最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月22日 (日)

梅雨空の下の横浜歩き

6/21、ランチを共にしながら楽しむ、あるOB会に出席するため、横浜へ出る機会がありました。
その待合せ時間の前に、久し振りにJR桜木町駅からみなとみらいを通って、客船にっぽん丸が停泊中の大桟橋まで歩くことにしました。

旧三菱重工のドックに繋留されている練習帆船日本丸は、ボランティアの若者が帆を広げる総展帆が定期的に行われているとのことですが、次回は6/29だとか。いっぺん見てみたいものです。

みなとみらいを横切る汽車道には白い鉄橋がいくつか架かっています。その銘版を見てみると、桜木町に近い側の二つには”American Bridge Company of New York 1907”とあり、大桟橋に近いものには国産で「浦賀船渠株式会社製造 大正元年八月」とありました。その間の約5年は国産できる勉強期間だったのでしょうか。

大桟橋に停泊中の客船にっぽん丸はその日の朝9時に入港し、17時ごろには出航するそうですが、最近は日本各地の訪問が多いようです。

梅雨時期のことですから空がハッキリせず、いつもと違うみなとみらい、大桟橋の景色かもしれませんが、以下のデジブックのアルバムをご覧戴きながら、一緒にお歩きください。
http://www.digibook.net/d/f054e777a019a008e76b79278dcf079b/?viewerMode=fullWindow

Img_9366

練習帆船日本丸

Img_9379

汽車道鉄橋トラスの向こうのランドマークタワー

Img_9398_2

柏葉あじさいの向こうの赤レンガ倉庫

Img_9420

象の鼻パークの向こうの客船にっぽん丸

Img_9428

にっぽん丸船首の向こうの赤レンガ倉庫

Img_9441

にっぽん丸船尾の向こうのみなとみらい

2014年6月21日 (土)

今年も山百合が咲きました

朝のいつもの犬の散歩中、私の住む住宅地の外周道路を歩いているとその一角の斜面に、今年も山百合が咲いていることに気が付きました。

山百合は神奈川県の県花にもなっていて、以前はあちこちに咲いていたそうですが、今は球根の乱獲や宅地開発で、身近に見ることのできるところは少なくないりました。

散歩を終えた後、カメラを持って出直して撮った山百合の気高さをご覧下さい。
いつものようにデジブックのアルバムにもしてみましたが、今回は写真数11枚と短編です。
http://www.digibook.net/d/2a04cd33b058a249632d7b353dcd069d/?viewerMode=fullWindow

Img_9329_2

Img_9340

Img_9344

朝露が残って

Img_9348

2014年6月14日 (土)

足柄峠と滝巡り

6/13、開成町のアジサイ祭りを楽しんだ後、足柄峠を目指して途中、山北町の洒水(しゃすい)の滝と南足柄市の夕日の滝に立ち寄りました。

洒水の滝は日本の滝百選のも選ばれている三段滝で、鎌倉初期の文覚上人が荒行を積んだと伝えられています。また、夕日の滝は金太郎が産湯を使ったとか。

古東海道の足柄峠は富士山の眺めの良いところで、箱根外輪山のひとつ金時山への登山口にもなっています。
その日は雲間からの光が面白い富士山を見せてくれました。

二つの滝と足柄峠からの富士山をデジブックのアルバムにしてみました。
以下からご覧下さい。今回は短編です。
http://www.digibook.net/d/5015c91fb09b8201638b7b0513d4469b/?viewerMode=fullWindow

Img_9271

洒水の滝への入口で

Img_9295

「消毒していません」とあります。
「旨いよ」という意味なのか「飲んだ後は責任を持ちません」との意なのか?

Img_9283

洒水の滝
三段だとのことですが、一段に見えます

Img_9301

夕日の滝

Img_9299_2

その滝壺

Img_9309

滝裏に草が茂ります

Img_9314

足柄峠からの富士山、雲間からの光が差します

開成町のあじさい祭り

神奈川県足柄上郡開成町は神奈川県で最も小さい町だそうですが、毎年町起こしのイベントとして「開成あじさい祭」が開催され、今年も6/7~15日の期間で賑わっています。

農道の両脇に色とりどりのアジサイが植えられていて、その所々にいくつもテントが張られ、町民が総出で様々なイベントを演じるほか、物品の販売も賑やかに行われます。

昨日は梅雨とは思えない青空に下を、写真仲間と連れ立って祭り会場を覗いて来ました。

天気が良すぎて花の影が濃く、ちょっと撮りづらいアジサイの花でしたが、いつものようにデジブックのアルバムに仕上げております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/d015ebf781598a407f8ef98179d7c69b/?viewerMode=fullWindow

Img_9151

祭り会場のあじさい

Img_9165

Img_9213

Img_9224_2

Img_9190

背高く

Img_9196

葉陰で開きます

Img_9219

日陰に咲く花を探して

Img_9235

古民家の庭の一角で

2014年6月12日 (木)

雨上りのしょうぶ園で

毎年この時期に楽しむ横須賀しょうぶ園を、今年も写真仲間と訪れてみました。

昨夜からの雨がまだ残る時間の入園でしたので、雨滴のたっぷりと着いた花しょうぶとアジサイが迎えてくれました。

横須賀市のHPには、
>しょうぶ園は、412品種、14万株のハナショウブが3.8ヘクタールの敷地に咲き競う全国有数のハナショウブの名所です。

とあって、江戸系、伊勢系、肥後系など品種の多さに驚きます。

今日は望遠レンズとマクロレンズを取り混ぜて使い、雨滴を意識しながら様々に撮影してみました。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。
以下から、画面の右下にある拡大アイコンをクリックして、フル画面でご覧ください。http://www.digibook.net/d/4284ad93909fa00c7be87105fbde078b/?viewerMode=fullWindow

Img_9028

まだ傘の残るしょうぶ園

Img_9043

しょうぶが雨滴をまといます

Img_9052

Img_9055

Img_9062

びっしょりと

Img_9069

Img_9096

Img_9101

花びらが雨に沁みます

Img_9119

赤いアジサイも雨滴を帯びて

2014年6月 8日 (日)

雨上がりの庭で

梅雨に入ったばかりだというのに、まるで梅雨明け時期のような強い雨が二日にわたって降り続きました。今朝はやっと止んだようですが、まだ空はすっきりしません。

この時期、あちこちのバラはもう咲き終わった頃ですが、我が家の庭のバラは今が盛りです。
大分老齢のバラで、咲く時期が毎年遅くなるように思います。

見るとそのバラが昨夜までの雨に打たれて、雫をまとっています。マクロレンズを持ち出して深紅のバラの上の雨滴を狙ってみました。不精して手持ちで撮影したため、ピントの甘いものもいくつかありますが、笑って見てください。

その傍らに昼咲き月見草がそろそろおしまいの花を付けています。おまけのつもりです。

いつものようにデジブックのアルバムにしておりますが、写真数14枚の短編です。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/8f458fb7b0d9a040f64663a7cbc6879d/?viewerMode=fullWindow

Img_8980_2

雨に濡れて

Img_8990

Img_8989

蕾の上に

Img_8982

軒下に伸びた枝の先で

Img_8995

昼咲き月見草も雨滴をまとって

2014年6月 1日 (日)

若葉の頃の北信を駆ける

信濃大町の温泉郷で楽しい一夜を過ごした翌日、復路は鬼無里を通って戸隠経由し、志賀高原に登って榛名湖にも立ち寄って見ました。

鬼無里(きなさ)奥裾花のミズバショウに逢いたいと期待したのですが、今年はそこへ通じる林道が土砂崩れで不通となり、奥裾花は閉園とか。
残念なことです。

戸隠は初めての訪問でしたが、鏡池に映る戸隠の山々や、汗をかきながらの戸隠神社奥社までの往復4Kmは思い出に残ります。

今年は4/25に開通になった志賀高原を走る国道292号線は、今年は雪が多く高さ8メートルの雪の壁になったとか。横手山付近はまだその余韻を残す雪があちこちに見られました。

梅雨前でまだ残雪が豊富な北アルプスや、戸隠など北信の山々をデジブックのアルバムにしております。
ちょっと写真の枚数が多いので、お暇な折にご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/c8d5ab77a15aa84cfe44e397e3cdc69b/?viewerMode=fullWindow

Img_8790

早朝の木崎湖

Img_8823

湖面静かな中綱湖

Img_8837

白馬村青鬼集落にて

Img_8852

姫川に架かる大出吊り橋の向こうの北ア連峰

Img_8876

大望峠からの戸隠山

Img_8904

鏡池に映る戸隠

Img_8919

戸隠神社奥社に続く参道

Img_8944

まだ雪残る志賀高原の道脇

Img_8946

横手山付近で

Img_8959

芳ヶ平を見下ろします

Img_8967

山ツツジ咲く榛名湖

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »