最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 紅葉を訪ねて箱根へ | トップページ | 紅葉、朝日の中の談山神社と雨降る長谷寺で »

2012年11月28日 (水)

紅葉の頃の京都御所

11/24三連休の中の日、翌日甥の結婚式が予定されていたので、関西まで遠出をすることになりました。

目的地は奈良県桜井ですが、ちょうどこの時期は京都の紅葉の見頃であることと、学校、会社そして写真でも先輩のY氏が主宰する、「フォト禅」なる写真クラブの発表会が開かれているので、これを見学することも兼ねて、京都を経由することにしました。

朝4時過ぎに家を出て東名を御殿場まで行った後、新しく開通した新東名に入ると、三連休の中とは思えぬ少ない交通量で、快適に三ケ日まで出ることができました。その後は伊勢湾岸道路、東名阪そして新東名を経由して草津まで、まずまずの快調なドライブをすることができました。

ところがそれから名神の京都東ICまでが大変、順調なら15分ぐらいのものでしょうが、1時間以上掛かってしまいました。やはり京都へは紅葉時期、草木もなびくようです。

最初に立ち寄った「フォト禅」の発表会は、作品が全て全紙のプリントの立派なもので、さすがに山本健太郎氏の指導された諸氏の作品だけに見応えがありました。いずれも風景写真ですが、「風景写真」とは、世の人が見慣れぬ世界を紹介することだと定義するならば、まさにそのとおりのような世界に案内してくれました。寒い中や危険な場所に三脚をしっかりと据えて撮影される姿勢に敬意を表します。

その後は、Y氏の案内で込み合う京都の紅葉名所は避けて、京都御所の御苑へ。良く手入れされた大木の松の間に点在する銀杏やもみじの木がそれぞれに色付き、見事な色を見せてくれました。

その様子は下の写真や、いつものデジブックのアルバムで以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/9195e3b3911aa454ec6c6b1389d7469d/?viewerMode=fullWindow

Img_4363_2

松の間で

Img_4277

真っ赤に染まって

Img_4361

折り敷いて

Img_4283_4

背の高いもみじ

Img_4323

練塀を背景に

Img_4348

色とりどりに

Img_4382

まだ残る桜葉

« 紅葉を訪ねて箱根へ | トップページ | 紅葉、朝日の中の談山神社と雨降る長谷寺で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すばらしい作品ありがとうございます。夏の御所を見た眼にとってあらたな美しさを感じます。
家内も京都好きなので二人でたのしく見させていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の頃の京都御所:

« 紅葉を訪ねて箱根へ | トップページ | 紅葉、朝日の中の談山神社と雨降る長谷寺で »