最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月25日 (火)

師走の鎌倉で

良く晴れた12/24クリスマスイブの日、鎌倉の駅前である写真展を鑑賞した後、思い立って逗子まで歩いてみることにしました。
土地柄か、クリスマス気分も充分でなく、正月準備もまだ進まぬ鎌倉の町でしたが、歩けば何かの発見があります。一緒にお歩きください。
帰宅後の腰の万歩計は18千歩を超えていて、うっすらと汗をかいた良いウォーキングでした。

いつものごとく、カメラを肩にしていたのでデジブックにしてみました。
以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/0e45891ba05aac50fc21698763cec6cb/?viewerMode=fullWindow
Img_5748

あるオーダーシャツのお店はおしゃれです。

Img_5751_2

さりげない蕎麦屋

Img_5785

荏柄天神にて

Img_5855

杉本寺の仁王さん

Img_5874

報国寺の落ち葉

Img_5879

報国寺、竹の庭へのアプローチ

2012年12月20日 (木)

イルミネーション、東京ドイツ村で

地元の写真クラブのメンバーと、今年の関東三大イルミのひとつといわれる、千葉県袖ヶ浦市の東京ドイツ村を訪れるバスツアーに参加してみました。

ツアーは、「歳末お買物&干物詰め放題、東京ドイツ村イルミネーション」なる、まことに長たらしいタイトルです。歳末お買物&干物詰め放題には何の興味もないのですが、途中、「をくづれ水仙郷」なる早咲きの水仙で知られる地を訪れてくれることになっています。

今年のをくづれ水仙郷は、ことのほか寒い12月であったせいか水仙の開花は遅れ気味で、物足りないものがありましたが、さすがはツアーです。そこそこに咲いているところに案内してくれたのは見上げたものです。

午後4時過ぎ、まだ夕焼けが残る時間に東京ドイツ村へ到着。広大な芝地を覆って設置されたLEDは200万球にも登るとか。
都内のイルミネーションとは違って芝地の起伏をうまく使った配置で変化を付け、なかなかの壮観でした。

詳しくは以下のデジブックのアルバムでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/0e84cdd3b19bae58f0c6f9277bc44699/?viewerMode=fullWindow

写真数がいつもより多くなっています。お暇な折にご覧下さい。

Img_5179
をくづれ水仙郷の咲き始めた水仙

Img_5276_2

薄暮の東京ドイツ村イルミ

Img_5265

チューリップの向こうに

Img_5336

光の噴水とフラミンゴ

Img_5426

遠くに観覧車が

Img_5482

光のトンネルに向かいます

Img_5556

光のトンネルの中で

Img_5580

光のトンネルの向こうの観覧車

2012年12月 7日 (金)

逗子市の蘆花記念公園あたりで

逗子市にある蘆花記念公園では木にほとんで手が入らず、例年見事な紅葉を見せてくれるのですが、今年は梅雨時期に来襲した台風の潮風に葉が痛めつけられ、一旦落葉した後に二度吹きしたものが多かったせいか、紅葉が遅れがちとなりました。色も例年とはちょっと違うように見受けられます。

そんな蘆花記念公園の紅葉を楽しんだ後、風が強く波が逆巻く海岸へ出てみました。
よく晴れた空に下で、江ノ島、富士山は姿を見せていますが、いつもは穏やかな逗子の海が別のように見えました。

そんな遅めの湘南の紅葉と逗子の海をご覧下さい。
いつものようにデジブックのアルバムにしております。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/2dc4a37b90998c1d64467b11c7d60789/?viewerMode=fullWindow

Img_5015_2

公園の蘆花記念文学碑の近くで

Img_5061_3

古墳へ向かう山道で

Img_5074_2

第二休憩所の前で

Img_5071_2

真っ赤に燃えて

Img_5101_2

逆巻く波の向こうの江ノ島と富士山

Img_5130_4

押し寄せる波

Img_5124

2012年12月 1日 (土)

日比谷公園と都心の紅葉

11月末、絵を描く仲間達と日比谷公園へ行く機会がありました。

JR有楽町に近い有楽門から公園に入ると、秋の低い日差しが紅葉した木々の影を造ります。
第一花壇から大噴水のある広場、松本楼の脇を通って、鶴の噴水のある池に出ると、赤、黄色に染まった木々が周辺の高い建物と一緒に水に映りこんでいます。

様々に写真に撮った後、絵を描く仲間を置いて皇居の回りを一巡りすることにしました。
まずは二重橋広場に出た後、桜田門へ。その後は議事堂、最高裁判所などを左に見ながら半蔵門、千鳥が淵公園に入った後代官通を通って北の丸公園に入ります。

皇居の周辺道路は最近ランニングをする人が増えたと報じられていますが、なるほど引きもきらず老弱男女が走っていて、中には外人の姿も少なくありません。ルールがあるらしく、いずれも皇居を左回りに走るようです。私は右回り。

北の丸公園では、ケヤキ、イチョウが立派な紅葉姿を見せてくれ、もみじ林も良い色をしておりました。

平川門から先日も訪れた東御苑に入ります。二の丸庭園にはもみじは多くはありませんが、池の端にある一本のもみじが松に囲まれて輝いていました。

その後は大手門を出て、清水門を眺め外苑を通って日比谷通りに出て、かつてマッカーサー元帥が司令部を置いた第一生命のビルなどを眺めながら帰途につきました。

その日の腰の万歩計は20,000歩を超えておりました。よく歩いたものです。

日比谷公園の紅葉と皇居一周での紅葉を二つに分け、2本立てのデジブックのアルバムにいたしました。時間のある折に、以下からご覧下さい。

「日比谷公園、紅葉  
http://www.digibook.net/d/c044ed9b811c8e19f46beb0719c606cd/?iewerMode=fullWindow
「都心の紅葉」
http://www.digibook.net/d/58c5eb1b909ba618e04ae3031bd5868f/?viewerMode=fullWindow

Img_4782

日比谷公園の大噴水

Img_4793

鶴の噴水のある池

Img_4810

Img_4833

松本楼の前で

Img_4888

千鳥が淵ニ枝を落とす桜紅葉

Img_4901

北の丸公園ノ紅葉

Img_4968

東御苑二の丸庭園の、諏訪の茶屋

Img_4979

池に映りこみます

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »