最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

駿東に春を探して

写真仲間と、横浜で開花が発表された翌日の3/28、暖かい静岡ではもっと進んでいるかと期待して、駿東のあちこちに桜を訪ねてみました。

昨年同方面に4/4に出かけたところ、三島大社では散り始め、身延山久遠寺でも有名な樹齢400年の枝垂れ桜が散り始めており、しかも光線の具合が悪かったので、今年こそと期して当初は3/24に予定したのですが、開花が遅れ気味とのことで延期したものです。

案に相違して、残念ながら久遠寺の枝垂れには開花がまったくなく、境内の他の枝垂れを探してやっと開き始めた花を数輪見つけただけでした。

富士宮市内では、興徳寺、大石寺、浅間神社と回って、好天のもとでくっきり見える富士山と桜のコラボを狙ったのですが、富士山は申し分ないものの桜の方は染井吉野が一~二分咲きと期待にj応えてくれませんでした。

日本平まで足を伸ばして見ましたが、早咲きの枝垂れ桜にはそれなりのものがあったのが救いだったものの、少々がっかりの桜紀行でした。

いつものデジブックのアルバムにまとめております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/e914a19ba01f8ad47d8ae32751d7868d/?viewerMode=fullWindow

Img_6760_4

赤みは帯びるものの開花のない久遠寺の枝垂桜

Img_6797_2

2分咲きの桜と富士山、興徳寺にて

Img_6809_3

富士見亭と枝垂れ桜、興徳寺にて

Img_6823_2

大石寺三門と富士山

Img_6829_2

表塔中(脇寺)の中の枝垂れ桜

Img_6855_2

枝垂れ桜と拝殿、浅間大社にて

Img_6874_2

日本平ホテルの庭園と浮かぶ富士山

2014年3月25日 (火)

菜の花咲く大楠山

3/25、今日は良く晴れて温かくなりましたが、今年の桜は遅れ気味で、やっと蕾の先に赤いものが見え始めたばかり。

思い立ってミニバイクを走らせました、三浦半島最高峰の大楠山へ。
最高峰といっても標高は242㍍、桁が違うじゃないかと笑われそうですが、最高峰は最高峰です。

山頂には最高峰ゆえに、国土交通省のレーダー雨量観測所や、NTTの無線塔など様々な塔がそびえ、三浦半島が分ける相模湾と東京湾双方を望むことができます。

見下ろす横須賀軍港のうち米軍基地には、たまたま空母ジョージワシントンも入港中で、その巨体を遠目で見ることもできました。

当日のささやかな山行きを、見ることができた花々と共に、いつものデジブックのアルバムにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/a885c9d3a1dda090e128ebb15fcd06df/?viewerMode=fullWindow

Img_6715

菜の花とレーダー雨量観測所

Img_6711

観測所足元の菜の花

Img_6728

ハナモモが真っ盛り

Img_6752

オドリコソウとオオイヌフグリのコラボ

Img_6739

見下ろす横須賀軍港
米空母ジョージワシントンが見えます

2014年3月16日 (日)

春近い新宿御苑で

東京の千駄ヶ谷での、ある昼食会に参加する機会があったので、新宿から新宿御苑の新宿門から入り、早春の新宿御苑を楽しんだ後千駄ヶ谷門に抜けることにしました。

御苑では、さすがにソメイヨシノこそまだですが大分蕾のふくらみが目立ち、早咲きの陽光、寒緋桜などいくつかの桜が既に開き、サンシュユ、トサミズキなども花が開いていて、目を楽しませてくれました。

千駄ヶ谷の駅前では、派手派手のコスチュームの若者や中に、それなりのおじさんも混じって大賑わい。

国立競技場でライブショーがあるので、それに参加するとか。東京という大都会は様々です。
そんな当日の新宿御苑などを、以下のデジブックのアルバムでご覧ください。
http://www.digibook.net/d/6f84a593b1d9a09d698b6915a9cec6cd/?viewerMode=fullWindow

Img_6635

満開の陽光桜を囲みます

Img_6610

桜の向こうのドコモビル

Img_6655

水表に枝を伸ばすサンシュユ

Img_6692

青空を背にトサミズキ

Img_6676

まだ冬姿のプラタナス並木

2014年3月11日 (火)

まだ春浅い舞岡公園

絵を描く仲間達と、良く晴れた日に横浜の戸塚区にある舞岡公園に、里山風景を求めてみました。

舞岡公園は周囲が開発されるなかで、昔ながらの里山を残そうとの意図のもとに設定された公園で、公園内には飲み物などの自販機さえありません。

その分だけ自然が一杯で野鳥も多く、バズーカ砲のようなレンズのカメラを構えた野鳥愛好家が朝早くから池も周りなどで、気長に野鳥を追い求めています。

そんな里山の風景を以下のデジブックのアルバムでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/6505c3db8198a8916deb79a161c446c9/?viewerMode=fullWindow

Img_6553

広場に木が長く影を落とします

Img_6488

小谷戸の里の古民家

Img_6532

この田んぼはボランティアの人たちが耕作しています

Img_6539

田圃の上の溜池では小サギが遊びます

Img_6530

枯れ木でモズが

Img_6580

小川で餌を探す小サギ

2014年3月 9日 (日)

生田緑地民家園で

50余年振りに旧友と再会する機会があって、彼の案内で川崎市の生田緑地内にある民家園を訪れました。

建物の修復工事があちこちで行われていて、ちょっと見苦しい所もありましたが、起伏のある園内で、各地の古民家を散歩しながら見ることができるのはなかなか楽しいもので、時間を忘れます。

午前中は良い天気であったものが、午後三時近くから雲行きが怪しくなって、園内で梅の花びらが飛んでいるのかと思ったら、何と雪が舞っているではありませんか。

ちょっと寒い民家園見物でしたが、旧友との語らいも含めて、楽しい一日でした。
いつものデジブックのアルバムにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/24948dd7a1dc8ad065cf7331bddfc7dd/?viewerMode=fullWindow

Img_6449

長屋門を潜って

Img_6453

潜った先は薬屋さん、屋根はコケラ葺き

Img_6457

座敷の先に

Img_6463_2

越中五箇山の合掌造り

Img_6472

越中五箇山合掌造りの妻側

Img_6469_2

飛騨白川郷の合掌造り

Img_6483

民家の中のお雛様

 

梅散る頃の三渓園

今年の冬はひときわ寒かったように思うのですが、梅の開花は例年よりちょっと早く咲いたようで、早咲きの白梅、紅梅は散り始めているのをあちこちで見るようになりました。

そんな3/6、晴れた空に下で写真仲間と横浜の三渓園を訪ねてみました。

ここでも梅は散り始めましたが、代わってネコヤナギ、サンシュユ、トサミズキ、馬酔木などが間もない春を告げています。

大池では、渡り鳥のキンクロハジロが群れを成して元気よく泳ぎ回り、常連の鴨は池の片隅で凌いでいました。キンクロハジロはもう暫くでいなくなるとのことです。

まだまだ彩りに欠ける三渓園で、様々な立派な建物もさみしそうですが、いつものデジブックに仕上げております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/c9d5e97b80da8ad4fd09732589d487cd/?viewerMode=fullWindow

Img_6340

いつもながらの大池の向こうの 三重塔

Img_6342

キンクロハジロが群れます

Img_6435

Img_6373

サンシュユが開きます

Img_6401_2

梅の向こうの臨春閣

Img_6404_2

馬酔木の向こうの聴秋閣

Img_6421

トサミズキが開きます

2014年3月 5日 (水)

河津桜を三浦で

よく晴れた3/4の午前中、満開を期待して三浦市の河津桜を訪ねてみました。

京急三浦海岸駅の駅前は、様々の店が出て平日というのに大変な賑わい。
お蔭で駅前のひときわ大きな河津桜は見事に咲誇っているのですが、期待したメジロなどの鳥はまったく姿を見ることができませんでした。

京急の線路沿いに歩くと、小松ヶ池に向かうと根元に咲く菜の花を添えて、年々立派になる桜の木が枝を伸ばして並びます。根元あたりの幹の径は20センチぐらいにもなったいるでしょうか。

小松ヶ池について野の花を眺めながら池面に目をやりますが、いつもなら群れ遊ぶ鴨の姿がまったくありません。その先のカワセミの食事場でも、いるのはカワセミの姿を求めるカメラマンばかり。

それだけ人が多くなったということでしょうか。桜祭りの地元は大喜びでしょうが、今年はまったく小鳥の姿を目にすることのできない、ちょっとさみしい三浦の河津桜見物でした。

そんな三浦の河津桜を、以下のデジブックのアルバムでどうぞ。http://www.digibook.net/d/a984e737809da29c6de8fb93cdd6468d/?viewerMode=fullWindow

Img_6338_2

青空を背に

Img_6334_2

Img_6308

菜の花とコラボ

Img_6280

小松ヶ池

Img_6324

京急の電車が行きます

2014年3月 1日 (土)

ちょっと見の偕楽園

2/28、ある会合があって水戸をへ行き、梅で知られる偕楽園を訪れる機会がありました。

幕末動乱期の烈公、徳川斉昭が開いた庭園とされていますが、その広さはNYのセントラルパークに次ぐとか。鬱蒼とした竹林や杉林の向こうに広大な梅林が広がる様は、さすがに名にしおうものがあります。

折りしも、早咲きの梅が開き始めるのに合わせて梅祭りも開催され、ミス何とかも出て平日というのに結構な賑わいでした。

あと都合があったため、好文亭などの建物にも入れない、急ぎ足の偕楽園見物でしたが、充分に楽しむことができました。

当日の写真をいつものデジブックにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/7c55c373b01ea89069ef7915e7cec6d9/?viewerMode=fullWindow

案内してくれたK君に感謝します。

Img_6244

池に枝を伸ばす咲き始めの紅梅

Img_6254

鬱蒼とした竹林

Img_6258

中門

Img_6264_2

中門の向こうの梅林

Img_6266

左近の桜の向こうの好文亭

Img_6268

梅の向こうの千波湖

Img_6274

かわいげに

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »