最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

やっと咲き進む桜達

今日、3/31はこの間までの寒気も抜けて、めっきり春らしくなりました。
毎朝の、日の出直後のワン公の散歩道も大分変わったはずと、カメラを持ち出してみました。

家を出て直ぐ近くの辻に立つコブシの木は二、三日前から散り始めていますが、公園では芽吹いたケヤキの淡い緑を背景に、一挙に遅れを取り戻そうと桜が咲き進んでいました。
それでも一番早く咲き始めたソメイヨシノの木がやっと二、三分咲き、満開にはもうちょっと温かい日が必要なようです。

この辺りに多い山桜も気の早いものは既に散っていますが、この時期白からピンクまでそれぞれの個性を出して咲き開きます。吉野の一目千本とはゆきませんが、これからが楽しみの逗子の山々です。

やっと咲き進んだ桜の様々を撮り、デジブックのアルバムにしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/0d05e75f90cc9c81ffa7e9a5e5df87cd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a4070d

ケヤキの新葉を背景に桜が開き始めます

Ro5a4072d

小枝に開く桜

Ro5a4078d

一番早く咲き始めた桜は今

Ro5a4089d

白い山桜が開きます

Ro5a4100_1d

谷戸に咲く山桜

Ro5a4112_1d

谷の向こうの山では

Ro5a4125_1d

見上げる山桜

Ro5a4127_1d

谷に光差して

2016年3月29日 (火)

古刹の枝垂桜

3/25に訪ねた千鳥が淵の桜いまひとつだったので、その翌日口直しでもありませんが、ソメイヨシノよりも早めに咲く、エドヒガン系の枝垂れ桜が見られる、横浜の戸塚区にある岡津西林寺を訪ねてみました。

このお寺は、徳川家康の側室お万の方が里に庵を結び、その後移転したのがこのお寺だとか。家康ゆえでしょうか浄土宗のお寺です。

着いてみると、本堂前の樹齢160~170年といわれる立派な枝垂桜は、満開とはゆきませんが七、八分咲きでそれなりに見応えがありました。

その横では満開の白モクレンが輝き、本堂横ではエドンヒガン桜がまさに満開の風情で、色を添えてくれました。

いつものごとくデジブックのアルバムにもしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/68c5e53bb10896857b41eb03ebcc87c9/?viewerMode=fullWindow
Ro5a4058d

見上げる枝垂桜

Ro5a4005d

Ro5a3999d

Ro5a4054d

Ro5a4047d

枝先に

Ro5a3998d


Ro5a4009d

Ro5a4044d

枝垂桜の横で、白モクレン

Ro5a4026d

本堂脇に咲くエドヒガン

Ro5a4035d



2016年3月26日 (土)

お江戸、千鳥が淵の桜

東京は六本木でランチをする機会があったので、その後千鳥が淵へ回ってみました。

千鳥が淵は東京の名にし負う桜の名所ですので、一度は満開の見事な様を目にしてみたいと思い、3/21の気象庁の開花宣言を聞いて、宣言後の日にちを数えていたのですが、その後に思わぬ寒の戻りが続いて、花は咲き進まず、期待は大きくしぼんでしまいました。

現地に着いてみると案の定、開いている木は数えるほど、開いている木も花数は数えるほどで、咲き具合はまさに「チラホラ咲き」がぴったりのようでした。

それでも千代田区主催の桜祭りが賑やかに開かれ、あちこちで中国語が飛び交っているなか、しつこく開いている花を探しながら、九段まで歩いてみました。
九段近くで田安門を望むあたりに比較的良く咲いている桜を見ることができたのは幸いでした。

そんなちょっと淋しい千鳥が淵の桜をデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/9944e1b3b10cbcc0ffe2eb978fcd07dd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3898d

六本木で高層ビルの谷間に咲く陽光桜

Ro5a3920d

開いている花は見えますか

Ro5a3924d

ボートも人待ち顔で

Ro5a3929d

開き始めた木を探して

Ro5a3935d

まだまだ蕾は一杯

Ro5a3947d

花数の多い枝は

Ro5a3973d

満開を思わせて

Ro5a3977d

九段から田安門を望みます

Ro5a3986d

そこそこの咲き具合に見えますか?

2016年3月24日 (木)

桜咲く前に

気象庁から、あちこちでソメイヨシノの開花宣言が出ていますが、当地ではまだ咲き始めてはいますが、花数は開花宣言には至らないようです。

3/22、その開花宣言直前に咲く花々を、逗子の山と横浜の戸塚区東俣野にある植木屋さんの農園に追い求めてみました。

逗子には桜山という地名があるごとく、山に山桜が数多く咲きます。山桜は実生で育ちますのでそれぞれに個性があって、開花時期も異なれば花の色も様々です。ソメイヨシノに先立って咲く山桜は白が多いようで、ちょっと華やかさには欠けますが、清楚です。

横浜の戸塚区東俣野にある植木屋さんの農園には、その一部に小高いところがあって、そこにカタクリが群生していて毎年楽しませてくれます。今年は、葉はしっかりと出ているのですが花付が悪く、群生といった感じの写真にはなりませんでした。それでも開いたものの花はしっかりとしていて充分に楽しませてくれました。

その群生地に至る畦道に咲く野の花と共に、いつものデジブックにしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5bd58bffb1cfbe84676263914bd5078d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3829d

逗子の桜山と山に咲く山桜

Ro5a3838d

山桜は葉と一緒に

Ro5a3860d

バイモ(編み笠ユリ)

Ro5a3885d

ハナニラ

Ro5a3891d

日陰のムラサキハナナ

Ro5a3880d_2

土筆も伸び出して

Ro5a3868d

カタクリの花が開きます

Ro5a3870d



2016年3月18日 (金)

まだ春浅い自然教育園

東京ミッドタウンの富士写真フィルムギャラリーである写真展を鑑賞した後、白金台にある国立科学博物館付属の自然教育園を訪ねてみました。

ここは一般の植物園とは異なって、「自然の移りゆくまま、できる限り自然の本来の姿に近い状態で残そうという独特の考え方の元で運営されている。」とか。
そのせいか、菜の花やパンジーに代表されるような黄色を主体にする晴れやかな早春の花の姿は全くありません。

目立つのは、キブシやバイモ(編み笠ユリ)のような浅黄色に地味な花ばかりです。湿地では菖蒲なども咲くのかもしれませんが、まだ芽吹き始めたばかりでした。
園内の武蔵野植物園にはカタクリが花芽をつけていましたが、下向きに紫色の可憐な花が開くのはソメイヨシノが咲く頃。まだもうちょっと先になります。

水生植物園は様々な鳥が見られることで有名ですが、この日は小サギだけが姿を見せてくれました。近寄っても恐れることはなく、池の中の魚を一心に探しておりました。

そんな自然教育園での光景を、その前・その後の道中と共にデジブックのアルバムにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/4b44e1f7800ab688e764f937bbde469b/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3705d

キブシが花穂を垂れます

Ro5a3711d

バイモ、またの名を編み笠ユリとも

Ro5a3737d

Ro5a3740d

カタクリが花芽をつけて

Ro5a3752d

カエデは早くも葉を広げ始めて

Ro5a3772d

Ro5a3768d

大きなムクの木はまだ冬姿

Ro5a3776d

池の小島に小サギが

Ro5a3788d

一心に魚を求めます

2016年3月 8日 (火)

霧かかる朝に

丸一日降った前日の雨が上った、3月とは思えぬ温かい朝、毎朝の散歩道に珍しく霧がかかりました。
視界は150メートルぐらいでしょうか

ワン公と毎日歩く、見慣れた住宅地の光景が柔らかい光の中で、別の世界のように感じられます。
メイン道路のケヤキ並木の細かい枝先は見分けがつかず、今時花粉を一杯付けた山の杉林も墨色にけぶります。

公園では遅咲きの豊後梅の花びらに水滴が輝き、やっと緑になり始めた柳の木が背景がないままに枝を伸ばしておりました。

そんな霧かかる朝の光景を、いつものデジブックのアルバムにしてみました。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/4c55cdb7b14cbec5ef24fb935dce86df/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3648d

ケヤキ並木の道路の先は

Ro5a3688d

杉山を隠します

Ro5a3677d

水溜り残る広場

Ro5a3682d

緑になり始めた柳の木

Ro5a3657d

豊後梅に水滴が

Ro5a3665d

足元の雑草にも

2016年3月 5日 (土)

一足早い桜を訪ねて

三月になって、めっきり温かくなったように感じます。
3/3ひな祭りの日に、早春の大船フラスァーセンターを、地元の写真クラブのメンバーと共に早咲きの桜をたずねてみました。

この植物園には、ここで選別育成され地元の地名を冠したオリジナル玉縄桜のほか、河津桜、オカメ桜、寒緋桜などの早咲きの桜を各種見ることができます。
玉縄桜はソメイヨシノを元にしていますので、花の色、形、咲き振りなどはソメイヨシノとよく似ていますが、花の大きさがちょっと小振りなことが特徴です。

芝生の広場を取り巻く花壇には、プリムラ、アイスランドポピー、ネモフィラなどの草花も様々に咲き始め、春の足音は間近なようです。

温室ではこの時季が花時になる、コチョウラン、シンビジウム、カトレアなどの西洋ランが一斉に開いて華やかでした。

いつものようにデジブックのアルバムにもしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/7f15a917908c9e8c6be7f397c1ddc79d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a3560d

玉縄桜とプリムラのコラボ

Ro5a3577d

玉縄桜の咲きぶり

Img_6168d

その向こうで白鷺が花にそっぽを向いて

Img_6171d

オカメ桜が色濃く下向きに

Ro5a3594d

お馴染みの河津桜

Img_6191d

玉縄桜にメジロが忙しく

Ro5a3584d

ボケも開き始めます

Img_6227d

見上げるサンシュユ

Ro5a3642d

咲き残る梅の花

Ro5a3618d

アイスランドポピーも開き始めます

Ro5a3626d

温室を飾る西洋ラン、シンビジウム

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »