最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

晩夏の御射鹿池で

迷走する台風10号が近づく8/28、家族とワン公のアッシーを務めて、御射鹿池と白駒池を訪ねてみました。

御射鹿池近くの道路は観光客の増加に対応するためか、この春から道路の拡張と駐車場の整備らしい工事が進められていますが、その工事はまだ終わらず、いつも使っている入り口が閉鎖されているなど、ちょっと勝手が違いましたが、池は風も少なく周囲の木々を映して、東山魁夷が描いたいつもの静かなたたずまいでした。

足元にはギボシ、トリカブトや吾亦紅が咲いており、秋近しを思わせました。

その後白駒池へ回りましたが、連れていった犬の入山が禁止されているので、家族は池へ向かいましたが私は犬と駐車場にとどまり、入り口近くの林と苔風景だけを楽しむだけの仕儀なってしまいました。

いつものように当日の風景をデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。

Ro5a8166d

秋近い御射鹿池

Ro5a8145d

Ro5a8115d

Ro5a8132d

トリカブト?

Ro5a8174d

白駒池入口付近の林と苔

Ro5a8192d

Ro5a8201d

Ro5a8219d

Ro5a8237d




2016年8月 8日 (月)

明野のヒマワリ畑

8/6、清里の滝巡りの後、帰り道で北杜市明野のヒマワリ畑に立ち寄ってみました。

土曜日ですので、中央高速の須玉ICから道からヒマワリ園の駐車場へ入る車は、数百メートルもの長い列ができていましたが、私たちは逆方向ですので簡単に入ることができたのはラッキーでした。

このヒマワリ園は、20面ものヒマワリ畑があって、それぞれ植え付け時期を調整して開花時期がずらし、この畑はだめでも隣の畑では満開のヒマワリをみることができるようになっています。

ちょっと靄がちでしたが、遠くには夏雲が沸く八ヶ岳も望むことができ、暑い日差しの中、若い人たちがヒマワリ畑に入って、思い思いに自分撮りで写真を撮っている姿が印象的でした。

青空に下で八ヶ岳を背に開くヒマワリを以下のデジブックでご覧ください。

Ro5a7845ee

八ヶ岳を背にヒマワリが開きます

Ro5a7857ee

満開のヒマワリ

Ro5a7887ee

一面に

Ro5a7938ee

背高く

Ro5a7926e

青空を背に

Ro5a7806ee

ハチが遊びます

Ro5a7909ee

花粉にまみれて

2016年8月 7日 (日)

清里に涼を求めて

夏本番の暑い日が続く中、一服の涼を求めてみました。

昨年も同じように、西沢渓谷に出かけ涼しい思いをしたのですが、最後の七ツ釜五段の滝の上の登りがきつく、苦しい思いをしたので、今年は清里近くの滝巡りです。

朝3時に自宅を出て、東俣沢の吐竜の滝入り口に着いたのは6時頃。まだ暗さの残る道を辿り、小海線の鉄橋の下を潜るとその先に幾筋にも分かれて流れ落ちる、日本庭園のような吐竜の滝が現れます。
この滝は、数年前のNHKの大河ドラマ「利家とまつ」のオープニング画面でも使用された滝だとか。
前日に雨が降ったらしく、水量が多かったのは幸いでした。

その後はJR清里駅の反対側を流れる大門川にかかる、千の滝、宮詞の滝と大滝を訪ねました。
大門川も水量が多めで、いずれの滝も立派な姿を見せてくれましたが、中でも千の滝は滝壺近くまで近寄れ、高さ・幅ともにあって、様々に写真に撮って楽しんだのですが、近いせいで水煙が吹き寄せ、カメラとレンズを濡らすのには閉口しました。

それぞれの滝の様子をいつものデジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。

Ro5a7451ee

朝の暗さ残る吐竜の滝

Ro5a7465_1ee

下流から見上げます

Ro5a7570ee

大門川の千の滝

Ro5a7582ee

千の滝を見上げます

Ro5a7665ee

鎖場の先に、宮詞の滝

Ro5a7721ee

大滝の上にある名もない滝

Ro5a7746ee

大滝

Ro5a7728e

2016年8月 5日 (金)

真夏の植物園で

8/4、地元の写真仲間と、鎌倉市にある大船フラワーセンターに、夏の花を訪ねてみました。

当地の今年の梅雨明けは例年よりも遅く、その上、梅雨明け宣言後も不順な天候の日が続いて、夏らしい日は数えるほどでしたが、この日は朝こそ雲があったものの、その後は気温も上がって、真っ青な青空の暑い日となりました。

大船フラワーセンターは、昭和36年の開場以来の来場者数が1,500万人に達したとか。それを記念して先日セレモニーが行われ、来場者にマリーゴールドの苗がプレゼントされていました。
この苗は、園芸店で販売されている苗とは異なって、矮化剤が使用されていないようで、背丈も高くもので、ありがたく頂戴し庭に植えることにしています。

園内では7月から咲き始めたハスの花がまだ咲き残り、サルスベリ、ムクゲが今を盛りと咲き誇っていましたが、ヒマワリはちょっと盛りを過ぎていたようでした。
木陰ではカノコユリが優しい花を付け、その傍に鉢植えですが、レンゲショウマが可愛い花を開いておりました。
いつものように当日の花を、デジブックのアルバムにしております。以下からご覧ください。

Ro5a7199e
青空の下で開くハスの花   
Ro5a7252e
葉に囲まれて
Ro5a7255e    
実を結びます
Img_6644e
並んで咲くヒマワリ
Ro5a7317e  
炎のように
Ro5a7354e
ムクゲが開きます
Img_6684e
モミジアオイも仲間です
Ro5a7418e    
木陰に咲くカノコユリ
Ro5a7388e
森の妖精、レンゲショウマ
Ro5a7430e    
珍しいハスの葉を使った噴水

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »