最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 立春の頃の横浜三渓園 | トップページ | 雪が降った朝に »

2010年2月15日 (月)

待ちわびた庭の梅の花

我が家の庭に樹齢15年ぐらいの梅の木があります。梅の実を期待して苗木から育てたもので、まだまだ若木です。

白加賀という種類で遅咲きですから、日当たりがあまり良くないことと相俟って、鎌倉始めあちこちで満開の梅を見るのに、なかなか開こうとしませんでした。

ところが今日見ると、昨日の20度を越えるような馬鹿陽気に誘われたのか、いっぺんに咲き始めました。
まだほんの一部か二部ぐらいの咲き加減ですが、花を待つ気持ちに応えてくれた梅の、それくらい咲き具合が、何か一番好もしく思えます。

そんな梅をマクロで撮って見ました。ついでに、これも咲き始めの桜草も添えてみました。

Img_9104

カメラ機種名 Canon EOS 40D
撮影日時 10/02/10 11:20:57
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/2500
Av(絞り数値) 3.5
測光方式 中央部重点平均測光
露出補正 -2/3
ISO感度 800
レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM
焦点距離 60.0mm
ホワイトバランス オート

Img_9106

カメラ機種名 Canon EOS 40D
撮影日時 10/02/10 11:22:03
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/1000
Av(絞り数値) 3.5
測光方式 中央部重点平均測光
露出補正 -1
ISO感度 800
レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM
焦点距離 60.0mm
ホワイトバランス オート

Img_9110

カメラ機種名 Canon EOS 40D
撮影日時 10/02/10 11:24:40
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/800
Av(絞り数値) 3.5
測光方式 中央部重点平均測光
露出補正 -1
ISO感度 800
レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM
焦点距離 60.0mm
ホワイトバランス オート

Img_9113

カメラ機種名 Canon EOS 40D
撮影日時 10/02/10 11:26:20
撮影モード 絞り優先AE
Tv(シャッター速度) 1/500
Av(絞り数値) 3.5
測光方式 中央部重点平均測光
露出補正 0
ISO感度 800
レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM
焦点距離 60.0mm
ホワイトバランス オート

« 立春の頃の横浜三渓園 | トップページ | 雪が降った朝に »

コメント

ほんとにきれいに咲いていますね。 私のところにも2本梅ノ木がありますが、梅の実が取れる木ですがもらってきた時期が違うのに、咲く時期は同じで2月下旬にならないと咲きません。 多分日の当り
具合いで決まると思っています。 桜草もいいですね。写真有難うございます。

何時もありがとうございます。いい絵ですね。背景もきまっていて美しい。
心憎いほどシャープで構図もバッチリ!こんなに撮られる梅の花は幸せものです。
我が家の梅は60年以上、放りっぱなしで延び放題、花もはるか空の上、
こんなに可憐な姿が見られないのが残念です。

グーグルにて「梅 白加賀」で検索したら、以下の内容を発見しました。 また多くの
写真を拝見して、蕾と梅の花が混在しているものが少ないなか大変嬉しく思いました。
さすがにマクロで撮影された作品かと、他との差異を大いに感じ取った次第です。

江戸時代の「一話一言」に
《加賀梅白く一重にして花形梅鉢の如し、実もよし》と記載のある歴史ある梅だそうで
生産量の最も多い杏性の大粒品種だそうで、これをきっかけに勉強させて頂きました。

これから春になると櫻の開花が話題になりますが、三分咲きや五分咲きのほうが私
は好みます。満開だとあまりにも視野に咲き乱れた櫻の花々が入ると興ざめする位
です。寧ろ将来を自分で期待、予想できる満開以前の方が、どういう訳か好きです。
梅も同じ感じがいたしますが・・・・。                         独り言

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待ちわびた庭の梅の花:

« 立春の頃の横浜三渓園 | トップページ | 雪が降った朝に »