最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

曇り空の下の江ノ島で

11/29は曇り空でしたが、絵を描く仲間と何十年振りかで江ノ島をゆっくり歩いてみました。

龍口寺から江ノ島へ、江ノ島ではヨットハーバーにも寄った後、江ノ島神社へ長い階段を登り、奥津宮からさらに岩屋まで足を伸ばしました。岩屋から戻る石段道での足の重かったこと!

帰って見ると腰の万歩計は、10.4km、16,000歩を示しておりました。久しぶりに15,000歩越えです。

またまたデジブックにしてみました。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/6fd4a1bfb1daa6d1f8ece39717d7868d/?viewerMode=fullWindow

Img_4146

龍口寺山門

Img_4225

江ノ島神社中津宮

Img_4228

8年前更新された江ノ島灯台

Img_4258

岩屋近くの断崖

Img_4201

砕ける波

Img_4328

何の鳥でしょう?

2011年11月27日 (日)

本土寺に紅葉を訪ねて

ある撮影会に参加して、松戸市の長谷山本土寺を訪ねてみました。

池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺とともに朗門三長三本と呼ばれる古刹です。

「花の寺」としても親しまれ、この時期は例年紅葉で賑わうお寺です。
今年は台風のせいか、茶色に縮れた葉が目立ち、見応えにはちょっと程遠い感がありましたが、それでも天気にも恵まれ訪れる人も多く、それなりに印象的でした。

いつものごとくデジブックに仕上げました。暇な折に下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/818485dfb05cacdcf8a9eb819bc6878b/?viewerMode=fullWindow

Img_3957

五重塔と銀杏

Img_3963

Img_4003

Img_4032

Img_4072

Img_4076

Img_4083

2011年11月21日 (月)

デジブック「季節は廻って」

私が住む住宅地の自治会が、例年「アートフェスタ」なる、何でもありの美術展を会館で開いています。

それへの出品作品を探す目的で、昨年から今年にかけて撮った写真の中から、思い入れのあるもの、気に入っているものを探しているうちに、それらを並べて季節を追ったデジブックにしてみようかと思い立ちました。

独りよがりのアルバムですが、暇な折に覗いて見てください。http://www.digibook.net/d/7545e7f3811f86d97008fb218bdd478d/?viewerMode=fullWindow

2011年11月18日 (金)

里山に秋を探して

地元の写真仲間と、横浜市戸塚にある舞岡公園に、里山の秋を見つけました。
舞岡公園はそのHPに

>舞岡公園は田園や雑木林の風景が広がる自然公園です。起伏に富んだ谷戸(やと)の散策は四季折々の景観が楽しめます。野鳥やリスなどが観察できます。川や池にはドジョウ、エビ、ザリガニなどが生息しますが採取は禁止されています。田んぼに入って色々な体験もできます。

ここには売店も自動販売機もありません。屑かごもありません。自然そのままです。

と紹介されています。

舞岡公園の様々な秋をデジブックでご覧ください。
http://www.digibook.net/d/26558df790598c986c0c718147cc4689/?viewerMode=fullWindow

Img_3827

えのき広場で

Img_3843

もみじの紅葉はこれから

Img_3855_2

波打つ雲

Img_3868

刈入れの済んだ田んぼで

Img_3872

トサミズキ

Img_3914

Img_3928

まゆみの実がはじけます

Img_3932

穏やかな陽を浴びて

2011年11月16日 (水)

秋色の旧古河庭園

六義園を訪ねた日、旧古河庭園へも足を伸ばしてみました。
ここでももみじの紅葉はまだ少し早く、ハゼが主役でしたが、洋館を取り巻くバラ園は秋バラが最後の頑張りを見せてくれました。
またまたデジブックに仕上げております。以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/b945eb5fa19d8498e06bf99587df479d/?viewerMode=fullWindow

Img_3648_1

英国の建築家の手による洋館

Img_3673_2

洋館を撮りますバラ園で

Img_3690   

Img_3705

日本庭園側から見る洋館

Img_3712

心字池を巡ります

Img_3718

2011年11月15日 (火)

秋の六義園

元いた会社のあるOB会があったので、またまた早めに出かけて、東京は駒込にある国の特別名勝、六義園を訪ねてみました。

六義園は、徳川綱吉の側用人から老中にもなった柳沢吉保が築いた回遊築山泉水の庭で、代表的な大名庭園です。

明治になって荒れ果てていた庭園を岩崎弥太郎が別邸として整備し、その後東京都に寄贈されて、現在は国の特別名勝となっています。

以前から一度行きたいと思いながら機会がなく、やっと念願がかなった気持ちですが、もみじの紅葉には早く、ハゼだけが彩りを添えていました。

紅葉のライトアップが今月18日から予定されて、準備が進んでいましたが、果たして・・・・

そんな六義園の秋風景をご覧下さい。

例によって、デジブックのアルバムにしております。以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/32d4cfff91dbae9c6fe5e1373ddf87db/?viewerMode=fullWindow

Img_3564

Img_3566

白鷺と亀が遊びます

Img_3569

Img_3581

Img_3586

ハゼだけが彩りを添えます

Img_3598

Img_3633

ちょっとどいてよ

2011年11月 9日 (水)

小石川後楽園、秋色

11/11/08、丸の内ビルの35Fである昼食会があったので早めに出かけて、東京に残る大名庭園のひとつ、小石川後楽園を訪ねてみました。

国の特別史跡、特別名勝に指定され、黄門様水戸光圀が朱舜水の指導で中国様式も取り入れて完成した回遊式の庭園は、この時期、色付き始めてはいましたが、空がすっきりしなかったのが心残りです。

いつものごとくデジブックに仕上げてみました。以下からご覧下さい。http://www.digibook.net/d/ab04e373b0de8e9477416187f5c5c6db/?viewerMode=fullWindow

Img_3474

池の向こうの一松

Img_3484

内庭、書院跡だとか

Img_3486

Img_3492

徳大寺石と紅葉

Img_3511

蓮池の向こうの小廬山

2011年11月 5日 (土)

秋の我が家の庭で

夏から生い茂っていた庭を整理した後に、この時期輝いている花や実にカメラを向けてみました。

秋バラ、ホトトギス、ツワブキは秋の花ですが、狂い咲きのボケも一輪。

千両、万両の実は色づき始めたばかりです。カリンの実はまだ黄色より緑が勝っていて、写真になりませんでした。

Img_3427_2

我が家の秋バラ

Img_3429

何を間違ったか今頃咲くボケ

Img_3430

色づいた千両

Img_3432

Img_3438

ホトトギス

Img_3440

ツワブキ

Img_3450

Img_3443

万両の実はまだ緑が残ります

2011年11月 2日 (水)

ちょっと浅い秋の彦根近辺で

ある同窓会で、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など戦国の武将が駆け巡り、「花の生涯」の井伊直弼が居城とした彦根界隈を訪ねる機会がありました。

紅葉にはまだ始まったばかりで、訪れる人も少なめですから、貸切みたいな気分であちこちを訪ねることができました。

彦根に縁の深いOさんの巧みな企画と行き届いたお世話に感謝するばかりです。

まず訪れたのは百済(ひゃくさい)寺。ここの住職はOさんの同級生でサラリーマン生活の後住職になったという変り種。同級生ゆえに1時間近くもお付き合い頂き、興味ある渡来人と聖徳太子にまつわるお寺の縁起を、事細かに説明頂きました。

その後は彦根城に移り、午後の日差しの中のお城や玄宮園なる回遊式の庭園を堪能し、天守閣にも上った後、お城を前にしたホテルで、珍しい鮒寿司も交えた料理を堪能しながら歓談し、楽しいときを過ごしました。

翌日は前日の酒のせいか早めに目覚めたので、そのまま暗いうちにお城の近くを散歩し、そこそこ明るくなった頃に一旦ホテルへ戻ってから、自転車を借り受け、琵琶湖湖岸をカメラを担いでサイクリングです。約1.5時間ぐらい、見慣れた厨子葉山の海岸とは違った、静かな湖岸風景を楽しみました。

朝食の後、「琵琶湖周航歌」にも歌われている竹生島へ遊覧船で行くことになりました。約40分静かな湖を走った後上陸してみると、いかにも観光地らしい土産物屋の並ぶ先の急階段が、弁天様の宝厳寺へ導きます。

宝厳寺には豊臣秀頼が写したといわれる豊国廟の唐門が厳しくそびえますが、弁天様のある本堂が立派であるのに対して、さぞかつては見事であったろうと思われる唐門の塗装が、すっかり退色していて、みすぼらしい感さえあるのはちょっと考えさせられます。隣り合わせる豊臣秀吉が寄進したとされる都久夫須麻神社も、痛みが目立ちました。

その後は、今年のNHKの大河ドラマの主役「お江」の姉、「お初」の嫁ぎ先である京極家の菩提寺、清瀧寺徳源院へ。

婆娑羅大名ともいわれる佐々木道誉(京極家の祖)御手植えと伝えられる、境内の大木の枝垂桜は春にはさぞ見事なのでしょうが、この時期はもうすっかり葉を落とし、見る影もありません。

拝観料を払って上がると、庭に面して座布団が敷かれており、言われるままに我々も庭に面して座ると、住職が後方から京極家の成り立ちやお寺の縁起を判りやすく説明頂けます。

庭は狭いながら手入れが行き届き、もう暫くたてばさぞここも紅葉が楽しめることだろうとただただ想像するのみでした。

いつものごとく、デジブックに仕上げてみました。今回は2本立てにしております。

お暇のある折にゆっくりご覧下さい。

中秋の湖東にて
http://www.digibook.net/d/bed5eb93805f8edd6b07f1a1efc7068d/?viewerMode=fullWindow

彦根と琵琶湖にて
http://www.digibook.net/d/bc44c1bbb15facd8ebc1f925a9dc47db/?viewerMode=fullWindow

Img_3153

百済寺本坊と大きな菩提樹

Img_3186

百済寺本坊越しの近江平野、遠くに比叡山が

Img_3217

彦根城玄宮園

Img_3227

彦根城隅櫓

Img_3264

ホテルからの琵琶湖夕焼け

Img_3315

琵琶湖岸

Img_3326

朝日差す湖岸

Img_3328

朝日の中の彦根城

Img_3371

竹生島宝厳寺の三重塔

Img_3406

昼下がりの徳源院の庭

Img_3416

紅葉が見たい

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »