最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月26日 (金)

師走の富士と紅葉

良く晴れた12/23天皇誕生日は、ボランティアでもう7年来続けているほぼ月に一回の、逗子市と葉山町の境をなす山の上にある、珍しい前方後円墳のパトロールの当番日でした。

古墳は海から立ち上がった標高95メートルの山の上に2号墳、そこから約500メートル先の標高127メートルのところに1号墳があります。

何しろ海から立ち上がった山ですので、標高を正味登らなければならず、結構な急登になります。

当日は雲ひとつない晴天でしたので、途中にまだ残る紅葉や、相模湾の向こうの江の島と真っ白な雪を戴く富士山を眺める、結構楽しみながらのちょっとした山行きとなり、今回は登りが苦になりませんでした。

1号墳では方墳の保存のための作業中で、ちょっと面白い光景もありました。

そんな古墳パトロールの様子をデジブックのアルバムにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/dd45a3d7a05f88517eadf38527d7478d/?viewerMode=fullWindow

Img_3123

登る前に、R134渚橋から富士山を望みます

Img_3125

Img_3132

登る途中で

Img_3148

蘆花記念公園の奥に紅葉が残ります

Img_3155

Img_3160

郷土資料館からの下り道で

Img_3161

残る紅葉を見上げます

2014年12月19日 (金)

今年も四季は巡って

今年も様々な所で、様々な写真を撮りました。

私は生の写真データを、外付けHDDに保管していて、そのHDDには撮影場所毎にホルダを設定し、その下に撮影日時のホルダを設定しています。
また、生の写真データから現像した後のデータは、これとは別に撮影日時毎に切ったホルダに保管していますので、後者を使うと今年何回写真を撮りに出かけたかが判ります。

これを数えてみると、延べ数で約70回ぐらいの撮影回数になりました。
中には自宅に庭もありますし、全てが決して写真目的に出かけたわけではなく、事のついでにといったものが大半を占めていますので、そう撮影に熱心なわけではありません。

それでも今年は、例年に較べて結構遠出が多かったかなとホルダを見ながら思い、思いつくままに、自己満足で思い入れのある写真をピックアップして、改めてデジブックのアルバムにしてみました。

http://www.digibook.net/d/34058f7ba11ca80165e26bb369d746cd/?viewerMode=fullWindow

随分切ったつもりでいたのですが、残った写真は87枚にもなってしまいました。
ご覧頂くのに10分以上はかかるかと思います。お暇な折に開いて見てください。

2014年12月12日 (金)

秋と冬のはざ間で

昨日12/11は、小雨が降るあいにくの天気でしたが、ある写真展を鑑賞がてら、上野公園の東京都美術館を訪ね、さらに足を伸ばして新宿御苑に秋の名残を求めてみました。

写真展は何と出品数が2,000点以上にも及び、かれこれ2時間近くも掛けてみて回りましたが、全部を見切ったという感じはしませんでした。これだけあると私のような素人目にも、良い作品とそうでもない作品の違いが判り、ちょっと面白い思いを致しました。

その後に訪ねた新宿御苑の広い庭内には、さすがに様々なモミジ、カエデがあって、この時期になると、すっかり葉を落とした木もあれば、まだ赤や黄色の葉を纏ったものもあって、それなりに楽しませてくれました。

いつものごとく、デジブックのアルバムに仕上げております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/864489d791de8a0c69e4632525dc8689/?viewerMode=fullWindow

Img_2909

イチョウの木の下の考える人、上野公園で

Img_2923

新宿御苑、モミジ山で

Img_2929

池に映る紅葉

Img_2936

プラタナスはすっかり葉を落として

Img_2945

咲き残るバラ

Img_2961_2

桜の落ち葉

Img_2986

紅葉の向こうの旧御涼亭

Img_3000

まだ真っ赤なカエデ

Img_3038

Img_3105

Img_3119


Img_3059

見上げるメタセコイア

2014年12月 1日 (月)

鎌倉の晩秋に

11/30鎌倉霊園で、義母の13回忌法要を身内だけで営んだ後、瑞泉寺門前のある和食の店で精進落しをしました。

こんな身内だけの集まりでは、小学校5年と2年の孫達がいつも主役です。
法要では親と一緒に慣れぬ手つきで、テレながら焼香する姿が笑いを誘い、食事中は大人と同じ料理を、大人以上に平らげて至って上機嫌、上はともかく小学2年生のあの小さな体の何所に料理が納まるのかと、皆が不思議がり、あきれます。

霊園での墓参りの前後に、鎌倉の十二支所と朝比奈の切り通し辺りの朝日差す紅葉風景や、食事前のひと時皆で訪ねた、瑞泉寺の紅葉風景をカメラに収めてみました。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5445cddfb01a8249f526f93351d687c9/?viewerMode=fullWindow
Img_2848

鎌倉十二支所の晩秋

Img_2854

瑞泉寺に咲く皇帝ダリア

Img_2898_2

門脇のイチョウが盛大に

Img_2858

本道はこの向こうに

Img_2884

本堂裏庭園で見上げるモミジ

Img_2883

Img_2887

昨夜の雨滴が残る万両の実

Img_2891

ナンテンの実にも

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »