最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

昼下がりの東京品川

春一番が吹いた2/25、元いた会社の同窓と品川駅の港南(海)側で昼食をする機会がありました。

品川の港南側は、新幹線の品川駅ができる前後から、急激に都市開発が進んだ地域ですが、会社勤めを止める頃から後のことですので、あまりなじみはありません。

急激にビジネス街になったせいで競争がきついのか、結構きれいな店でそれなりの料理であったにもかかわらず、思った以上に安く上がったのが印象的でした。

食事の後、大学の東京オフィスがそこにあると高輪に住む先輩に案内されて、隣のビルの27Fに上がってみました。受付にこそお嬢さんがいるものの、ほとんど人のないロビーから大東京のあちこちが見渡せます。昼下がりですので、靄がちですが写真にしてみました。

その後運河が縦横に走る海側の品川を散歩した折の写真と一緒に、デジブックにアップしております。

http://www.digibook.net/d/6b048177b15dba59e9e9eb13a1d5c6df/?viewerMode=fullWindow

Img_7823

27Fからの運河のある品川風景。

遠くに建設中の東京ゲートブリッジが見えます。

Img_7825

複雑なJR品川駅線路の向こうの東京タワー

Img_7836

運河のある風景

Img_7862_2

レインボブリッジと螺旋状のアプローチ

Img_7846 

東京都のモダンな清掃工場の上を行く飛行機雲

Img_7875

ブレスが印象的なソニーの新本社ビル

2011年2月22日 (火)

一足早い桜の園

地元の写真クラブのメンバーと、日帰りで「本場河津の河津桜と南伊豆市の『みなみの桜』を訪ねる」という触れ込みの、欲張ったバスツアーに参加してみました。

横浜と沼津の間は東名高速を利用しますが、伊豆半島内はほとんど高速道路のない道を走って、往復で500km近くになる旅ですから、訪問先は2箇所とも1時間しかないという、まことに忙しいツアーでした。

河津とみなみ(南伊豆市)、いずれもまだ満開には程遠く、3~5分咲きであったことや、空模様があいにく曇り空であったあったこと、時間がなかったことなど、随分フラストレーションが溜まった日帰りツアーでしたが、元を取るためシャッターだけは一杯押してきました。

そんな写真をご覧下さい。

例によってデジブックにも仕上げています。http://www.digibook.net/d/33458917b09f9850f52a79a551cf47cf/?viewerMode=fullWindow

上のような理由で、写真の数は少なめです。

Img_7699

河津で水面に枝を伸ばす桜

Img_7703

河津桜は色濃く、温かい日を探しながら一月ぐらい咲き続けます。

Img_7724

ちょうど菜の花の咲き時期に重なります。

Img_7728

菜の花と河津桜と伊豆急電車

Img_7764

南伊豆市の「みなみの桜」、同じ河津桜です。

Img_7772

青野川の両岸にあって、木の間隔は広いのですが、その分だけ木は良く成長していて立派です。

Img_7784

水面はまだまだ冬のままです。

Img_7793

染井吉野よりは随分濃い色で、写真には取りやすい色かな?

2011年2月 4日 (金)

立春の頃の北鎌倉

今日は立春。

言葉に合わせたように暖かで穏やかな日になりました。

その前日の節分の日に、写真仲間と良く晴れた空の下の円覚寺と明月院に、梅を訪ねてみました。

寒い日が続いたせいか、開き始めた梅がちょっと途惑ったようで、この一週間ぐらい開花が止まっているようです。

梅のほか、蝋梅・水仙が盛り、万作が見頃でした。

そんな花々をいつものようにデジブックにまとめました。
http://www.digibook.net/d/d2548137b05f9210748179212fd447cf/?viewerMode=fullWindow

Img_7546

円覚寺にて

Img_7605

方丈前の紅梅

Img_7555_2

方丈横で見つけた水仙

Img_7623

民家の庭で見つけた柚子

Img_7636

明月院の蝋梅

Img_7645

万作

Img_7655

明月院方丈の丸窓にも梅

Img_7670_2

石窟前の紅梅

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »