最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

2020年9月23日 (水)

遅れた今年の彼岸花

今年の夏の猛暑と少雨のために、あちこちで彼岸花の開花が遅れているようです。
一方新型コロナのせいで三密を避けるために、有名な埼玉県金巾着田の彼岸花は刈り取ってしまわれたとか。
今年は彼岸花も受難の年のようです。

そんな中で、伊勢原市の日向薬師(地名)でももうそろそろ咲いても良い頃と車を走らせて見ました。
着いてみれば、例年なら稲穂を垂れた稲を囲んで彼岸花が咲くのですが、今年は稲刈りがもう終わっていて刈り取った稲を干す稲架か(はざか)を背に彼岸花が八分咲き。
満開ではないので、しっかりとした花を見ることができました。

その後、日向山の真言宗日向薬師へも足を延ばしてみました。
以前訪れた時は本堂が改修工事中で見ることができなかったのですが、今回は修理を終えた立派な本堂となっておりました。

なお、この境内にも彼岸花はありますが、ごくわずか。ちょっと写真になりません。
ご参考までに。

いつものようにYouTubeのアルバムとしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/9itLHrKt8a0

Ro5a4818d

稲架かを背に開きます

Ro5a4844d

ま赤っか

Ro5a4817d

陽を背に受けて

Ro5a4880d

日向山日向薬師本堂

2020年9月15日 (火)

鎌倉の初秋に

急に涼しくなった今日、鎌倉の例年なら9月中旬は萩が咲き彼岸花が見頃を迎えるはずと、思い立って出かけてみました。

最初に訪ねたのは妙本寺。ここでは例年今時に二天門の左側の墓地周辺に賑やかに赤い彼岸花が咲き揃います。
ところが今年に限って全くその花が見られないどころか、その芽出しさえ見ることができません。

萩の方はどうだろうと、寿福寺や海蔵寺を訪ねてみれば、それなりの開花は見られましたがやはり開花は遅れ気味のように見受けました。
海蔵寺では芙蓉の花や桔梗も楽しんだ後、浄光妙寺に回って彼岸花を探したところ、やっと一輪の開花を見ることができましたが、大半はまだ蕾状態。

最後に萩寺、宝戒寺に立ち寄ってみても群生する名物の白い萩はまだまだこれから、あちこちに点在する白い彼岸花もやっと伸び始めたばかりで、がっかりする鎌倉めぐりとなりました。

何とも遅い鎌倉の秋の訪れです。
いつものようにその様子をYouTubeとしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/ZPBgDWAa7Es


Ro5a4770dd

海蔵寺門前の萩はこれから?

Ro5a4778dd

芙蓉は夏の名残を楽しんで

Ro5a4807dd

朝の酔芙蓉、夕方にはピンクに染まります

2020年9月 4日 (金)

台風近づく荒磯

台風9号が日本の西に、同10号が南から近づいて、時折雨が急に振り出すような天候の定まらない日に、三浦半島の南端で、様々な海岸風景を楽しみました。
まずは宮川港から盗人狩の岩棚へ。
ここは、関東大震災の折に1.5メートルも隆起したことによってできた岩棚で、それまでは隣接する急な崖の裾が海岸線であったとか。
泥岩でできた岩棚ですので、雨による水溜りがあちこちにあって滑りやすく、歩くのに苦労させられました。
その岩棚の裾を洗う波はもう台風の余波があるせいか高めで、豪快に岩を洗っていました。空が青空ではないため、水の色が濃かったのが残念ですが、その分砕ける波は白さを増しておりました。

その後、毘沙門湾に沿って走り、三浦海岸へ。
この時期まだ海水浴客や海の家で賑わう海岸は、まだ収まらぬ新型コロナのせいでほとんど人影がなく、例年にない静かな遠浅の海岸でした。
房総半島の上に台風による雄大な雲が湧いておりました。
いつものようにYouTubeのアルバムとしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/X7k45uHiw_8

Ro5a4604d

急な崖がハマカンゾウを抱きます

Ro5a4637d

波が荒磯を洗います

Ro5a4670_1d

急な崖と岩棚

Ro5a4742d

誰もいない海岸

2020年8月24日 (月)

ハマカンゾウ咲く荒崎で

8/21、ソレイユの丘でひまわりを楽しんだ後、門前から道を下ればそこは荒崎。
夕陽に染まって茜色の荒々しい磯が広がります。
その荒磯のあちこちにこの時期の花ハマカンゾウが開き、夕日に染まってひときわ鮮やかでした。

荒磯の景観を楽しんだ後、夕日が伊豆の山々に夕日が沈むのを待ちますが、当日は伊豆に黒っぽい厚めの雲が掛かり、日没を見ることはできませんでした。

そんな心残りがある荒崎の夕景を以下のYouTubeでご覧ください。
https://youtu.be/AotOvbcUeMU

Ro5a4505d

夕日に染まる

Ro5a4554d

岩の隙間の夕陽

Ro5a4512d

ハマカンゾウ

2020年8月22日 (土)

夏はひまわり

まだ暑い日が続きます。当地では先月末の梅雨明け宣言以来ほとんど雨を見ることがなく、その上の暑熱続きで植物たちはカラカラ。

こんな時に元気なのがひまわりです。
横須賀市のソレイユの丘では、例年その一角にひまわり畑が設けられ賑わいます。

昨日、陽が傾きむき始めた頃を見計らってでかけてみました。着いたのは4時ごろ。陽は傾いてひまわりの花を背から照らしておりました。
今年は余り背が高くならない品種が選ばれたらしく、畑の中の背丈は1メートル足らずでしたが、なぜか一株だけ背の高いものが凛と立っておりました。

