最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月26日 (水)

大寒の頃の横浜歩き

昨日は冷え込みましたが、良く晴れた寒い日でした。

絵を描く仲間たちと午前10時に横浜の大桟橋で待ち合わせです。

絵を描く彼らは、暖房の良く効いた大桟橋のホールのあちこちから外界を眺めて絵に没頭しますが、私はこの時期の風景を求めてカメラを担いでひたすら彷徨います。

午前中は大桟橋から山下公園、山手方面、午後はみなとみらいのあちこちを歩いてみました。

夕方4時ごろもう一度合流して、馬車道辺りで居酒屋を探しますが、ちょっと会社の退け時には早いせいか、なかなか火の入ったちょうちんを見つけることが出来ません。それでもやはり商売熱心な店はあるもので、「酒だけならば」と言ってくれる店があって腰を落ち着かせることが出来ました。

年甲斐もなくワイワイ騒いで時間を忘れた後、散会しました。
ポケットに忍ば せた万歩計は当日、28,000歩余、距離にして18.5Kmを示していました。

当日の写真をデジブックにしております。以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/18848f17b099b811e0cae1334dc5478d/?viewerMode=fullWindow

Img_7297_3

山下公園でユリカモメと遊ぶ少女

Img_7310

白く輝く噴水、山下公園で

Img_7368

氷川丸の鎖で休むユリカモメ

Img_7391

水面に影を落とすみなとみらいのビル群と赤レンガ倉庫

Img_7399

開港の遺跡象の鼻突堤と大桟橋

Img_7431

APECが開かれたパシフィコ横浜

Img_7467

クイーズスクェアのある空間

Img_7482_2

ビルの狭間の先代日本丸

2011年1月23日 (日)

鎌倉に梅の香り/H23年版

昨年は1/24に訪ねた鎌倉のあちこちの梅を、今年は良く晴れた昨日1/22にまた廻ってみました。

いつもの如くミニバイクを持ち出しての駆け足の鎌倉廻りです。
まず浄明寺の浄妙寺と報国寺を訪ねた後二階堂へ回り、瑞泉寺、鎌倉宮、覚円寺、荏柄天神、扇ケ谷では英勝寺と海蔵寺を訪ね、帰り道に妙本寺にもよってみました。

あちこちの梅は三分から四分咲きといったところですが、瑞泉寺だけは谷戸の奥にあって日当たりが良くないせいか遅れ気味でした。
梅以外では蝋梅があちこちで満開、鎌倉宮の鳥居の前では河津桜が開き始めていました。
また、海蔵寺の福寿草が1輪花開いていて、鮮やかな黄色が印象的でした。庭のあちこちで蕾が頭を出しているので間もなく賑やかになることでしょう。

そんな梅とその他の花を、いつもの如くデジブックにまとめてみました。
http://www.digibook.net/d/b754a1b7819bb859ec4ce335ddd5c7cf/?viewerMode=fullWindow

今回は写真がちょっと多いので5分ほど時間を拝借します。暇な折にご覧ください。

Img_7088_2

浄妙寺の白梅と本堂

Img_7107

Img_7137

瑞泉寺の南天

Img_7177

鎌倉宮の咲き始めた河津桜

Img_7193

荏柄天神の紅梅

Img_7205

同白梅

Img_7211

ミツマタの蕾も膨らんで

Img_7214_2

英勝寺門前の白梅

Img_7228

海蔵寺で見つけた福寿草、隣に蕾があります。

2011年1月10日 (月)

イブと一緒に鷹取山へ

この三連休、天気も良いので愛犬のイブと一緒に、一日一万歩以上を目標に歩くことにしました。

初日の1/8日は我が住宅地の後背地にある山双子山へ出かけて14,706歩、二日目の昨日は鷹取山で12,909歩、三日目の今日はさすがにちょっと疲れたので、逗子市内の近間で10,000歩足らずに終わりそうですが、平均で目標達成です。

二日目に行った鷹取山は、京急追浜駅の山側に開ける鷹取台団地の最奥部にある標高139㍍の山ですが、Yahooの地図でもGoogleの地図でも「鷹取山」との表示はありません。

眺めが良いことと住宅地の後背地になるため、横須賀市が公園として整備していて、見晴らしの良い展望台も設けられています。

幸い私の住む逗子からは山の稜線通しで行き来できるため、以前から何度も出かけてはちょっとした山気分を楽しんでいます。なおこの道はYahooの地図でもGoogleの地図でもはっきりと表示されています。

そんな山気分を味わわせてくれる鷹取山にカメラを持参しましたので、元気なイブの姿共々、景観の一端をお楽しみ下さい。

例によってデジブックに仕上げております。以下からご覧下さい。

http://www.digibook.net/d/7e54a3f7b0999055f80bf10351ce869d/?viewerMode=fullWindow

Img_6893

軽快な足取りのイブ

Img_6940

駆け上がって、「やったぜ!」

Img_6932

右に富士山、左に江ノ島

Img_6953

降りる人と鉢合わせになって途惑うイブ

Img_6970

展望台からの横浜方面

Img_6983

採石場の跡は良きロッククライミングの練習場です。

Img_6991

昭和40年ごろ制作された磨崖仏

2011年1月 6日 (木)

初詣は鎌倉八幡様へ

新年の初詣は毎年、家族がまだ寝ている間に愛犬のイブの散歩がてら、地元の氏神様五霊神社へ詣でて、かわらけ一杯のお神酒を頂戴することを慣わしにしています。

今年も同じような初詣を元旦に済ませ、昨日は地元の写真クラブのメンバーと、毎年恒例の鎌倉の八幡様での初詣と撮影会に出かけました。

風もなく良く晴れた日の境内は、まだまだ参拝者も多く賑わっています。

昨年風で倒れた大銀杏はその後、株元ばかりでなく、その脇に移植された幹部も枝を盛んに出していていて、その生命力の力強さに驚くばかりですが、元の大きさになるのはいつのことでしょうか。

参拝後、神苑の冬牡丹を金500円也を払って拝観。

毎年のことながら見事な冬牡丹です。かれこれ1時間近くも愛でたり写真を撮ったり。元は取ったつもりです。

そんな鎌倉の八幡様の光景と神苑の牡丹、帰り道に立ち寄った大巧寺の花なども一緒にして、またまたデジブックにしてみました。

http://www.digibook.net/d/d1058f93909a9850eca8fb9177df868b/?viewerMode=fullWindow

Img_6719

段葛から見る他国の光景?

Img_6734

太鼓橋から拝殿

Img_6749_2

倒れた大銀杏の幹から伸びだした若枝

Img_6790

神苑の冬牡丹から

Img_6777

Img_6785

Img_6833

Img_6863

大巧寺の蝋梅

2011年1月 1日 (土)

大晦日にイブの散歩道で

新年、明けましておめでとうございます。

今年もご一家、ご一族に幸多い年でありますようお祈り申し上げます。

雨の降らぬ限り朝夕に出かけるイブの散歩は、私の運動であると共に、季節の移ろいを教えてくれる何物にも代え難い楽しみでもあります。

昨年の暮れから、近くの公園で例年になく早く梅の咲き始めていることに気が付きました。その気で探すと、蝋梅も咲き始めていますし、ボケの花、水仙もあちこちで咲いています。

そんなに気温が高くはないと思うのですが、例年になく昨12月は晴天の日が多かったせいではないでしょうか。ちなみに我が家の小さなソーラーパネルの12月の発電量が例年に比べて10%以上多くなっておりました。

そんな大晦日のイブの散歩道に、久しぶりにカメラを持ち出して見ました。

いつもの如くデジブックにも仕上げております。

http://www.digibook.net/d/19c4e3b3b099b258e307eb252dc547dd/?viewerMode=fullWindow

今回は動かないアルバムにしてみました。

Img_6615

近くの公園の紅梅が咲き始めています

Img_6618

白梅も

Img_6627

ボケの花

Img_6635

日当たりの悪い蝋梅はほんの咲き始め

Img_6650

日なたでは水仙が香り高く

Img_6656_2

神武寺はすっかり冬景色、もみじの葉はすっかり落ちきっていますが

Img_6665_2

里ではまだ紅葉が残っています、棕櫚の葉と。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »