最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

バラとコスモスと

昨日10/29は秋晴れの好天でした。

日差しに誘われて、毎年春秋に訪れる横須賀のヴェルニー公園で秋バラを、くりはま花の国でコスモスを堪能してきました。

秋バラは春ほどの賑やかさはありませんが、花の数が少ない分だけ、一輪一輪の美しさが目立ちます。

くりはま花の国のコスモスは、台風12号の被害で大分痛めつけられたと聞いていたのですが、その後に補植されたものや、倒れながらも健気に立ち上がったコスモス達が楽しませてくれました。

花づくしのデジブックにしてみました。以下からご覧下さい。
http://www.digibook.net/d/11c48d3381db84d06fc7f38501d5c68d/?viewerMode=fullWindow

Img_3030

ヴェルニー公園の秋バラ、情熱

Img_3051

清楚に

Img_3056

高貴に

Img_3057

寄り添うて

Img_3086

はるかけく

Img_3092

柔らかに

Img_3122_2

見上げる空に

2011年10月21日 (金)

奥利根の紅葉を訪ねて

10/20、日帰りで奥利根の紅葉を訪ねるバスツアーに参加してみました。

横浜を7:20に出発したバスは、東京の環八の混雑に巻き込まれもしましたが、8:40頃には練馬から関越道に乗ることができ、途中SAでの休憩も挟みながら順調に水上ICに10時過ぎに着くことができました。

国道291号を北上して、谷川岳を眺めながらドライブインで一休み。

ちょっと引き返してから、県道63号主要地方道路水上片品線を辿ります。藤原ダムの前を通りダム湖に沿って走った後、脇道に入り須田貝ダムの前を通り過ぎて、八木沢ダムの管理道路を登るとアーチ式の八木沢ダムに至ります。

紅葉の盛りにはまだ一歩といったところですが、ダム湖奥利根湖は水位がちょっと低めながらも周囲を紅葉に囲まれて静まっています。

バスは県道63号に戻った後、今度は奈良俣湖に向かいます。

奈良俣湖はわが国では比較的例の少ないロックフィル式のダムで、花崗岩のごろ石を積み上げて水をせき止めています。横に建設当時使用された80トン積ダンプの大きなタイヤが記念碑のように立てられていることと、メンテを容易にするためか、ゲートの昇降装置の屋根やカバーがステンレスでできていることが印象的です。

バスはさらに進み、照葉峡の大小の滝や盛りの紅葉を車窓から愛でながら、奥利根水源の森に至りました。

当初の予定では、ここで1時間ぐらいのウォーキングが組まれていたのですが、何と7月の豪雨の被害のため、森内は全面立入禁止となっています。

困った添乗員があちこち連絡をしますが、全くラチがあきません。

仕方なく、故意犯を承知で立入禁止のテープを乗り越え、少し歩いてみますが、確かにあちこちで道路や橋が流され、すっかり荒れています。

そこそこで早々に切り上げて、同じ道を戻る途中の照葉峡を通り過ぎる折、運転手がちょっとした駐車スペースを見つけ、10分ほど撮影時間をくれたのがせめてもの救いでした。

いつものように、デジブックに写真集としてその記録を残しております。

暇な折にご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/8654af9fb01eacd8630e631539dec69f/?viewerMode=fullWindow

Img_2819

もう雪を待つばかりの谷川岳山頂

Img_2863

紅葉に囲まれる奥利根湖

Img_2872_2

ささやかな紅葉、八木沢ダム湖畔にて

Img_2917

ロックフィル式の奈良俣ダム

Img_2891

ならまた湖

Img_2954

水源の森の中で見つけたニシキギの紅葉

Img_2955

踏む人もない杉苔の上の落ち葉

Img_2983

照葉峡

2011年10月12日 (水)

秋本番のフラワーセンター

秋本番の今日(10/12)は良く晴れました。

10/10は天候の特異日で、晴れる確率が極めて高い故に、かつての東京オリンピックの開会式がこの日に定められたとか。

2日ほど遅れていますが、今日も爽やかな秋晴れとの天気予報に誘われて、久しぶりに鎌倉市にある、神奈川県立大船フラワーセンターを訪ねてみました。

秋の花々をご覧下さい。

いつものデジブックはこちらから。http://www.digibook.net/d/6b95eb9ba15f8ed9634b7987c3d7469f/?viewerMode=fullWindow

写真の枚数が33枚と多めですので、暇な折にご覧頂ければ幸いです。

Img_2716

ダリアに憩う

Img_2775

ダリア、豪華に

Img_2722

凛と。

鶏頭が花壇を埋めます

Img_2731_2

時の花です、コスモス

Img_2795

パンパスグラス

Img_2759

温室ではスイレンが水に映ります

Img_2802

バラの品評会で「1等賞」を貰っていました

Img_2804

これもバラの品評会で

Img_2815

フォックスフェイス

生け花でも良く使われます

2011年10月 2日 (日)

彼岸花咲く浜離宮庭園

久しぶりに東京に出る機会があったので、待ち合わせまでの小一時間、彼岸花の咲く浜離宮庭園を楽しみました。

当日は「都民の日」だとかで入場は無料、さらに週末とあって結構な賑わいです。さらに外人の姿が目立つのもさすがは東京でしょうか。

萩の花はちょっと時期はずれになりましたが、代わって彼岸花が花盛り。手入れの良い緑の芝生の中に、赤い彼岸花が咲いているのが大変印象的です。彼岸花の周りでは私と同じようなカメラを持った人が群がり、思い思いにカメラに収めていました。

潮入りの池の周囲を中心に歩いてみたのですが、鴨もいれば白鷺もいます。その昔は将軍の鷹狩の場であったことなどつゆ知らず、平成の動物愛護の恩恵を受けて、平和な風景です。

当日の写真を、いつものごとくデジブックにまとめてみました。

以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/9b04e9bf9099a4917ec6e38139df878b/?viewerMode=fullWindow

Img_2397

大手門、石垣の上に彼岸花が揺れます

Img_2420

潮入の池の中島の御茶屋

Img_2432

中島の御茶屋と松の茶屋

Img_2447

白鷺遊ぶ横堀

Img_2451

視線の先は?

Img_2479

松の木の下の彼岸花

Img_2476_2

Img_2462_2   

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »