最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

ハナミズキ、つつじ咲く頃の我が家の庭

昨日の嵐のような大雨も上がった今日ですが、まだ日の光は不安定で晴れたり曇ったりしています。

行きたいところはあるのですが止めにして、カメラを持って庭に出てみました。

ハナミズキが今が盛りで、つつじ、すずらんが咲き始めています。
オオデマリはやっと緑色から白さを増してきました。

ミヤコワスレはまだ咲き続けますが、十二単はそろそろ限界に近い感じもします。

室内に取り込んだシンビジュームはもう見る影もありませんが、庭のヤマボウシの枝にぶら下げた鉢のものは、寒暖の差にも耐えてまだ元気に咲いています。

Img_1387

今朝のハナミズキです。

Img_1360

数日前の夕日を浴びるハナミズキ。

Img_1403

開き始めたオオムラサキ

Img_1375

オオデマリが白さを増しました。

Img_1376

日陰部分ではまだ緑が残っています。

Img_1383

アザレアの鉢植えでは白は終わって、赤が盛りです。

Img_1393_2 

ドイツすずらんの咲き始め。

Img_1398

ミヤコワスレと十二単、後ろはユキノシタです。

Img_1411

室内に取り込んだシンビジュームはもう見る影もありませんが、ヤマボウシの枝にぶら下がって寒暖に耐えてきたものは、まだこんなに頑張っています。

2010年4月25日 (日)

牡丹などこの時期の花々

4/24(土)、やっと雨が降り止み青空が顔を出しました。

例年より桜が長く見られた分、牡丹やつつじなどの咲き出しも遅れているようです。

昨年は4/11に見頃を迎えていた建長寺の牡丹でしたが今年はどうかなと、また例によってバイクで訪ねてみました。

覗いてみると4月も下旬になろうかというのに、まだやっと開いたばかりのようです。昨夜までの雨滴が興を添えてくれましたが、ちょっと寂しい思いをしました。

ついでにと大船のフラワーセンターの方へも足を伸ばしてみました。こちらの牡丹園も似たような咲き具合でしたが、さすがはフラワーセンター、チューリップ、八重桜、藤など様々な花が楽しめました。

牡丹が遅れている分、チューリップが長く花を留めている様でした。

そんな牡丹と今時の花を、 またまたデジブックに仕上げました。

建長寺とフラワーセンターの牡丹をあわせて「鎌倉、牡丹づくし」という題名で、

http://www.digibook.net/d/9385e353919bb89ce0a86315f5ce4689/?viewerMode=fullWindow

また、フラワーセンターの花々を「今時のフラワーセンタ」なる題名で、

http://www.digibook.net/d/a75589f7b01cb290fc286b859fd446d9/?viewerMode=fullWindow

それぞれ5分ぐらいかと思います。暇な折にご覧ください。

Img_1175

まずは建長寺の牡丹から。塔頭、妙高院の牡丹です。

Img_1194

Img_1202

水滴が残って・・

Img_1276

フラワーセンターの牡丹です。

Img_1259

Img_1221

フラワーセンターのピンクの花園

Img_1223

様々なチューリップ

Img_1249_2

Img_1247

Img_1292

八重の桜

Img_1304

Img_1308

藤も咲き始めました。

Img_1331

石楠花です。

Img_1285

とりどりのつつじ

2010年4月19日 (月)

久しぶりに暖かく晴れ上がった庭で

今日は久しぶりに暖かく晴れた上がっています。
庭に出てみると、暖かくなるのを待っていた草木の花たちが一斉に開き始めました。

草花では、十二単、オキザリス、シラン、ミヤコワスレ、シャガ、芝桜などなど。

木では、カリンはほとんど散ってしまいましたが、代わって、ハナミズキやオオデマリが開き始めています。

そんな花たちをマクロレンズで愛しんでみました。

Img_1137
十二単

Img_1142

オキザリス

Img_1144

ミヤコワスレ

Img_1147

シラン

Img_1151 

シャガ

Img_1157

芝桜

Img_1164

ノースポールに蜜蜂が

Img_1146

オオデマリはまだ緑色です。

Img_1163

白いハナミズキが一世に花弁を広げ始めています。

2010年4月15日 (木)

寒い曇り空の下の桜、高遠城址公園と光前寺へ

あるバスツアーに参加して、高遠城址公園と光前寺を訪ねました。

あいにく朝から雨が降って寒く、こんな気候で本当に信州の桜は咲いているのかな、こんな天気では写真にならないだろうななどと、つまらないことを考えながら甲府盆地に入ったところ、曇り空は変わりませんが雨だけは止んでくれています。

満開の桃の花を眺めながら諏訪湖SAでひと休み。手足を伸ばしながらバスを出たところなんと小雪がチラチラしているではありませんか。

またまた先が思いやられるなか、駒ヶ根ICで高速を降りそこから直ぐそこの光前寺に到着です。

傘をさすほどではありませんがやはり小雨が降っています。とはいえバスの駐車場の直ぐそこにある仁王門のあたりは、枝垂桜やコヒガン桜など各種の桜が満開をとりどりに競っているのを見るとバスを降りないわけには行きません。

光善寺の様子は写真でご覧頂くとして、光前寺に馴染みのない方もおいでかと思い以下に光前寺のHPのURLを記します。

http://www.kozenji.or.jp/mainframe.html

早太郎伝説についても検索で一杯出てきます。

光善寺の後は、そこから30~40分ほどの高遠城址公園ですが、その途中いちごの食べ放題としゃぶしゃぶの昼食です。順序は食べ放題の後に昼食、何か意図があるような順番でした。

高遠城址は、来る途中咲いているのかなと心配したのが馬鹿みたいで、まだ散り始めてこそいませんが、枝先にはもう葉が出掛かっているような丸っきりの満開です。本当にドンピシャのタイミングでした。

タカトオコヒガン桜というここだけの品種だそうですが、花は色がちょっと濃い目で花の大きさはちょっと小さめの印象的な桜が、そう広くない城址を埋め尽くしています。

ここでは雨こそ降らなかったものの、やはり青空は望むべくもなく、写真はいずれも空が白っぽくて花を引き立ててくれませんでした。

下の写真のほか、例によってデジブックも造ってみました。

あまり長時間になるのも気が引けるので、光前寺と高遠城址の2本立てとして、それぞれを別々にご覧いただけるようにしました。

光前寺は、

http://www.digibook.net/d/d115cbf7b1d9ba98e347e32369d547db/?viewerMode=fullWindow

高遠城址公園は、

http://www.digibook.net/d/2bc5afbf911b92d863a6e13343c5c7cf/?viewerMode=fullWindow

暇な折にご覧ください。

Img_1049_2

光前寺仁王門脇の庭園の桜、さくら。

Img_1001_2 

池に触れそうな枝垂れ

Img_1009

コヒガン桜かな?

Img_1021

早太郎像と三重塔

Img_1070

高遠城址公園、高遠閣を覆う桜

Img_1073

桜、さくら

Img_1077

よくポスターにあるロケーションですが、空が・・・

Img_1103

穂のむこうの桜

Img_1104

背の高い桜

Img_1119

Img_1116

タカトウコヒガン桜、ピンクの色の濃いことが特徴です。

Img_1122

空堀と桜

2010年4月 9日 (金)

新芽が伸び始めた頃の我が家の庭

昨日は良い天気でした。

庭に出て見ると、桜が2週間以上も咲く続けるような、今年の春の異常な寒さにもめげず、庭木が元気に新芽を伸ばし始めています。

春先から咲き続けてきた椿はもうそろそろおしまいですが、代わってカリンが花を付けています。

ヤマボウシはまだほんのわずか葉が開き始めたところですが、その木にぶら下がって一冬を耐えたシンビジュームが真っ盛りの花をつけました。

下を見れば、桜草はそろそろだらしなくなりつつありますが、ノースポールは今が盛り、シャガも花をつけ始めました。

そんな我が家の草木をご覧ください。

Img_0953_3

花が開いたカリンの木

Img_0956

この間まで開いていた梅に、もう小さな実が付いています。

Img_0964

椿はもうそろそろおしまいです。昨日剪定しました。

Img_0966

夏椿の新芽です。後ろの玉ボケは寒椿の葉の照り返しです。

Img_0969

花の終わった馬酔木の新芽。

Img_0972

山もみじの新芽

Img_0977

山椒はこんな若い枝にも棘があります。

Img_0982

山椒の小さな、小さな花です。

Img_0957

足元ではノースポールが盛りです。

Img_0961

ギボシの新芽です。雪ノ下の向こうで仲良くすっくと立っています。

Img_0973

ヤマボウシの木の枝にぶら下げたシンビジュームが、冬の間の寒さに耐え切って、今花を開かせています。

2010年4月 4日 (日)

逗子・鎌倉、花紀行

逗子・葉山の満開間近の桜を訪ねて、ミニバイクを走らせてみました。

この時期の週末の桜の名所はどこでも大混雑です。そんな時のミニバイクは素晴らしい飛び道具で、駐車場の心配もなく、込み合う道を脇目に見ながらすいすいとあちこちを訪ねることができます。

まずは、愛犬イブと咲くのを待ちわびた近くの散歩道の桜を見てから、イトーピアとハイランドへ。

いずれも住宅地ですが道路の並木が桜の古木で、週末はどこからかやって来る見物客の車の大渋滞が起こることで有名です。

その後は鎌倉のお寺めぐりですが、意外と鎌倉には桜で有名なお寺は少なく、名所といえば鎌倉山と八幡宮の段葛ぐらいでしょうか。

これも意外だったのは、あちこちの桜がほぼ満開に近いのに、その有名な鎌倉八幡宮の段葛がいまだに三分咲きだったことです。

午後はついでに横須賀の、桜祭り真っ最中の塚山公園にも行ってみました。三浦按針(イギリス人航海士で徳川家康に仕え、当地に領土を貰いました)夫妻の墓を中心にした公園で、若木も含めて山が桜一色になっています。花見客で賑わう中を写真だけを撮って、早々に引き上げました。

そんなあちこちの桜を中心にした花のアルバムをご覧ください。

またまた、デジブックに仕上げております。

http://www.digibook.net/d/e2948733a11db8996b23731173dc46cd/?viewerMode=fullWindow

インターネットの回線の具合にもよりますが、ちょっと写真の数が多いので6分ぐらい頂戴します。暇な折にご覧ください。

Img_0550_2
東逗子の曹洞宗宝生寺の桜です。

Img_0567_2

イトーピアの公園近くの並木です。

Img_0593_2

京急の新逗子駅近くにある田越川の赤い橋です。

Img_0599_2

鎌倉と逗子にまたがるハイランドの並木です。

Img_0607_2

鎌倉霊園の桜

Img_0626_4

Img_0621_3

霊園の庭園にあったポピー

Img_0661_2

報国寺の桜、三つ葉つつじが見えます。

Img_0701

海蔵寺の花海棠

Img_0692_2

Img_0714_2

妙本寺山門を覆うもみじの若葉

Img_0717_2

妙本寺の桜と花海棠

Img_0725_3

大きな花海棠の木です。

Img_0728_2

Img_0746_2

山門近くで見つけたシャガ

Img_0793_2

県立塚山公園の桜と三つ葉つつじ

Img_0802_3 

三つ葉つつじ

2010年4月 2日 (金)

やっと横浜にも桜が

昨日、地元の写真クラブの撮影会に参加して、横浜の桜を見てきました。

横浜でも開花予報どおり開花はしたものの、その後に訪れた寒波のために開花が立ち止まってしまい、開花から10日以上になってやっと戻ってきた春の暖かさで本格的に開き始めたものの、まだ五分といったところでした。

京急の日之出町駅に集合し、駅からすぐそこの大岡川沿いの桜を、川を行き来する船も併せて眺めた後、バスに乗車して根岸の高台にある森林公園へ。

森林公園はそのホームページに、

「ここは慶応3年に外国人クラブの主催で日本初の洋式競馬が行われた場所で、明治13年に運営が日本競馬クラブに引継がれ、東洋一の規模を誇っていた競馬場は、昭和18年に戦争のため閉鎖されるまで多くの人々で賑わいました。

戦後米軍に接収され住宅地やゴルフ場などに使用されていましたが、昭和44年に一部解除された土地を国から借り受け整備を開始、なだらかな地形を生かし、大きな芝生広場を中心にした森林公園として昭和52年に開園しました。

同時に残りの部分は中央競馬会によって競馬記念公苑が建設されました。」

とあります。

その丘陵部分にソメイヨシノを中心に植え込まれた桜の森があって、堤防沿いや道沿いに並木風に植え込まれた桜とはまた違った桜の景観が楽しめます。

そんな大岡川と森林公園の桜をご覧ください。

また例によってデジブックにも仕上げております。

http://www.digibook.net/d/7805819fa11fb0d577af6ba717c4468b/?viewerMode=fullWindow

今回は写真数がちょっと多いので、5分以上頂戴するかもしれません。

暇な折にご覧ください。

Img_0346

大岡川沿いの桜

Img_0370_2 

大岡川の垂れて咲くソメイヨシノ

Img_0383

大岡川を遡る艀と京急の電車

Img_0360

やさしく開いています。

Img_0391

森林公園の入り口を入って直ぐの馬坂の両側にある、背の高い桜です。

Img_0408

元の競馬場のトラックは芝生広場のむこうに桜の森が。

Img_0519

桜の森を反対側から見たところです。

Img_0418

桜の森の中です。

Img_0430

Img_0448

Img_0420

Img_0473

今も残る使われていない競馬場時代のスタンド

Img_0487

その向こうに広がる米軍住宅。今も現役です。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »