最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月25日 (水)

うねり寄せ来る城ヶ島

天気予報で台風20号が八丈島辺りにを北上すると報ぜられる昨日9/24、城ヶ島を訪れました。

途中立ち寄った立石公園や荒崎公園では、それほど高い波とは思えなかったのですが、11時過ぎ城ヶ島公園に着いてみると、風も大分強くなって、沖から押寄せるうねりが、岸に近寄ると盛り上がって白く砕けて岩を打ち、しぶきが風に流される様は見飽きることはありませんでした。

折りしもアゲハの遊ぶ彼岸花が咲き、吾亦紅も開いて楽しませてくれるなか、久し振りに城ヶ島を一周して、白秋碑にも立ち寄ることができました。
その日の腰の万歩計は18,000歩弱、久し振りに歩いたような気がします。

当日の写真をいつものようにデジブックのアルバムにしてみました。
お暇な折にご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/2995cf17805a8a90eac8e38543d7c6d9/?viewerMode=fullWindow

Img_2105

途中立ち寄った荒崎で

Img_2131

城ヶ島第一展望台から、波しぶきが風に流されます

Img_2169

安房崎灯台に打ち寄せる波

Img_2194

寄せて割れ裂け砕ける波

Img_2227

馬の背洞門の向こうの波

Img_2197

アゲハの遊ぶ彼岸花

Img_2211

我も紅なり

Img_2276_2

見上げる城ヶ島灯台

2013年9月23日 (月)

鎌倉の彼岸花をもう一度

4日ばかり前に訪ねた鎌倉の彼岸花と萩ですが、どれくらい咲き進んだかと、今朝もう一度訪ねてみました。

三連休の最後の日ですので日中の混雑を避けて、9時の開門直後の報国寺をまず訪ね、その後今回は、浄明寺と鎌倉八幡宮を回りました。

鎌倉八幡宮だけが前回と重なっていますが、彼岸花は大分咲き進んだものの、日陰の部分はまだまだこれからといったところでした。

いつものデジブックのアルバムは以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/ccd4e357a09ca0dc720c6301a9dcc68b/?viewerMode=fullWindow

Img_1988

どっちが赤いかな、報国寺にて

Img_1991

桜の病葉(わくらば)色づく、報国寺にて

Img_2008

日差しを受けて、報国寺にて

Img_2009

風に揺らぐ萩の花、報国寺にて

Img_2033

さつきの中で、浄明寺にて

Img_2043

喜泉庵石庭前で、浄明寺にて

Img_2048

お茶の花にセセリチョウ、浄明寺にて

Img_2054

見上げる彼岸花、鎌倉八幡宮にて

Img_2057

満開、鎌倉八幡宮にて

2013年9月21日 (土)

鎌倉初秋

当地は良い天気の日が続きます。青空に誘われて、鎌倉に初秋の花を探してみました。

この時期の花といえばまず萩そして彼岸花でしょう。
鎌倉の妙本寺、宝戒寺、八幡宮、海蔵寺そして英勝寺を巡って、これらの花を求めましたが、この夏の暑さがひときわ厳しかったせいか、いずれも開花が遅めのようでした。

萩寺、宝戒寺の萩もやっと咲き始めたばかりなので、宝戒寺の受付で尋ねてみたら、「今年は例年より1週間ぐらい遅れている」とのこと。

萩の下にはこぼれ花を良く見かけますが、宝戒寺、海蔵寺共にまだ咲き始めたばかりらしく今年はほとんど見ることができませんでした。

彼岸花もまだまだつぼみが目立っておりました。

そんな鎌倉の初秋の花をデジブックのアルバムにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/78d58737911faa90f60af1a3ebcc8699/?viewerMode=fullWindow

Img_1902_2

咲き始めの彼岸花、妙本寺にて

Img_1926

白い彼岸花、宝戒寺にて

Img_1942

彼岸花群生、鎌倉八幡宮にて

Img_1914_2

再起始めの白い萩、宝戒寺にて

Img_1923

赤と白と、宝戒寺にて

Img_1951

階段を覆う萩、海蔵寺にて

Img_1977

すだれのごとく、英勝寺にて

2013年9月19日 (木)

葉山の夕照と富士山

台風18号の過ぎた後、まさに「台風一過」の晴天が続きます。

夕方の犬の散歩の折、雲ひとつなく晴れ渡っている空を見て思い立ち、葉山の真名瀬漁港から夕日の中の富士山を望んでみました。

夕焼けの中で輝く雲のないのはちょっとさみしい気もしますが、その分富士山が箱根の山を従えて、黒々と素晴らしい姿を見せてくれます。

暮れた後の裕次郎灯台、江ノ島灯台そして葉山マリーナの明かりがきれいでした。

いつものごとく、デジブックのアルバムにしてみました。今回は写真数20枚に満たない短編です。
http://www.digibook.net/d/a5c4a3d7805ba098eeeff1b517c787cd/?viewerMode=fullWindow

Img_1777

箱根の山の向こうに日が沈みます

Img_1848

江ノ島灯台に灯が入ります

Img_1867

江ノ島灯台(左)と裕次郎灯台

Img_1876

葉山マリーナと町明かり


2013年9月 4日 (水)

まだ真夏の皇居外苑と丸の内

桜田門外の変のあった皇居の桜田門が、長い修理を終えたとの記事を思い出し、9月に入ってもまだ空に夏雲の沸き立つ皇居外苑と丸の内を歩いてみました。

外苑はまだまだ残暑厳しい中ではさすがに閑散としていて、皇居周囲を走る人と、中国人の観光客ばかりが目立ちました。

丸の内は暑いなどとは言っておられないビジネスマンが忙しく行き交っていましたが、最近オープンしたばかりの、旧東京中央郵便局跡にできたビルKITTEは、元の某総務大臣のお声掛りで残った元の局舎を袴にはいて、人を誘っていました。
良かったのか悪かったのか?

斜め向かいの東京駅は改修直後、物珍しそうに見上げて写真を撮る人が溢れかえっていたのですが、さすがに時間がたったせいか、昨今は閑散としています。

いつものようにデジブックのアルバムに仕上げてみました。
お暇な折に以下からフルスクリーンでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/1d14c537805f8a896d47692575ccc78b/?viewerMode=fullWindow

Img_1684

お堀の向こうの桜田門

Img_1689

桜田門の枡形

Img_1705

二重橋

Img_1707

皇居正門の鉄橋、これが本当の二重橋だとか

Img_1723

丸の内仲通の狭い空

Img_1730

KITTEの6F庭園屋上から

Img_1725

東京駅を見下ろして

Img_1739

東京駅正門、賓客の出入り口です

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »