最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

まだ来ぬ春の河津桜

既に桜祭りが開かれている伊豆の河津町、南伊豆市(みなみの桜)ですが、今年の寒さで開花は随分遅れています。

昨年2/21に訪れたときはほとんど満開だったのに、今年は木毎に数輪開いているきり。比較的開花が早目とされる河津桜の原木もやっと1分咲きとされる有様です。

そんな哀れな早咲きの河津桜を訪ねるバスツアーですが、既に予約してあり中止の連絡もないまま、朝から降りしきる雨の中出かけることになりました。
南伊豆市の「みなみの桜」に着いた頃には雨は小降りになったまでは良かったのですが、肝心の桜の方は報じられている通りの咲き具合、なんとも寂しい限りです。

祭りの期間中がこれでは余りに寂しいからと、イベント会場裏の桜の2~3本ぐらいに冬眠打破剤なる薬液を使用したとかで、処理された木には開花が見られましたが、既に葉が出始めている状態で、何か場違いな感じがありました。

河津町に回ってみても同じような様子で、桜祭りゆえの出店の数ばかりが多く、その店もいくつかは閉じたままで、我々同様大型バスでやってきた観光客も花見特有の浮かれた様子はまったく感じられませんでした。

雨の降った日の、そんな寂しい河津桜ですが、探して撮った花の様子をデジブックにしてみました。

http://www.digibook.net/d/e915ab3fb01fa64cee8b7b8385c5469b/?viewerMode=fullWindow

Img_6152

冬眠打破剤を使って開花したみなみの桜

Img_6158

Img_6131

雨滴を帯びる河津桜

Img_6133

Img_6208

河津町でも冬眠 打破剤を使って開いた花の下だけが賑わいます

Img_6139_2

雨後で心なし下向きの菜の花

2012年2月17日 (金)

は~るよ来い~

例年にない今年の寒さがいつまでも続き、今年の春はいつ来るのかと思いやられる毎日です。

寒さに負けて外へ出る気にもならず、犬の散歩以外は外へ出ることのない日々が続いています。

暇に任せて、過去の写真を保存しているパソコンのHDを整理することにし、ついでに過去のこの時期の写真を引っ張り出して、眺めています。梅の開花で見ると、今年は間違いなく例年より春の来るのが3週間以上遅いようです。

そんな過去の写真から、冬から春にかけての写真をデジブックのアルバムにしてみました。

保存している写真はRAW画像ですので、現像ソフトであらためて現像し直してみると、また違った写真になります。アルバムの写真はいずれも、あらためて現像し直したものばかりです。

既にご覧頂いた写真もあるかもしれませんが、フレッシュな現像でもう一度ご覧下さい。

デジブックはこちらから

http://www.digibook.net/d/c6d4e7f3a0de86986146e3a511c507dd/?viewerMode=fullWindow

Crw_5059

冬の寒さの厳しい日、逗子海岸の向こうの富士山

Crw_9267

ひときわ早く咲く逗子市郷土資料館の紅梅

Crw_9522

白梅は一足送れて

Crw_4914_2

桃の花が続きます

Crw_9535

伊豆に沈む日

Crw_4262

湯河原、幕山公園の梅園

2012年2月12日 (日)

梅は咲いたか

今日は良く晴れました。
二、三日前から近くの公園で、紅梅の開花が目立ち始めたので、そろそろ鎌倉でもと思いバイクを走らせてみました。

気の早い花が木毎にいくつか咲いていましたが、まだまだほんの数えるほど。
蕾はかなり膨らんでいますので、この1週間ぐらいで見頃かなとは勝手な希望的観測です。

昨年は1/17に訪れて満開近くでしたから、今年は都合3週間以上遅れていることになります。

毎年訪れている報国寺、覚園寺、荏柄天神、英勝寺、海蔵寺の梅と様子と、今が見頃の福寿草などの花をご覧下さい。

これも毎年訪れる浄妙寺は門前から覗いたところ、まったく花の姿がなかったので割愛しました。

いつものデジブックはこちらからお入りください。
http://www.digibook.net/d/e454e597b1dbaed9ed62691795d547cb/?viewerMode=fullWindow

Img_6009

朝日差す報国寺の庭

Img_6025

ひとつの梅ノ木にこれだけの花、覚園寺にて

Img_6046

荏柄天神の紅梅

Img_6072

英勝寺の門前で

Img_6100

海蔵寺の福寿草

Img_6107

福寿草の上の紅梅

2012年2月 6日 (月)

立春の日の上野公園

今日は久方ぶりに、気温が高めで雨になりました。インフルエンザが蔓延している折柄、歓迎すべき雨かと窓を眺めています。

先日、ちょっと寒さの和らぎ晴れ上がった立春の日に、東京である昼食会の予定があったので、またまた早めに家を出て、今度は上野公園を歩いてみました。
目的は東照宮の冬牡丹でしたが、折角だからとJR鶯谷駅からまずは東叡山寛永寺へ、その後、東京芸大の門前から国立博物館、国立科学博物館、東京文化会館、国立西洋美術館と名立たるカルチャーゾーンを眺めながら、東照宮、そして不忍池までのウォークです。

折りしも国立博物館では「北京故宮博物院200選」なる特別展が開催中で、門前はまだ行列には至らないものの結構な賑わいでした。時間があれば覗きたいところですが予定が控えているため、他の美術館同様に門前で我慢です。

東照宮の冬牡丹は有名ですが、先日の雪が日陰ではまだ消え残り、昨今の厳しい寒さのせいか、心なしか元気がないように見受けました。ジグザグの通路脇に一列に牡丹が植栽されているため、間近によって牡丹の花を見ることができるものの、鎌倉八幡宮の牡丹園に比べると変化に乏しくて、牡丹園としては面白さに欠けるかなというのが印象です。

そんな牡丹園の花と上野の山にそびえる立派な博物館、美術館の建物の数々を、いつものデジブックでご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/5e14afdb909d84d871c771255bd6869b/?viewerMode=fullWindow

Img_5877

国会図書館に属する国際こども図書館

東洋一の図書館を目指し、明治39年に旧帝国図書館として創建されました。

Img_5891

東叡山寛永寺の根本中堂

Img_5896

旧東京音楽大学奏楽堂

木造の本邦初めてのコンサートホールです。

Img_5911

国立西洋美術館とロダン「カレーの市民」像

Img_5938_2

東照宮の冬牡丹

Img_5941

ちょっと黄色味を帯びて

Img_5954

Img_5945

色濃い蝋梅

Img_5967

今年初めて見た梅の開花

Img_5986

冬姿の不忍池と弁天堂

2012年2月 3日 (金)

小雪舞う城ヶ島で

ある撮影会に参加して、三浦半島の先端、城ヶ島へ行ってきました。
八重の水仙は咲いていましたが、あいにくの小雪がちらつく寒い日で、海の色も鈍色でした。
そんな冬の寒い日の城ヶ島の、水仙、海と空の光景をご覧下さい。

いつものごとくデジブックに仕上げました。

http://www.digibook.net/d/fcc5c9bb815eacd1ede0f325b9c706db/?viewerMode=fullWindow
時間のある折にご覧下さい。

Img_5722

八重の水仙

Img_5732 Img_5762

安房灯台

Img_5800

砕ける波

Img_5821

ウミウ群生

Img_5833

見下ろせば

Img_5839

馬の背洞門

Img_5844

光る海

Img_5870

空晴れた後に

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »