最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月22日 (金)

梅咲く頃の鎌倉で

2/21、良く晴れ渡った空の下の鎌倉で、今年の春を探してみました。

今年は厳しい寒さのせいで、どこでも梅の開花は遅れているようですが、鎌倉でもやっと開き始める陽気になりました。

込み合う前にと思って10時前に家を出たのですが、最初に訪れた浄明寺では写真の愛好家らしい一団がもう撮影を済ませて、今度はどこどこだととの会話を交わしておりました。

例によってバイクを使いましたので、良く晴れた空の割には吹く風が冷たく感じられ、2月は「光の春」といわれる所以を実感した2時間余りの、鎌倉駆け足散歩でした。

鎌倉で見つけた梅、節分草、福寿草、ミツマタ、河津桜などの花を、デジブックのアルバムにまとめております。
以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/d3558d7b801e8410e1e5eb212ddec69f/?viewerMode=fullWindow

Img_7061_2

紅白の梅と本堂、浄明寺にて

Img_7068

すっきりとした空の下で、浄明寺にて

Img_7118

節分草、浄明寺にて

Img_7136

緑鍔梅、報国寺にて

Img_7153

ミツマタ開く、荏柄天神にて

Img_7169

紅梅と荏柄天神社

Img_7180_3


八重の白梅、英勝寺門前にて

Img_7220

白梅と鐘楼、海蔵寺にて

Img_7191

福寿草、海蔵寺にて

2013年2月17日 (日)

蝋梅、雪に耐えて

2/15、参加したバスツアーは川越市を訪れた後、秩父の長瀞宝登山へ。

ロープウェーの下の乗り場では雨でしたが、5分ばかりの乗車で上に着いてみると雪に変わっていました。上の標高は490メートル余、標高差は236メートルで随分変わるものです。

雪降る中ですから、秩父の名山武甲山、両神山はまったく見えず、雪を被った蝋梅、マンサク、福寿草などが、寒さに耐えながら我々を慰めてくれているようでした。

いつものごとくデジブックにしてみました。
雪を被って震える花々を、以下からご覧下さい。http://www.digibook.net/d/99548d13b1598654e1436b9171c406db/?viewerMode=fullWindow

Img_6941

雪を擁いて、マンサク

Img_7054

寒さで花は開かず、じっと耐える福寿草

Img_7023

雪被る素芯蝋梅

Img_7005

Img_6983

立ち木も雪景色

2013年2月16日 (土)

雨の日の川越、町歩き

ある日帰りのバスツアーに参加してみました。

行き先は川越と秩父の宝登山。
あいにく天気予報はそれぞれ雨とみぞれ、暗い気持ちの出発でした。

後者は続編に譲るとして、まずは、予報通りの雨の中の川越の町をご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/4604a53b90198c14e9a3638117cc86db/?viewerMode=fullWindow

Img_6908_2

傘の花が咲きます

Img_6861

重厚に

Img_6891

桜の古木の向こうの喜多院本堂

Img_6883

東照宮
日光、久能山、上野、川越、まだある?

Img_6925

川越城本丸御殿

2013年2月10日 (日)

冬の横浜中華街散歩

一昨日2/8は北風の吹く寒い日でしたが、ある昼食会があってので横浜の中華街まで出かけました。

暫くゆっくり歩く機会がなかったので、ちょっと早前に家を出て昼食会まで時間、物見高く中華街を歩いてみました。

2/9からは春節で賑わうはずですが、当日はまだそれらしい気配もありません。
いつもの天津甘栗客引きは相変わらずでしたが、中華街全体が随分きれいになったなとの印象がありました。

市場通りで見つけた「頑張れにっぽん、加油」の垂れ幕は何やら嬉しくなるような気がしましたが、これは、中学校の校門にも「国父記念」の文字が入っているように、この中華街が中華民国すなわち台湾の流れを引くせいでしょうか。

いつものごとくデジブックのアルバムにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5d8585dbb1db8e59694679a7a5c707cf/?viewerMode=fullWindow

Img_6839_4

善隣門から中華街の本通に入ります

Img_6842

老舗の大中華料理屋が並びます

Img_6768

ガラスで仕切られた中で、身に着けている物も清潔そう

Img_6776

山下公園側の朝陽門

Img_6812

市場通りの垂れ幕

Img_6832

関帝廟で

2013年2月 9日 (土)

早春の花を北鎌倉で

春一番の温かい風が吹いた2/7、北鎌倉の円覚寺と明月院に早春の花を探してみました。
今年のひときわ厳しい寒さのせいか梅の開花は遅れ気味。

蝋梅とマンサクの黄色だけが目立ちました。
そんな数少ない梅の開花と黄色の花達を、いつものようにデジブックのアルバムにしてみました。

ちょっと写真の枚数が多くなったので、お暇な折にご覧下さい。http://www.digibook.net/d/99d58b3b905aae55f1a073a1b9d687cd/?viewerMode=fullWindow

Img_6569

通勤していた頃、いち早く咲いて季節を教えてくれた、
北鎌倉上り線ホーム脇の梅の花

Img_6603

円覚寺大方丈脇で見つけた日向ぼっこする水仙

Img_6651

円覚寺黄梅院のマンサク

Img_6671_2

Img_6634

円覚寺如意庵の寒椿

Img_6698

明月院の蝋梅

Img_6699

Img_6728

明月院で見つけた一輪だけの紅梅

2013年2月 2日 (土)

ふるさと散歩

実家へ帰る機会があってので、朝夕に故里を歩いて見ました。

奈良盆地の南に当たる故里からは、東に三輪明神の神体をなす三輪山、西に大和三山の耳成山、畝傍山その向こうに金剛山、葛城山、南にこれも大和三山のうちのひとつ香具山などを見ることができます。

子供の頃はなかった広い道路ができ、市街地化が進む一方、ここでも耕作放棄地があちこちに目立ちますが、川の流れは変わりません。

変哲もない風景ばかりですが、わが故里の情景をデジブックのアルバムにして見ました。
お暇な折にご覧下さい。13/1/27

http://www.digibook.net/d/d895ab77a01aac1d618473852bcec6dd/?viewerMode=fullWindow

Img_6384

朝日を浴びて、三輪山と大鳥居

Img_6371

寺川の向こうの二上山

Img_6389

長谷川の流れに水鳥が

Img_6402
三輪明神参道

Img_6413

ワン公もお参りでしょうか

Img_6381

蝋梅があちこちでほころびます

Img_6450

夕景の耳成山と葛城山

Img_6461

暮れなずむ二上山


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »