最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 今年の桜、横浜で | トップページ | 桜散る後の花、花、花 »

2013年4月 1日 (月)

東駿の桜を訪ねて

3/30、桜を期待して、あるバスツアーで三島大社、富士山本宮浅間大社と身延山久遠寺を訪ねました。

今年の桜は例年になく早く開いたので盛りを過ぎるのではと心配したのですが、暫く寒い日が続いたせいで、期待以上の桜を楽しむことができました。

淡い色の枝垂桜はいずれも盛りを過ぎ葉を出し始めていましたが、濃い目の枝垂れは頃合、ソメイヨシノは散り初めてはいましたが、それも風情を添えてくれてまだまだ見ることができました。

天気がハッキリせず、光の弱かったことが心残りです。

いつものようにデジブックのアルバムにしております。フルスクリーンでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5e54e597919fa2cce666f9a765d4c68b/?viewerMode=fullWindow

Img_8159

三島大社の摂社厳島神社と桜

Img_8146_2

花筏浮かぶ池に枝垂桜が

Img_8176

桜の向こうの三島大社本殿

Img_8214

富士山本宮浅間神社の楼門前で

Img_8221

桜越しの浅間神社拝殿

Img_8250

曇り空に下の枝垂桜と久遠寺

Img_8265

Img_8294

Img_8294_2

白モクレンとミツバツツジ

Img_8324

葉が出始めた枝垂桜

« 今年の桜、横浜で | トップページ | 桜散る後の花、花、花 »

コメント

いつものことながら、春は空の青さが足りずどうしても花が沈んでしまいますね。 花筏や枝垂れの一枝など、空を入れない風景の切りとり方がすばらしいですね。うしろぼけの具合も、ぼけた後ろの花にも自分を主張してささやいてくる言葉を感じます。 月に一度づつ三島に通っていますが、この風景ははじめて拝見しました、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東駿の桜を訪ねて:

« 今年の桜、横浜で | トップページ | 桜散る後の花、花、花 »