最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

イブ、12歳の誕生日

我が家の愛犬イブが12歳の誕生日を迎えました。

名前のイブが、クリスマスイブにちなんでいて、12/24が誕生日なのですが、家内の都合があって今年は一日遅れの昨日、イブの誕生パーティとなりました。

今年はイブには、大災害のあった年でした。
秋のある日の朝、散歩途中のイブに、突然向こうからイブに気が付いたリードのない犬が駆け寄り、背中の尻尾寄りに噛み付いたのです。

他の犬と仲良くすることしか知らないイブは、何が起こったのかわからず、前を向いたまま声も出さず、されるがままでした。
慌ててその犬を引き引き離そうとしたのですが、執拗に攻撃を受けて、その後医者に行って診断して貰ったところ、1針を縫う怪我となってしまいました。

幸い、今はそのかさぶたも取れて完治していますが、治療のために刈り取った毛はまだ生え揃わず、惨めな背中となっています。
とはいっても、普段は立てている尻尾の毛がその部分を覆っていて、ちょっと目には気が付かない人も多いようです。

犬の12歳は手元の換算表によれば、人の64歳に相当するとか。
まだ私よりは10歳近く若いことになりますが、追いつき追い越されるのも間近になってきたようです。

来年は無事な年で、今までと同じように元気に散歩できる年であって欲しいと願っています。

良い年をお迎えください。

Ro5a1503d_2

ささやかな誕生パーティの料理です


Ro5a1508d

イブがカメラ目線で


Ro5a1511d

ローストビーフを貰って大満足のイブ

2015年12月11日 (金)

横浜の黄葉と紅葉

先週鎌倉で予定されていた地元の写真クラブの撮影会が、1週間後の12/10、横浜で行われました。

横浜のこの時期といえば、日本大通と山下公園の黄葉した銀杏です。

日本大通の銀杏並木は早や葉を落とし始めていましたが、足を延ばした横浜公園奥のカエデの木は光の具合も良くて、まだ真っ赤な葉を見せてくれました。

天気予報どおり、朝晴れていた空は段々雲り、海ではもやが濃くなる中、大桟橋では客船「飛鳥Ⅱ」が巨体を見せる前で、キンクロハジロやカモ達の海鳥が海草を漁っておりました。

山下公園でも鳥達を狙ってみましたが、ますます光が乏しくなる中では、まとものな写真にはなりませんでした。

そんな見苦しい写真も含めて、いつものデジブックにしてみました。醜い写真は笑い飛ばしてください。
http://www.digibook.net/d/7845a1b3a04abccdfe0079b387ce478d/?viewerMode=fullWindow

Ro5a1449d_2

日本大通、横浜地方裁判所前の銀杏並木

Ro5a1459d

銀杏並木を見通します

Ro5a1472d

神奈川県庁前で

Img_5990d

枯れ残るススキと楓紅葉、横浜公園で

Img_5982d

葉先に日を受けて、横浜公園で

Img_5992d

深紅の一枝、横浜公園で

Ro5a1475d

ちょっと色の悪い蔦の紅葉、開港記念館で

Ro5a1491d

山下公園前の歩道を行く人

Ro5a1484d

賑わう大桟橋と人気のない飛鳥Ⅱ

Img_6028d

何を見るのか、山下公園で

Img_6032d

観光船が行き交います、山下公園で

ロイヤルウィングとマリーンルージュ

2015年12月 8日 (火)

日比谷、皇居と丸の内で

12/7午後に、東京の銀座で用事があったので、その前にまだ紅葉の残る日比谷公園と皇居外苑を歩き、用を済ませた後にイルミネーションが輝く丸の内中通を歩いてみました。

東京では各所で大きなイチョウの並木が見られますが、日比谷公園内でもあちこちに古木が聳えています。中でも松本楼脇の木はひときわ大きく目立つのですが、なぜか他のイチョウはまだ盛大に黄色の葉を光らせているのに、この木だけはすっかり葉を落としておりました。

そのむこうの雲形池では楓の紅葉が今を盛りと陽を浴びて、池にその色を落としていました。

その後、桜田門から皇居外苑に入ってみると、交通規制のための赤いコーンが並び、その間に長い人の列ができていました。警官に聞いてみれば、この時期だけの紅葉見物のための乾門の通り抜けを待つ人達だとのこと。

列には加わらず、東京駅へ向う通りに出てみると、黄葉したイチョウの並木に沿って騎馬警官が警戒に当たっています。女性警察官の赤い制服が印象的でした。

銀座での用を済ませてた後、丸の内中通のイルミネーションにも足を運んで見ました。
他のあちこちのような派手さはありませんが、白のLEDに統一されたランプがほとんど葉を落としたケヤキを彩る様は、何か爽やかなものを感じました。

当日の昼と夜をデジブックにしております。
ちょっと長めですがご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/6885e757914fbec47e23fba12dd6469b/?viewerMode=fullWindow
Ro5a1223d

日比谷公園で輝くイチョウの黄葉

Ro5a1226d

松本楼脇に葉を落とした大イチョウ

Ro5a1235d

雲形池の水面は

Ro5a1242d

Ro5a1246d

楓の姿を映します

Ro5a1247d

真っ赤に染まって

Ro5a1276d

波紋広がる池面に

Ro5a1283d

祝田門へ向う道の傍らで

Ro5a1288d_2

ケヤキの木の向こうの桜田門

Ro5a1321d

騎馬警官が行きます

Ro5a1327d

ビルとイチョウ

Ro5a1348d

丸の内中通のイルミネーション

Ro5a1438d

夜の東京駅

2015年12月 6日 (日)

逗子の遅い紅葉は

12/5は良く晴れました。

毎朝、ワン公と共に通る散歩道も二日続いた冷え込みで、一挙に色付きました。散歩の後ワン公は置いてカメラを持ち出し、自宅近くの逗子の遅い紅葉を探してみました。

わが住宅地内の公園、神奈川県の天然記念物になっている大銀杏が聳える御霊神社、山の中腹にある神武寺の紅葉を楽しんだ後、逗子海岸に出てみると江の島の向こうに富士山がくっきりと見えていました。

最後に海岸近くの蘆花記念公園に立ち寄って、逗子随一の紅葉を期待しましたが、最盛期にはちょっと早いようでした。

いつものようにデジブックのアルバムに仕上げております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/7b94e5bfb04a9685fac0f1a1cfd6c7cf/?viewerMode=fullWindow
Ro5a1103d

ワン公の散歩道で

Img_5969d

Ro5a1117d

ニシキギが色付きます

Img_5922d

イチョウも色づいて

Ro5a1137d

もうひとつの公園で

Img_5930d

クヌギの黄色を背に

Img_5932d

クヌギと楓のコラボ

Ro5a1147d

高さ30メートルの大銀杏、御霊神社にて

Ro5a1173d

神武寺の鐘楼の向こうに

Ro5a1167d

Ro5a1181d

逗子海岸で

Ro5a1198d

蘆花記念公園の紅葉

Ro5a1195d

2015年12月 4日 (金)

日差しない梅が瀬渓谷で

12/2、ある撮影会に参加して、千葉県の養老渓谷の支流をなす梅が瀬渓谷を歩く機会がありました。

久し振りに久里浜からフェリーに乗って千葉側の金谷港に渡った後、約1時間余りのドライブで梅が瀬渓谷入口の駐車場へ。さすがに渓谷らしく駐車場周囲の楓の木は緑の葉を残さず真っ赤に紅葉しておりました。

そこから約3キロの渓流沿いの道を、渓流の置かれた渡渉用の踏み石を踏みながら何度も渡り、渡り返しながら、日高邸跡を目指します。

日高邸とは聞きなれませんが、明治の頃日向出身の日高誠実が陸軍省を辞した後の老後、当地に梅ヶ瀬書堂を開いて、地元の師弟を延べ1000人余りも教育した地であるとか。今は全く建物が残っておりません。

今にも振りそうな空の下で光には恵まれませんでしたが、途中もみじ谷で素晴らしい紅葉を目にすることができました。

あいにくの天気で、紅葉に冴えがなかったことと、帰り道が本格的な雨になって、びしょ濡れになったことがなんとも残念です。

そんな渓流歩きで、シーン数、ショット数も少なくなりましたので、短編のデジブックになりましたが、いつものごとく仕上げてみました。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/461485dbb18c96c962617183d1de46df/?viewerMode=fullWindow

Ro5a0997d

彼は浮く水に崖が映ります

Ro5a1004d_2

杉の根元に

Ro5a1007d

岩から滲み出る水が流れを叩きます

Ro5a1078_1d

滲み出る水が苔の上でホタルのように光ります

Ro5a1081d_2

こんな渓流を歩きます

Ro5a1088d

小さな滝

Ro5a1090d

崖に上の紅葉

Ro5a1091d_2


Ro5a1093d

日高邸跡の紅葉

Ro5a1097d

根元に


2015年12月 3日 (木)

今年の鎌倉の紅葉は

先日、鎌倉の紅葉の様子見をしてから10日が過ぎました。
もう見頃になったことかと、10/1、再度鎌倉は円覚寺と海蔵寺の紅葉を訪ねてみました。

今年の11月の気温は平年より2℃ほど高かったTVの天気予報で報じていましたが、その分冷え込みが少ないせいか、道すがら眺めるモミジはどれも鮮やかさがありません。

円覚寺に入ってみても、晴天の素晴らしい朝に光を受けながら、モミジの木はどれも順光ではくすんだ色にしか見えませんでしたが、陽を透かしてみる葉は充分な赤さを持っておりました。

海蔵寺でも同じような状況で、鐘楼脇の大きな楓の木も今年は赤くなりきらず、ちょっと寂しい思いをしました。

まだ青い葉も随分残しながら、陽を透かしてみる紅葉だけが鮮やかな今年の鎌倉の紅葉を、以下のデジブックでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/2185a7f3a08bb6857ea6f907a1dd07dd/?viewerMode=fullWindow

Ro5a0934ad

円覚寺に

Ro5a0921ad

Ro5a0914ad

Ro5a0905ad

Img_5879ad


Img_5870a


Img_5897ad

Ro5a0975ad

海蔵寺にて

Ro5a0979a

Img_5911ad

Ro5a0957ad


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »