最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

熱海の朝日と西伊豆の富士

10/29、熱海で開かれたある同窓会に出席した翌日、ホテルのベランダから、ちょっと雲が多目ながらも東の空の日の出を見た後、前日の雨が富士山頂では雪であったことを期待して、西伊豆に車を走らせてみました。

韮崎峠から伊豆の国市に下りると、幕末の「韮山反射炉」、頼朝の配流地「蛭が小島」などの案内板が目に入りますが、今回は素通りで、日が高くならないうちの西伊豆を目指します。

西浦に着いて期待通りの富士山にお目にかかりますが、頂上に雲があったのは何とも残念です。
その後、大瀬崎から南下して、伊田、戸田で頂上を隠す雲を気にしながら富士山を眺めつつ走ります。

先回、今年の5/17に同じコースを走ったときは海上に朝靄があって、富士山の山裾が靄の中に入って「天空に浮かぶ富士山」になったのですが、今回は割りとすっきりと見えたものの、富士山上空の雲が最後まで気にいらず、ちょっと不満の残った撮影紀行でした。

当日のアルバムをデジブックにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5944e39fb0db80d4fa87e13363c4c6cb/?viewerMode=fullWindow

以下は5/17のものです。宜しければもう一度
http://www.digibook.net/d/b044a5f7819aa288f7816b819bd7469b/?viewerMode=fullWindow

Img_3446_1

熱海の日の出

Img_3470

西浦湾の向こうに

Img_3479_2

大瀬崎の向こうに

Img_3487

井田の向こうに

Img_3503

戸田の御浜岬を見下ろして

Img_3506

戸田諸口神社の向こうに

2013年10月26日 (土)

会津西街道と奥日光の紅葉

裏磐梯を巡った翌日、会津若松の鶴ヶ城を見た後、鬼怒川に向かって会津西街道(日光街道)を走り、下郷町の大内宿と塔のへつりを訪ねました。

何れも観光バスが続々と集まり、大変な賑わい。
大内宿の駐車場では観光バスだけで30台以上が駐車していました。

鬼怒川で宿泊した翌日、日光からロマンティック街道を走って、奥日光の竜頭の滝を訪ね、小田代ケ原まで散策した後、湯の湖の紅葉を愛で、さらに金精峠を越えて吹割れの滝に立ち寄りました。

奥日光の紅葉はちょっと盛りを過ぎた感もありましたが、まだまだ目を奪われるものがありました。

デジブックのアルバムは「会津西街道で 」と
http://www.digibook.net/d/6505ab1b81dda2d8fa476931bfc6c6c9/?viewerMode=fullWindow

「奥日光、紅葉」
http://www.digibook.net/d/7744e57ba1d9a0947e00e935f1c486cb/?viewerMode=fullWindow

の2本立てと致しました。お暇な折にご覧下さい。

Img_3125

会津若松鶴が城、瓦が赤い色に変わりました

Img_3115

お八重さん時代の衣装をまとった案内人とゲーベル銃

Img_3185

賑わう大内宿

Img_3195

見下ろす大内宿

Img_3170

茅葺本陣の屋根の上の新しい茅

Img_3219

下郷町の塔のへつり

Img_3246

紅葉の中の龍頭の滝

Img_3261

龍頭の滝上流部

Img_3293

静かな湯川の流れ

Img_3313

戦場ヶ原黄葉

Img_3332

小田代ケ原

Img_3357

湯の湖紅葉

Img_3364

Img_3399

水量の多い吹割れの滝

錦秋の裏磐梯で

裏磐梯に紅葉を訪ねてみました。

早朝に檜原湖に着いて湖岸を一周した後五色沼へ、レイクラインから小野川湖、秋元湖を見下ろし、中津川渓谷では渓谷を下って遊んだ後、ゴールドラインから猪苗代湖、磐梯山を眺めました。

翌日はあいにくの天気でしたが、磐梯吾妻スカイラインも走ってみました。浄土平までの途中では時折雨が止んでくれたのですが、浄土平はまったくの霧の中になってしまいました。

磐梯山や吾妻山など標高の高いところは良く紅葉していましたが、裏磐梯の五色沼近辺はもうちょっとといった感のある紅葉狩りでした。

いつものようにデジブックのアルバムにもしております。
写真数が45枚と多めです。お暇な折に以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/88c4cd3f919aa0d1fe22eb35a1dd8789/?viewerMode=fullWindow

Img_2796

早朝の檜原湖①

Img_2831

早朝の檜原湖②

Img_2852

早朝の檜原湖③

Img_2868

五色沼のうち青沼

Img_2877

五色沼のうち瑠璃沼

Img_3025

中津川渓谷の紅葉

Img_3006

中津川渓谷

Img_3052

磐梯山紅葉

Img_3100_2

吾妻山紅葉

2013年10月19日 (土)

台風にもめげない秋の花

10月にもなって、今年は次々に台風が押寄せてきますが、皆さん無事ですか。

さまざまな被害をもたらした先日の台風26号が過ぎ去った10/17、鎌倉の駅前にある和食店で、賑やかなある昼食会に出た後、ほろ酔い機嫌でその近くにある大巧寺に、秋の花を見つけてみました。

大巧寺は小さな寺ですが狭い庭に様々な植物が丹精されていて、駅に近く拝観料もとらないせいか、行きがけの人が絶えず訪れるところです。

幸い台風もこの辺りはたいしたことがなかったせいで、狂い咲きも含めて様々な花を見つけることができました。
http://www.digibook.net/d/5bc48dd3b15aa2dc6683fba37fdd47db/?viewerMode=fullWindow

Img_2757

ちょっと気の早い椿

Img_2741

ボタンクサキが開きます

Img_2776_2

秋明菊とススキ

Img_2749

ホトトギス

Img_2761

アクビも実を結びます

Img_2735

色鮮やかなコムラサキ

2013年10月 6日 (日)

秋の飛鳥路を駆け足で

故里へ帰る用事があったので、そこから遠くない飛鳥路を駆け足で廻ってみました。

朝5時半に家を出て、新東名を経由して伊勢湾岸道路を通り、名阪国道を天理で下りれば、そこはもう見慣れた光景です。

その前を通るたびに気になる、前方後円墳の崇神天皇陵に寄って見ると、ゴイサギが我が物顔に御陵の森で騒いでいました。

用を済ませた後、橿原市のあちこちをきょろきょろながら明日香村に着いてみると、昔からの棚田が今も大事に耕され、刈り取りが始まったばかりで、折りしも案山子コンクールが催され、観光客を集めていました。
畦道に咲く赤い彼岸花が時期を過ぎていたのは残念でした。

とんぼ返りで家に帰り着いて車の距離計を見たら、その日の走行距離は約950Kmを示しておりました。

いつものごとく当日の写真を、デジブックのアルバムにしております。
お暇な折にご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/dc15c3f391198a9466e4f381a1dd078f/?viewerMode=fullWindow

Img_2656

道の傍らで咲くホテイアオイ

Img_2665

咲き残った彼岸花と頭を垂れる稲

Img_2672

コンクールの案山子と棚田

Img_2673

見下ろす棚田

Img_2685

見上げる棚田

Img_2688

稲刈りも始まって

2013年10月 4日 (金)

秋の花、さまざまに

夏を思わせるような陽気の10/3、いつもながらの神奈川県立大船フラワーセンターに、今時の秋の花を訪ねてみました。

この時期の花といえば何と言ってもコスモスですが、この間の台風のせいか、花数がちょっと少なめだったのが残念でした。

サルビア、カンナ、黄花コスモス、タマスダレ、ダリア、千日紅、鶏頭などのほか、珍しいところでは、黄色の彼岸花が元気良く咲いています。

夏の花、ムクゲ、芙蓉も咲き残っておりました。
そんな花々とフラワーセンターへの行き帰りの光景を、以下のデジブックのアルバムでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/1344ab9fa11880d1ea6b63a3f3d6c6cb/?viewerMode=fullWindow

Img_2464

行きに見た酔芙蓉は

Img_2604

3時間後の帰り道にはすっかり出来上がって

Img_2503

日差しを浴びてコスモス

Img_2476

黄花コスモスとセセリチョウ

Img_2487

サルビアの赤い世界

Img_2574

青いサルビアにセセリチョウが

Img_2550

黄色の彼岸花

Img_2538

パンパスグラスが背高く

Img_2606

柏尾川で羽を広げる川鵜

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »