ad
ホテルの19Fから見下ろせば

2016年9月 2日 (金)

台風一過の荒崎で

台風10号が東海上を通過した翌々日の9/1、写真仲間と横須賀の荒崎公園に台風の余波を求めてみました。
当日は干潮時でもあったためか、残念ながらそれほど高い波はありませんでしたが、それでも秋の近いことを思わせる雲が浮かぶ青い空の下で、荒崎らしい縞状の岩に白い波が絶えず砕けておりました。

いつもながらのデジブックにもしております。以下からご覧ください。

Ro5a8259ad
穏やかな海
Ro5a8443d    
時折高い波が押し寄せて
Ro5a8689ad
岩に波が砕けます
Ro5a8768ad    
波を間近に
Ro5a8827ad
波が岩を洗います   
Ro5a8731ad
崖を見上げれば
Ro5a9018d    
近くのソレイユの丘にヒマワリが咲き残ります

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »