最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

2020年6月25日 (木)

岩つつじと渓流

3年前の梅雨時期、木曽谷の赤沢渓谷と阿寺渓谷で、渓流と岩つつじを楽しみました。

阿寺渓谷では阿寺ブルーと呼ばれる透明度の高い青い水が流れます。水の流れの緩やかな淵ではその色も濃く、透き通った青い色は何とも神秘です。
梅雨時期ですので雨量も多く、雨の降った後だけに現れるという雨現の滝も仰ぎ見ることができました。

岩ツツジは岩サツキとも呼ばれ、岩の割れ目などの根を差し込んで、岩肌に花を開きます。花の色、形からはサツキと呼ぶのが正しいように思いますが、地元では岩ツツジと呼ばれているようです。

いつものようにYouTubeにもしております。以下からご覧ください。

https://youtu.be/nkPhqB7_Rzo

Ro5a8846

赤沢渓谷で

Ro5a9044

阿寺渓谷の犬帰りの淵

Ro5a8957

崖に咲く岩ツツジ

2020年6月20日 (土)

梅雨の晴れ間の池子の森自然公園

逗子市内にある米軍施設の一部が数年前返還されて、池子の森自然公園として整備されました。

まだ整備が続いており、土日祝日だけの公開ですので、一度行ってみたいと思いながら果たせませんでした。
今日は梅雨の晴れ間で、比較的気温も低く好天に恵まれましたので、思い切って出かけてみることにしました。

旧海軍の弾薬庫として接収され、戦後は米軍の施設となっておりましたので、木々など自然はほとんど手つかずで残っているとの宣伝文句通り、緑豊かな伸び伸びした空間でした。
公園を歩きながら、ふとNYのセントラルパークを思い出したのは我ながら不思議です。

いつものごとくYouTubeとしております。以下からご覧ください。

https://youtu.be/4fJbxsXvSYw

Ro5a4226dd

木陰

Ro5a4236dd

葭に囲まれた池

Ro5a4251dd

広々と

2020年6月18日 (木)

紫陽花七色、七変化

明日は雨というどんよりした空の下で、近所の道路沿いや公園に咲くこの時期の花、アジサイを巡ってみました。

紫陽花は、種類も山アジサイ、西洋種や古来種など、花の形も球形、額など様々ならば、色も白、ピンク、紫、青などなど、一口にアジサイといっても本当に多様です。

YouTubeに仕上げましたが、写真枚数が多いので早送り気味にしております。
お暇な折に以下からゆっくりご覧ください。

https://youtu.be/aLNjNYrhQyI

Ro5a4171d Ro5a4176d Ro5a4188d

2020年6月11日 (木)

梅雨前の高原で

前作でご紹介した清里と八千穂高原のレンゲツツジを堪能した後、麦草峠で八ヶ岳を越えて霧ヶ峰まで、高原のあちこちを楽しみました。

麦草峠から黒曜の森に入って、青々とした苔や白駒の奥庭、白駒池を楽しんだ後、横谷渓谷で、横谷観音の展望台から王滝を見下ろし、さらに急斜面を下って滝の正面まで下りてみました。距離は大したことはないのですが、写真道具を一式背負っての帰りの登りは10歩登っては一休みの繰り返しで、随分つらい思いをしました。

その後、白樺湖に出てビーナスラインに入り、快適なドライブを続けましたが、梅雨直前のせいか富士山は姿を見せてくれませんでした。
途中蓼科高原を走行中鹿に出くわせたので、一旦行き過ぎた後車を止めてそうっと戻った所、まだ小鹿らしい鹿が2頭、若葉を食べるのに夢中でしたが、カメラを向けたところカメラ目線になってくれました。

その日の腰の万歩計は、約15,000歩を示しておりました。コロナ疲れで運動不足の身には大分こたえる一日となりました。
いつものようにYouTubeのアルバムにしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/4Mf74Z9n3sI

Ro5a4041ddd

苔生す山道

Ro5a4069ddd 

横谷渓谷の大滝

Ro5a4115ddd

やっと芽吹き始めた七島八島の湿原

2020年6月10日 (水)

今年のレンゲツツジは

新型コロナによる緊急事態宣言解除から約2週間、まだ他県への移動が憚られますが、そろそろ毎年楽しみにしているレンゲツツジが開く頃と、単独で恐る恐る出かけて見ました。

今年は甘利山から富士山とのコラボをと思っていたのですが、韮崎から甘利山への県道が工事中で通行止めとか。
やむなく通い慣れた清里から八千穂高原、そして白樺湖へ向かうことにしました。

着いてみれば移動の自粛要請があるにもかかわらず、どの駐車場も結構な車の数。時間にもよるでしょうか、この時期としては半分から2/3ぐらいが埋まっていて、そのほとんどが他県ナンバーでした。

山中、山上なら「密」にはならないはずと、この時期にしか見られない花を楽しみたいという人は、私だけではないようです。

花の方は満開直前の頃合いだったようで、十分堪能することができました。
いつものようにYouTubeにしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/byHaT0cadtU

Ro5a3941ddd

八千穂高原、白樺純林で

Ro5a3952ddd

八千穂高原、駒出池で

Ro5a4085ddd

白樺湖で

 

2020年6月 7日 (日)

日光千手が浜の九輪草

7年前の今頃、日光に九輪草とニッコウキスゲを訪ねるバスツアーに参加しました。

九輪草は中禅寺湖岸のあちこちに咲いていますが、対岸の千手が浜の私有地では、大事にされて入れせいか水辺に見事な群落をなしておりました。
九輪草の名前は、花穂に段をなして次々に咲き続ける様が、五重塔の九輪に似ているため名付けられたと聞いています。

その後、霧降高原のキスゲ平園地に立ち寄りましたが、ちょっと時期が早かったらしく、開き始めたはいましたが写真にはならなかったことを思い出しています。

以下のYouTubeでは千手が浜の九輪草だけを紹介しております。
https://youtu.be/tYLcySUQ2eY

Img_0586 Img_0615 Img_0621

2020年6月 5日 (金)

小雨降る中の菖蒲園

今年は新型コロナのせいで閉園された堀切菖蒲園、3年前の写真を引っ張り出してみました。
入園した時は薄日が差していたのですが、間もなく小雨が降り出して花菖蒲は雨滴を湛え、この時期らしい風情となってくれました。

当時の堀切菖蒲園は一部が工事中で、公開されている一部分しか見ることができず、残念な思いをしたのですが、さすがに江戸時代からの名だたる菖蒲園、花の大きさや鮮やかさ、種類の多いことには驚きました。

工事が終わった後の堀切菖蒲園をもう一度訪ねたいと今年再訪を計画したのに果たすことができず、なんとも恨めしい新型コロナです。
以下のYouTubeからご覧ください。
https://youtu.be/YNyizgvHL_Q

Ro5a8722

Ro5a8709

 Ro5a8651

2020年5月26日 (火)

梅雨前に北信を駈ける

やっと我が住む神奈川県も含めて、全国で緊急事態宣言が解除されたとか。
こわごわながら、普通の生活を復活できるようになるようです。
とはいえ、展示会などは9月まで制限されるようですし、あちこちの公園や観光地などがいつ開園され、無制限になるのかの情報は、自ら調べるしかないようです。

そんな中で、またまた回顧編です。
14/5/29~30、信濃大町で元いた会社の工場OB同窓会があって、それに参加するための往路と復路で撮った写真です。
途中、富士五湖、高ボッチ、安曇野に立ち寄り、翌日は白馬村、戸隠、志賀高原から榛名湖へ足を延ばしました。

梅雨前の空ですので富士山も北アルプスもすっきりしませんが、以下からYouTubeの画像でご覧下さい。
https://youtu.be/5-PmfwBTMx4

Img_8718

大町市の中山高原から見る北アルプス

Img_8899 

鏡池に映る戸隠山

Img_8967 

山ツツジ咲く榛名湖

2020年5月21日 (木)

天空に浮かぶ富士山

やっと首都圏を除いて緊急事態宣言は解除されるようです。
首都圏は人口も多く、通勤圏も大阪、名古屋あたりより広いので、妥当な所かなという感もありますが、まだ気欝な生活が続くのかと思うとうんざりします。

今日は朝から気温も低めで、どんよりした天気が一向に変化しません。
そんなわけで、またまた蔵出しでYouTubeをアップしてみました。

7年前の13/5/17、駿河湾も向こうの富士山を期待して沼津市の伊豆側へ出掛けたところ、早朝にはなかった靄が駿河湾を一面に覆い、その上に富士山が浮かんでいるように見ることができました。
晴れていれば、富士市などの東海道側の工場地帯などが見え、その向こうに富士山となるのですが、東海道側を靄がすっかり隠してくれ、珍しい光景になりました。

戸田港まで行って同じ道を引き返しましたが、帰り道では靄が残るものの薄れて、富士山も大分はっきりと見えるようになり、行き帰りで変化のある富士山を楽しむことができたのは幸いです。
YouTubeは以下からご覧ください。
https://youtu.be/sR-5CuDobAY

Img_9558

西浦で見る日の出

Img_9605

井田の煌めきの丘から見る天空の富士

Img_9610

戸田の出逢い岬から見る伊豆の山々、山の端に滝雲が掛かります

2020年5月18日 (月)

白馬村に田植えの頃

元いた会社の信濃大町にある工場に赴任したのはもう50年以上前、入社早々の頃でした。
1年後にはもう転勤で離れたのですが、その1年間の思い出の濃いことはに驚きます。

春から秋までは、北は唐松から五竜、鹿島槍、爺ヶ岳、針の木、蓮華からさらに餓鬼岳まで、寮で用意して貰ったおにぎりだけを持って日帰りで登り、雪渓滑りなど様々に楽しみました。冬はスキーですが、これはシーズン早々に怪我をしてしまったのを今でも残念に思っています。

そんな安曇野から白馬までの北アルプス山麓ですので、たった1年を過ごしただけなのに第二の故郷のような感じがあって、会社の定年後は折があればで仲間を誘って写真を撮りに出かけ、通ったことは数えきれません。

またまた、新型コロナウィルスの外出自粛で暇を持て余す中、2011年5月の田植え時期の写真を見つけました。
後立山に雪形ができ、白馬村辺りが田植えで忙しくなる時期です。

当時ですからCanonのEOS40Dを使い、1,000万画素程度の写真ですが、最近の大分機能の増えた現像ソフトSilkypixを使って、改めて現像しなおしてみました。
YouTubeのフル画面にはちょっと物足りないものがりますが、それなりに見ることができるかなと自己満足しています。
以下からご覧ください。
https://youtu.be/SVnUPqvsDlM

Img_9886

小川村から見る白馬の連山

Img_9943

田植えの済んだ青鬼の里

Img_10059

鬼無里奥裾花自然園の水芭蕉

«水と雪ある風景