こんな時期ですから人は少ないのではないかと想像したのですが、結構な人出。マスクをしている人は半分ぐらいだったのは意外でした。
https://youtu.be/tkFWzFTnVL4

Ro5a4450d Ro5a4475d Ro5a4465d

2020年8月18日 (火)

晩夏の乗鞍高原で

7年前の今頃、涼を求めて乗鞍高原へ出かけました。
朝3時ごろ自宅を出発して、目的地に着いたのは7時頃。

その折の写真は、RAW画像ですのでその頃の現像ソフトで処理して、当時Degibookにもアップしたのですが、朝ゆえに明暗差の大きい写真でしたので、当時の現像ソフトではその仕上がりに非常に不満がありました。
そこで、暇に任せて最近のSilkypix Pro10で現像し直したところ、それなりの写真になってくれました。

改めてYouTubeの画像でご覧ください。
https://youtu.be/hD1-FWseApk

Img_1473d

牛留池水鏡と乗鞍岳

Img_1533d

雪残る乗鞍

Img_1561d

まいめ池向こうの乗鞍岳

Img_1625d

三本滝

2020年8月15日 (土)

台風一過の塩原で

3年前の8月、涼しさを求めて塩原市にスッカン沢などを訪ねました。
前夜の台風のせいで、枯れ枝が散らばる道を辿ってスッカン沢に着いてみれば、青いはずのスッカン沢はわずかに濁りがありましたが、水は豊富。数ある滝は豪快に流れ落ちていました。

ほど近いおしらじの滝に回ってみれば、渇水期は見ることができない滝を姿良く見ることができましたが、その半ばの高さを台風による倒木が横切っているのは残念でしたが、これも自然のなせる業。ありのままの撮影になりました。

その後大沼公園に立ち寄ってみればここも台風ゆえに水が豊かで、名前通りの光景を目にすることができました。

いくらかでも涼しさをおすそ分けできたら幸いです。
いつものようにYouTubeのアルバムにしております。以下からご覧ください。
https://youtu.be/BGeyqe77_Ec

Ro5a9329d_s

スッカン沢、素簾の滝

Ro5a9338d_s

スッカン沢、仁三郎の滝

Ro5a9438d_s

おしらじの滝

Ro5a9465d_s

草むらを縫って、大沼公園で

2020年8月 8日 (土)

白糸の滝巡り

8/6、水ヶ塚で富士山と宝永山を楽しんだ後、富士宮市の白糸の滝を訪ねました。

この滝は富士山からの伏流水が顕われて数多くの滝となって落下しているもので、年中その水量は変わらないとのこと。滝の水に触ることはできませんが、さぞ冷たいことだろうと想像してます。

滝を囲む険しい崖には、ちょうど今が旬の秋海棠が綺麗に咲いておりました。

いつものようにYouTubeのアルバムにもしております。
以下からご覧ください。
https://youtu.be/H4cgpKz5IW8

Ro5a4376d

白糸の滝全景

Ro5a4363d

見下ろす滝

Ro5a4377d

左の滝は川水から

Ro5a4415d

富士山の見えない田貫湖で

2020年8月 7日 (金)

真夏の富士山と宝永火口

御殿場から富士山スカイラインを走って裾野市の水ヶ塚公園へ。
ここをベースに、須走口や新五合目などいくつかの富士登山ルートがありますが、今年は新型コロナのためにいずれも閉鎖されています。

そんな水ヶ塚公園から、大きな口を開く宝永火口の向こうに聳える富士山を見上げてみました。
富士山にはわずかに雪が残りますが、赤茶けた地肌がむき出しでまさに夏姿。そんな富士山に夏雲が寄り添っておりました。

登山道の樹林に入ってみると、今年は長梅雨だったせいか様々な苔が生き生きとして倒木や岩を飾っています。立派なキノコも育っておりました。
https://youtu.be/eSlGinylWLM

Ro5a4277dd

宝永火口と富士山

Ro5a4303dd

大きい火口

Ro5a4330dd

苔生す山道

2020年8月 1日 (土)

夏雲湧く上高地で

遅かった今年の梅雨明けもやっとそこまでに見えてきたような、今日の陽差しです。

そうなると恋しくなるのが涼しい所。
10年前の8月に涼しさを求めて、上高地へ行く日帰りバスツアーに写真仲間と参加したことを思い出しました。

大正池のほとりでバスを降りてから、バスターミナルの集合するまでの3時間が自由時間で、それぞれに歩きます。
ほとんどの人は河童橋までで引き返したようですが、当時の私は足に自信がありましたので、さらに明神池を目指してみました。
写真を撮りながらですので思うようにははかどらず、結局岳沢や穂高への分岐で時間切れとなり、引き返す羽目になってしみました。

そんな上高地での道行きでしたが、写真を見ながら今も懐かしく思い出しています。
当時の写真を現像し直してYouTubeとしてみました。以下からご覧ください。
https://youtu.be/NS-vF8EcQJ4

Img_3962d

大正池の向こうの岳沢と穂高岳

Img_3991d

田代湿原

Img_4041d

梓川の向こうの穂高岳

Img_4059d

明神池へ向かう途中で

«緑濃い西沢渓谷で