最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

彼岸花咲く横浜の古寺で

昨日6/27、小学校5年生と2年生になる孫の運動会を応援に行ったついでに、その近くにある横浜市港北区にある真言宗西方寺を訪ねてみました。

西方寺は、姿の良い本堂に定朝様式の本尊を擁し、山門、鐘楼などと共に横浜市の指定文化財になっているほか、季節毎に様々な花を楽しませてくれるお寺です。

この時期は彼岸花が参道の両脇に咲いて写真好きを誘ってくれますが、当日はもう盛りを過ぎていてのが残念でした。

たまたま、早めの七五三参りらしい親子がいて、そのお嬢さんが艶やかな着物姿で、巧まぬ様々なポーズを取ってくれました。

そんなかわいいお嬢さんと彼岸花のアルバムをデジブックにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/10c5877b81d980497ce7f9b7edd607c9/?viewerMode=fullWindow

Img_0694

私が主役よ!

Img_0718

盛りを過ぎた花も混じって

Img_0723

Img_0707

Img_0701

黄色も盛りを過ぎて

Img_0710

Img_0716_3

姿の良い本堂

Img_0726

お嬢さんが笑顔に囲まれて

Img_0729

何を見つけたのかな?

Img_0737

本堂横に紅白の萩が咲き残ります

2014年9月23日 (火)

コスモス、風に揺れて

時ならぬ台風16号が近づいているようですが、ここ三浦半島では今年はまともな台風にも遭わず、あちこちを見舞った異常気象による豪雨も免れて、平穏な秋となりました。

横須賀市にある久里浜花の国には広大なコスモス園がありますが、例年台風の風でコスモスが倒され、まともに見ることのできないことが多いのですが、今年は大丈夫だろうと台風16号が来ないうちにと、昨日9/22の訪ねてみました。

咲き具合はまだ5分といったいったところかも知れませんが、その分しっかりした花を見ることができました。

風が出ないうちにと早めに出かけたのですが、それでもコスモスは風に揺れます。
手振れ防止のないマクロレンズ゙で撮った写真はピントが甘くなって、見苦しいものがるかもしれませんが、いつものようにデジブックのアルバムにしております。

以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5f058973901a8040f407f9870fdd869d/?viewerMode=fullWindow

Img_0529

コスモスが乱れ咲きます

Img_0540

Img_0548

Img_0555

Img_0557

Img_0561

Img_0565

Img_0616

Img_0620

Img_0565_2

2014年9月15日 (月)

初秋の花、鎌倉で





所用があって、娘が久し振りにやって来たので、9/14、鎌倉に初秋の花を訪ねて娘とデイトしてみました。

鎌倉八幡宮横の土手に咲く彼岸花はまだほんの咲き始めで、同じ土手に咲く萩の花ばかりが目立ちました。

八幡宮横、小町の宝戒寺は「萩の寺」とも呼ばれて、この時期来客の多いところです。
今年も盛大に萩の花が開きますが、ここの萩は白が主体でちょっと華やかさには物足りないものがあります。

境内には芙蓉や酔芙蓉、カクトラノオ、ミズヒキなどのほか彼岸花も咲きますが、彼岸花も白が多いのはどうしてでしょうか。

いつものごとくデジブックのアルバムにしております。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5814e77fa05ca245e80ce1a721c6868d/?viewerMode=fullWindow

Img_0467

鎌倉八幡宮横で開き始めた彼岸花

Img_0469

ほんの咲き始め

Img_0478

宝戒寺の白い萩の花

Img_0480

赤も混ざります

Img_0483

ミズヒキも精一杯

Img_0520

芙蓉が開きます

Img_0518_2

ほろ酔いの酔芙蓉

Img_0510

白い彼岸花がスポットライトを受けて

2014年9月 6日 (土)

雲多い夕方の森戸海岸で

地元の写真クラブの撮影会に参加して、久し振りに森戸神社裏の海岸に出てみました。

夕焼けの中の相模湾の向こうに見える富士山のシルエットを期待したのですが、八月下旬からの異常気象で、日本の付近に前線が停滞でする気象に変化はなく、当日も雲が多くて、富士山はおろか夕焼けさえ見ることができませんでした。

それでも暮れ行く海に裕次郎灯台に灯が入り、江の島でもひときわ明るい灯台の灯が見える頃には、海岸線を彩る町や車の灯が並び、いつもながらの森戸の夜景となってくれました。

雲が多い空の下の暮れ行く、森戸海岸の風景を以下のデジブックでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/1855cd3f811e8a0ce0896b07bfc6079d/?viewerMode=fullWindow

Img_0320a_2

森戸神社横の松ノ木が姿良く

Img_0330a

源頼朝が褒め称えたという千貫松

Img_0331a

裕次郎灯台と菜島の鳥居

Img_0386a

まだ薄暮の中で裕次郎灯台に灯が入ります

Img_0402b

江の島灯台にも

Img_0409a

海岸線に町の車の灯が並びます

Img_0428a

輝きを増す裕次郎灯台

2014年9月 2日 (火)

秋近く

9/2、今日は久し振りに良く晴れました。
午前中、庭に出てみるとハナミズキがもう来年の花芽を持ちながら、葉が早くも色づき始めています。

ハナミズキはミズキの仲間ですので、水気の多い土壌を好むにもかかわらず、家の2辺が擁壁に囲まれた隅地にあるため乾燥しやすい上、今年の8月は日本全国が異常な多雨であったと伝えられているにもかかわらず、当地は雨の少ない夏であったために、水切れで紅葉が早まったものと思っています。

その脇では鉢植えのジュランダ宝塚が今を盛りと咲いています。
この花は、宝塚のお嬢さんたちの着る袴の色に花の色が似ているため名付けられたとか。
小さなかわいい花です。

以下の写真をご覧下さい。


Img_0309a

Img_0312a


Img_0317a


Img_0313a


セセリチョウが留まってくれました

2014年9月 1日 (月)

晩夏の三浦半島西海岸

朝まで雨が降っていた8/30日の午後、三浦半島の西海岸を友人達とドライブしてみました。

逗子市の披露山公園へ登った後、葉山の海岸を辿って長者ヶ崎から立石公園、さらには荒崎公園のも立ち寄ってみました。

良い天気の日は相模湾の向こうに見える富士山が楽しみなドライブコースですが、この日は朝の雨こそ止んだものの、雲の多い空で、富士山は最後まで見ることできませんでした。
雲は良く見ると低いもの上にさらに上層の雲があって、その雲は秋を思わせる筋状の秋の雲でした。

秋の兆しの見える逗子、葉山と横須賀の海岸を、いつものデジブックのアルバムでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5255ad77815fa840f82feb058bc786cf/?viewerMode=fullWindow

Img_0276_1a

逗子マリーナ、江ノ島の上に広がる雲、披露山公園にて

Img_0278a

葉山の海岸方向を望みます、披露山公園にて

Img_0280a

様々に遊びます、スクーター、ヨット、ウィンドサーフィン

Img_0288a_2

立石の向こうの空に秋雲が混ざります

Img_0290a

荒崎の磯から

Img_0299a

荒崎で釣り糸を垂れる人

Img_0300_2

その先の岩礁でも

Img_0301a

荒崎に遊ぶ子達

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »