最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

梅雨時期の鎌倉散歩

梅雨がもう直ぐそこという曇り空の日、絵を描く仲間と鎌倉は長谷の界隈を歩いてみました。

江ノ電の長谷の駅を出るといつもながらの人出、長谷寺入口への狭い歩道は人であふれます。長谷寺のチケット売り場も列こそありませんが、人垣ができていました。

最近は明月院をしのぐアジサイの名所になった長谷寺ですが、さすがに五月中のこの時期は梅雨を好むアジサイらしく、まだちょっと早かったようです。それでもホタルブクロ、イワタバコ、シモツケ、キンシバイなどの花が目を楽しませてくれました。

長谷寺を後に、御霊神社、虚空蔵院、成就院、極楽寺へと足を運びましたが、極楽寺は写真撮影、スケッチは禁止との立て札が。ちょっと理由がわかりません。

その後はまた来た道を戻って、長谷寺から鎌倉大仏の光徳院へ。
光徳院は前を通るたびに修学旅行生を中心にいつも込み合っているため、敬遠していたのですが、今回は50年ぶりぐらいで中に入ってみました。

与謝野晶子が「美男におわす・・」と詠んだ大仏ですが、その気で見ると口元がちょっとおちょぼ口のように見えます。奈良の大仏に較べるとそのあたりが違うのかなと勝手なことを考えました。ちなみに奈良の大仏は盧遮那仏、こちらは浄土宗の阿弥陀如来です。

光徳院を出て今度は鎌倉文学館へ。ここで仲間と合流して、咲き残るバラや、館内の太宰治に関する展示などを楽しんだ後、一杯。

盛りだくさんの散歩で、それなりにくたびれました。当日の万歩計は14,000歩を越えておりました。

いつものごとく当日の写真をデジブックのアルバムにしております。
お暇な折に以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/445587dfb0ddaa8cfc497193e5ce06c9/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true

Img_0103_2


咲き始めのアジサイ、長谷寺にて

Img_0122_2

鉢植えのアジサイ、長谷寺にて

Img_0135_3

イワタバコの花、長谷寺にて

Img_0145_2

キンシバイ、長谷寺にて

Img_0159

江ノ電、御霊神社前にて

Img_0181

色づき始めたアジサイ、成就院にて

Img_0235

鎌倉大仏、光徳院にて

Img_0255

バラと鎌倉文学館

2013年5月26日 (日)

梅雨前の北アルプス後立山観望

二十歳代の前半に長野県大町市の工場に勤務したことがあって、そこから見える北アルプスの後立山連峰はさまざま思い出が残ります。

当時はまだ工場勤務の場合は日曜だけが休日でしたので、その山々へ登るには日帰りをするしかありませんでした。

早朝に独身寮でおにぎりを作ってもらい、そのおにぎりと水だけをもって、南は餓鬼岳から北は唐松岳まで、季節を変えて何度も登りました。

唐松から五竜へ続く稜線で、後から気が付くと雪庇の上を歩いたような気がしてゾーっとしたり、五竜から遠見尾根に続くカールのまだ雪が残っていて、その所々が凍ったままで足を滑らせたりと苦い思いでもいくつか残ります。

今回はそんな思い出の後立山の雪の残る山々を、梅雨前の晴れた日に、あるいは遠くから、さらには近くからも眺めたいと、写真仲間と二日にわたってドライブしてきました。

いつものごとくデジブックの、コースに従うアルバムにしております。2編に分けておりますので、お暇な折にご覧下さい。

梅雨前の後立山観望①
高ボッチ、鷹狩山、中山高原、小川村そして白馬村
http://www.digibook.net/d/7895a9db90dea8c077c6e337f9de469d/?viewerMode=fullWindow

梅雨前の後立山観望②
白馬村、仁科三湖、鹿島槍スポーツヴィレッジそして穂高
http://www.digibook.net/d/0894c397b1d9a2c07324e9b79bcc06cd/?viewerMode=fullWindow

Img_96981

ガス流れて、高ボッチにて

Img_97281

大町市外の向こうの後立山連峰、鷹狩山にて

Img_97931

鹿島槍、中山高原にて

Img_98051

水車小屋のある風景、小川村にて

Img_98541

雲の出始めた山々、小川村にて

Img_98761

鯉での吊り橋、白馬村にて

Img_98891

田植時期に、栂池付近にて

Img_99291

棚田に映る山々、青鬼にて

Img_99571

青鬼の里

Img_100011

中綱湖脇を走る大糸線の電車

Img_99901

カヌー教室、青木湖にて

Img_100181

間近に見る鹿島槍、鹿島槍スポーツヴィレッジにて

Img_100351

水清く、大王わさび農園にて

2013年5月19日 (日)

天空に浮かぶ富士山

前夜に激しい雨の降った5/17の早朝、天気図を見ると北から高気圧が張り出し天気は回復しそうです。風さえあれば富士山がすっきり見えるはずと、西伊豆まで車を飛ばしてみました。

午前2時過ぎに家を出て、まだまだ深夜の道を箱根峠から三島に下り、西伊豆の入口内浦についたのは4時半頃。まだ日は出ませんが、夏至も近くなった今頃はもう明るくなり始めています。

うっすらと見え始めた富士山の姿を見ながら、大瀬崎に着いて海岸に出てみるとちょうど日の出です。富士山の頂上右側に日が差して白く輝きますが、全体としてはまだまだ灰色にぼんやりとしています。

その背後の山や井田の煌めきの丘、出逢い岬などで写真を撮って道草を食いながら、戸田まで行くと、伊豆の脊稜をから戸田の町に朝日が差し始めていました。

帰りは来た道をそのまま辿り、往路とは約1.5時間後の駿河湾の向こうの青さを増した富士山をもう一度カメラに収めてみました。

空は期待通り良く晴れたのですが、北風が思ったほど吹いてくれず、早朝から駿河湾の漂う靄は最後まで晴れずに漂ったままで、終始富士山は靄の上に浮かんでいました。

いつものごとく当日の写真をデジブックのアルバムにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/b044a5f7819aa288f7816b819bd7469b/?viewerMode=fullWindow

Img_9555

まだ明けきらぬ内浦の海

Img_9558

大瀬崎の日の出

Img_9580

日の出頃の大瀬崎の向こうの富士山

Img_9605

井田の向こうの富士山

Img_9610

朝日差す戸田の背後の山々

Img_9622

戸田諸口神社の向こうの富士山

Img_9650_2


午前7時過ぎの大瀬崎と富士山

2013年5月10日 (金)

薔薇、バラ、ばら

5/9、良く晴れ気温の高い朝、地元の写真仲間と横浜の港の見える丘公園と山下公園に、真っ盛りのバラを訪ねました。

どちらの公園もそうバラの株数は多くないのですが、種類は多く手入れが行き届いています。

時期を過ぎるとみすぼらしくなった花が目立つようになりますが、まだその時期には至らず、どの花もシャキとしておりました。

両公園の真っ盛りのバラの数々を、以下のデジブックでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/4304e77bb19a8a887706fb0323cc86d9/?viewerMode=fullWindow

Img_9417

港の見える丘公園のイギリス館とバラ

Img_9420

様々な色が

Img_9455

乙女達

Img_9500

華やかに

Img_9493

バラの向こうの氷川丸、山下公園で

Img_9513

深紅に

Img_9452

優しげに

Img_9471

穢れなく

Img_9533

高貴に

2013年5月 6日 (月)

立てばシャクヤク・・・

立てばシャクヤク、座ればボタン・・・
いずれ劣らぬ豪華な花ですが、ボタンの花はもう見る影もない姿となって、今はシャクヤクの季節。

大船フラワーセンターにはシャクヤク園があって、各種のシャクヤクが揃い、手入れも行き届いています。

何回か足を運んでいますが、早かったり遅かったりで、ちょうどその時期にめぐり合わせたことは一度もありません。近所のシャクヤクの咲き具合やインターネットの情報を元に今年こそと出かけて見ました。

ちょうどGWの最中でもありますので、混み合うのを避けて開園早々にはいることにし、それまでの時間つぶしを、これもインターネットでシャクヤクがきれいとされている、玉縄にある龍宝寺を当てることにしました。

龍宝寺は曹洞宗の古刹で、新井白石が寄進したこともあるという立派なお寺です。
シャクヤクの方は良く咲いているのですが、周囲に厳重な柵があって近寄ることのできないのが玉に瑕。

フラワーセンターへ開門時間に回ってみると、何ともう20メートル以上の人の列です。
やっと券を買ってシャクヤク園に急ぎましたが、皆さん思いは同じようで既に人が取り巻いておりました。

シャクヤクの方は思いが届いたのか、素晴らしい色と姿を見せてくれました。

いつものごとく、デジブックのアルバムにしております。
写真の数がちょっと多めになったのでお暇な折に、以下からゆっくりご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/1045cdd7b1d8a88df3077995d5cf07cb/?viewerMode=fullWindow

Img_9305

龍宝寺、参道脇にシャクヤクが

Img_9316

柵越しのシャクヤク

Img_9288

Img_9392


Img_9392_2

大船フラワーセンターのシャクヤク園

Img_9383_2

Img_9345

風に花びらが揺れ動きます

Img_9360

豪華に花開きます

Img_9363

Img_9387





2013年5月 4日 (土)

もう咲き始めた今年のバラ

朝夕のワン公の散歩道で、あちこちの庭のバラが咲き始めているのを目にするようになりました。

昨年は5/8に訪ねた横須賀のヴェルニー公園ですが、桜が早く咲いた今年ですので、どんな具合かなと訪ねてみることにしました。

入ってみると、まだ咲き始めですが花弁は充分開いていて花は新鮮でした。この頃の花弁はしっかりしるので姿良く見ることができます。

対岸の軍港側には米軍と自衛隊のイージス艦が停泊していて、ちょっと北朝鮮への警戒が緩んだのかなと余計なことを考えていたら、自衛隊の潜水艦3隻でラッパと共に朝礼が始まるのを目にすることができました。

横須賀軍港の様子とヴェルニー公園のバラを一緒にご覧下さい。
いつものようにデジブックのアルバムにしております。以下からどうぞ。
http://www.digibook.net/d/c2148bf390db80c4f38be3a349d687dd/?viewerMode=fullWindow

Img_91591


自衛隊のイージス艦「てるつき」

Img_91741

自衛隊潜水艦3隻の朝礼(?)

Img_91821

朝日を受けて開きます

Img_91871

Img_91851

Img_92521

近寄ってみれば

Img_92271

Img_92441

2013年5月 1日 (水)

ゴールデンウィークの箱根で

今年のゴールデンウィークが前版と後半に分かれて、前半は良い天気が続きました。
その前半の最後の日4/29に、天気につられて箱根へドライブに出かけてみました。

道はもっと混むかと覚悟したのですが、箱根峠まで1時間半程のドライブで、平日の朝早くと変わらず以外な感じがしました。

まずは大観山から芦ノ湖を見下ろし、かなたのまだ雪を頂く富士山を楽しんだ後、山の上ホテルのツツジ園へ。
箱根は麓に比べると気温が5、6度低いので、期待した様々なツツジはまだまだこれからといった風情。隣り合うシャクナゲ園が咲き始めていて様々な色を見せてくれました。

その後は仙石原の湿性花園に回ってみました。
前回訪れたのは秋でしたが、さすがに春は花が豊富で様々な草花を見ることができましたが、期待したミズバショウは時期を過ぎていて、大きな葉ばかりが目立っていました。

いつものようにデジブックのアルバムに仕立てております。
お暇な折に以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/1455afb7a01ca08cfb29e3a5afd787d9/?viewerMode=fullWindow

Img_9028

新緑の芦ノ湖と富士山、大観山にて

Img_9043

山のホテルのツツジ園

Img_9092

数少ない開いたツツジ

Img_9056


見上げるシャクナゲ

Img_9072

シャクナゲ華麗に


Img_9125

高山植物ハクサンチドリ、箱根湿性花園にて

Img_9131

コマクサ

Img_9142

濃い目のイカリソウ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »