最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月 9日 (木)

梅雨時の八ヶ岳周辺②

後編です。

八千穂高原から麦草峠を越えて八ヶ岳の西側に入り、白駒池、御射鹿池、蓼科湖を巡った後、ゴンドラで入笠山の湿原に上がってみました。

朝に比べると天気は良くなってきて、霧が流れることはありませんでしたが、その分肌には感じられませんが風が出てきたらしく、白駒池や御射鹿池では水鏡が揺らいでおりました。

富士見パノラマリゾートのゴンドラで登った入笠山湿原は、標高1,750メートルに位置するせいで、またまた霧が流れ、湿原と周囲の林を幻想的な風景にしてくれる中に、八千穂高原では見ることができなかったズミが咲き始めのきれいな花を見せてくれました。

足元ではクマガイソウや釜無ホテイアツモリソウなどの珍しい花を見ることができたのは幸いでした。

後編のデジブックは以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/e1c58b1b918d9ec56047792371c506db/?viewerMode=fullWindow

Ro5a6421b

白駒池への道の傍らに、倒木と新たな息吹が

Ro5a6402b_2

この時期ならではのきれいな杉苔

Ro5a6411b

白駒池の湖畔で

Ro5a6438b

御射鹿池にレンゲツツジが開きます

Ro5a6437b

レンゲツツジの向こうに東山魁夷の世界

Ro5a6457b

黄ショウブ咲く蓼科湖

Ro5a6477b

霧が流れる入笠山湿原

Img_6574b_2

ズミの花が開きます

Img_6582b

釜無ホテイアツモリソウ

Ro5a6506b

霧はますます濃くなって



2016年6月 8日 (水)

梅雨時の八ヶ岳周辺①

写真仲間と梅雨時のしっとりした空気の中で、八ヶ岳周辺を巡ってみました。

清里に着いたのは朝6時頃、霧が流れ雨がぽつりぽつりとしていて、期待していた赤い東沢大橋の向こうの朝日を浴びる八ヶ岳を見ることは叶いませんでした。

気を取り直して美しの森へ回ってみると、霧流れる中にレンゲツツジが真っ盛り。
思い思いにレンゲツツジをカメラに収めた後、八千穂高原に上ってみれば、きれいな白樺の純林の中にここでもレンゲツツジが咲き、雨滴を纏っております。

八千穂高原には自然園があって、様々な湿地の植物を楽しむことができます。
この時期は九輪草が園の一番奥に咲いていますが、それほど大きな群落ではありません。
ただ、近くに寄れるので雨後の雨滴を付けた可憐な姿を見ることができました。

霧流れる中のレンゲツツジや九輪草のほか、この時期ならではの光景をデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/4ac4e753b00bbec0740779370bc647db/?viewerMode=fullWindow

本篇では八ヶ岳の東側、清里と八千穂高原を収めています。
続編で西側の白駒の池、御射鹿池、蓼科湖そして入笠山の湿原をご紹介する予定です。

Ro5a6310b

霧流れる中のレンゲツツジ、美しの森で

Ro5a6292b

レンゲツツジが雨滴を湛えて

Aro5a6320b

白樺の純林に咲くレンゲツツジ、八千穂高原で

Ro5a6342b

雑木の中でも

Ro5a6349b

瑞々しいシダが葉を広げます、八千穂自然園で

Ro5a6354b

小さい滝ですが

Img_6532b

九輪草が開きます

Ro5a6372b

九輪草も雨滴を付けて

2016年6月 4日 (土)

紫陽花咲き始める頃に

鎌倉にアジサイが咲き始めました。

江ノ電の長谷駅を出て長谷寺へ向かう途中に収玄寺というこじんまりとしたお寺があります。
境内にはよく手入れされていて季節の花が開き、立ち寄る人も少ない分楽しめる所です。今年もここに立ち寄って、咲き始めた瑞々しいアジサイを楽しんだ後長谷寺に向かいました。

長谷寺はこの時期になると、大仏のある高徳院とともに修学旅行生が必ず立ち寄るところで込み合います。この日も学生たちが押し寄せていましたが、入場券の発券機前に行列ができることはありませんでした。

長谷寺では広い境内にシモツケ、花しょうぶ、イワタバコ、ホタルブクロ、ビョウヤナギ、キンシバイなどが咲き、本堂の向こうの斜面にはアジサイが咲き始めます。
まだほんの色付き始めで、ちょっと物足りない感じもしましたが、様々にアングルを変えてカメラに収めてみました。
http://www.digibook.net/d/2704a597a188bcc4f085792111cd879d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a6223b

収玄寺に瑞々しく咲く白いあじさい

Ro5a6234b

ちょっとくたびれ気味のビョウヤナギ

Img_6487b

長谷寺でシモツケの向こうに咲く花しょうぶ

Img_6497b

木の根元に咲くホタルブクロ

Img_6496b

咲き残るイワタバコ

Ro5a6251b

染まり始めたアジサイ

Ro5a6258b

見上げるアジサイ

Ro5a6278b

紅白に咲くシモツケ

Ro5a6269b

アジサイを抱く仏さま

 

2016年6月 3日 (金)

花しょうぶ咲く三渓園

5/31、港の見える丘公園と山下公園を訪ねた折、足を伸ばして三渓園へも寄ってみました。

サツキが満開で、サツキの盆栽展も開かれていましたが、この時期の三渓園は花しょうぶが楽しみです。
大池の手前に咲く花しょうぶはまだほんの咲き始め、早めに咲く赤紫が主体で、花しょうぶらしく色とりどりにとはゆかなかったようです。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧ください。
http://www.digibook.net/d/9704cf77918bbe81e8c07b3543d5468f/?viewerMode=fullWindow

Ro5a6154b

咲き始める花しょうぶ

Ro5a6156b

Img_6436b

Img_6438b


Img_6454b

Img_6457b

2016年6月 2日 (木)

横浜のバラ園は?

ちょっと遅くなりましたが、今年も横浜の港の見える丘公園と山下公園にバラの花を訪ねる機会がありました。

港の見える丘公園に着いてみると、昨年までのバラ園が今年は大改造されて、バラの間に様々なカタカナ名の草花が数多く植栽されてバラの花は肩身が狭そうにしています。
かつての「バラの花に囲まれたイギリス館」はすっかり様変わりです。
山下公園のバラ園も同じ概念で改造されたらしく、「バラの花の向こうの氷川丸」は望めなくなりました。
そんな横浜の港の見える丘公園と山下公園の様子をデジブックにしております。
以下からご覧頂いて、皆さまはどんな感想をお持ちになることか。
Img_6405b
アリウム・ギガンチウムの向こうのイギリス館
Ro5a6105b_2
裏側では、ここは昔のまま
Img_6414b
数少ないバラを探せば
Img_6465b
Img_6418b
アジサイが咲き始めます
Img_6428b
Ro5a6197b
山下公園では
Img_6479b
Img_6464b_2
白いスカシユリが
Ro5a6134b
ここでもバラは数少なく

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »