最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

三輪明神(大神神社)と法隆寺

亡母の一周忌で奈良の桜井に帰る機会がありました。

昨年の葬儀の時も随分寒い思いをしたのですが、今年もひときわ寒い冬空の下でした。法事は11時頃から予定されていたので、当日朝運動がてら三輪明神まで歩いてみました。

住まいする逗子とは夜明けが2~30分ぐらい遅くなるので、いつもの時間に外へ出てみるとまだ暗闇が残っています。寺川を渡り、長谷川を越えて三輪明神まで、子供の頃は随分遠いと思ったのですが、道が良くなったこともあって所要は30分ぐらいだったでしょうか。

三輪明神へ着いた頃は大分明るくなっておりましたが、まだ常夜灯が残っており、幻想的な参道を歩くことができました。

三輪明神は三輪山がご神体であるため、拝殿こそありますが本殿はありません。そのせいか拝殿は非常に立派です。早朝のこの時間はこのお宮さんで働く人達の出勤時間でもあるようで、そんな人達が参道脇の摂社や手水場など一つ一つに頭を下げながら参道を行くの光景が珍しく感じられました。

我が家は「融通念仏宗」という浄土宗よりも古い宗派で、その本山が大阪の平野にある大念仏寺であるため、翌日納骨のためそこを訪れました。大念仏寺の本堂は大阪で一番大きい木造の建物だとのことですが、今は大阪城が鉄筋コンクリートになっているせいでしょうから、豊臣秀吉が聞いたら笑うかもしれません。

全てを済ませた後、帰り道で子供の頃以来の法隆寺を訪ねてみました。

法隆寺は日本で最初に世界遺産に登録されたとかで、さすがに手入れも行き届き、飛鳥時代以来の建物や仏像が並ぶ古いものだとはまったく感じられません。これからも大事に守ってほしいものと願わずにいられませんでした。

そんな早朝の三輪明神と、法隆寺を別々のデジブックに仕上げてみました。暇な折にご覧下さい。いずれも写真は24枚ぐらいです。

「故里散歩、三輪明神へ」

http://www.digibook.net/d/e354e1ff905d8ed5f925f303fdc686db/?viewerMode=fullWindow

「斑鳩の里、法隆寺へ」

http://www.digibook.net/d/7285893f815d8cd4fde5f9972dd54689/?viewerMode=fullWindow

Img_5492

早朝の三輪山

Img_5509

早朝の長谷川に水鳥が遊びます

Img_5533

常夜灯が残る三輪明神

Img_5567

三輪明神拝殿

Img_5645

法隆寺、南大門から中門、五重塔

Img_5654

五重塔と金堂が並びます

Img_5688

東伽藍へ

Img_5692

東伽藍の夢殿

Img_5700

隣接する中宮寺、尼寺です

2012年1月25日 (水)

雪残る湯島・本郷界隈

ある昼食会があって、前夜に積もった雪のまだ残る東京丸の内に出かける機会がありました。

あるビルの2階にあるレストランで、カニの入ったサラダ、スープ、メインにミディアムぐらいのビフテキ、コーヒーにケーキが付いて飲み物込みで4,000円也。それぞれ量は少なめですが、安いなと思ったのは私だけでしょうか。幹事さんご苦労様でした。

昼食会の後、一人別れて雪がまだ残る湯島・本郷界隈を歩いてみました。
まずはかつての三菱財閥の本拠旧岩崎邸から、まだ梅には早いと思いながらも湯島天神、さらには坂を上って本郷に至り、東大構内の雪景色を求めてみました。

冷え込みがきつかったせいか、思いのほか雪が残っていて色を添えてくれました。

いつものごとくデジブックに仕上げております。

http://www.digibook.net/d/2514ab17b0de86d5716b69332bc7c6d9/?viewerMode=fullWindow

お暇な折にご覧下さい。

Img_5383_2 

旧岩崎邸洋館

Img_5357

内部の階段

Img_5353

タングステンのフィラメントが印象的です

Img_5418

湯島天神、この絵馬の量は!

Img_5403

本殿の前に庭に雪が残ります

Img_5408

誰が作ったかかわいい雪だるま

Img_5439

東大の三四郎池に雪が残ります

Img_5474

東大工学部の一角で

2012年1月17日 (火)

大寒間近い時期の散歩道で

今年の冬はひときわ寒いようで、毎年繰り返し聞いていた「暖冬」という言葉は、この冬聞いた記憶がありません。

大寒がもうそこという今日、愛犬と歩く散歩道にカメラを持ち出して、一足早い春を探してみました。

温かい逗子のせいでしょうか、季節はずれの花もいくつか見つけることができましたが、この時期はやはりボケの花と蝋梅の花が開いているのを見つけると、ついついカメラを向けたくなります。

中でも蝋梅がやはりこの時期印象的です。道端の家々の庭に蝋梅の木を四株ほど見つけることができました。

ただこの蝋梅も今時分は寒さのせいか、特有の芳香が鼻をくすぐることはなく、花の色、姿を愛でるだけです。

いつものようにデジブックに仕上げてみました。

http://www.digibook.net/d/2bd4ab1ba019a6d46dca63076dd487d9/?viewerMode=fullWindow

暇な折にご覧下さい。

Img_5310

まだ寒々とした草木の中で

Img_5250

何か場違いのようなデージー

Img_5238_2

暮れから咲き続ける寒椿

Img_5270

一叢の水仙が日差しを浴びます

Img_5264

傾く日差しを受けて

Img_5260

気の早いボケが開き始めます

Img_5296

蝋梅もこれからです

Img_5254

沈丁花のつぼみが膨らみます

2012年1月 5日 (木)

新春に鎌倉八幡宮と牡丹苑へ

陽光が輝くとはいえ寒い風の吹く日でしたが、正月三が日は過ぎたもののまだまだ初詣で賑わう鎌倉八幡宮とその神苑に冬牡丹を、地元の写真仲間と訪ねてみました。

太鼓橋の両側の源氏池には薄氷が張って、その上に木の影が伸びて、夏前、一面蓮の花覆われる様とは大違いです。

今日は1/5ですので恒例の、装束に身を包んだ射手が大的を射る神事「除魔神事」が行われていました。破魔矢はこれにちなむとか。

神苑牡丹園では様々な冬牡丹が見頃を迎えていました。

冬牡丹は寒牡丹とは異なり、花を付けるばかりに温室で育てた牡丹を移植して、この時期に咲かせるかわいそうな花ですが、それゆえに毎年花の種類が異なります。今年は赤い牡丹が目立ちました。

そんな鎌倉八幡宮と 神苑牡丹園の様子を、デジブックでご覧下さい。

35枚と写真数が多いので5分ほど頂戴します。

http://www.digibook.net/d/9284adb380df84906dcf730775cc47cf/?viewerMode=fullWindow

また、

元日に愛犬イブと、地元の七福神巡りをした折の写真もデジブックにしております。

宜しければご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/7514adf3a01bae90e5ac738169d507d9/?viewerMode=fullWindow

Img_5038

七福神巡りのお供をするイブ

Img_5050

七福神巡りのひとつ、宗泰寺。

大黒天が祭られています

Img_5124

鎌倉八幡宮二の鳥居

Img_5139

薄氷張る源氏池

Img_5151

八幡宮の「除魔神事」

Img_5182

神苑の冬牡丹

Img_5195

Img_5223

Img_5226

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »